2017年3月22日水曜日

爪先立てるということ~足裏にある交差支持機能~立方骨の安定

さっきの記事の続編。


塾生講座予習用画像 『後脛骨筋』。

脛骨の後面、腓骨の後面に起始。

舟状骨、全楔状骨、立法骨、第二~第五中足骨に停止。

足関節の底屈・内反。

後脛骨筋と長腓骨筋

後脛骨筋と長腓骨筋と短腓骨筋の付着

後脛骨筋と長腓骨筋の付着
 上図をよく見てみよう。

後脛骨筋(底屈・回外≒内反)+長腓骨筋(底屈・回内≒外反)+短腓骨筋(回内≒外反)

によって、『底屈』が強まるのがわかるはずだ。
後脛骨筋のトリガーポイント

後脛骨筋が弱くて、内側縦足弓が崩壊。原因は外側縦速球の崩壊。

距舟関節は球関節なので、構造的支持力が弱い。

踵立方関節は鞍関節なので、前足部の回外を受け止める。

つまり、外側縦足弓が体重を受け止めて立方骨を安定させることが不可欠なのだ。

立方骨の安定は、腸腰筋の機能を促通させるからだ。

立方骨
後脛骨筋と長腓骨筋の重要性が、よくわかると思う。


言うまでもないが、立位のねじりを促通するのは外側縦アーチである。

明日の大阪集中講座で解説する。






着地の衝撃を吸収し、足をまっすぐに向ける『長腓骨筋』~小指側を持ち上げるということ

塾生講座復習用画像 『長腓骨筋』。

足弓(足のアーチ)を維持するはたらきがある。

長腓骨筋の付着部

図を見れば、近位横足弓と外側縦足弓・内側縦足弓の形成に作用するのがすぐにわかる。

長腓骨筋の走行イメージ

腓骨頭・腓骨上部の外側面・脛骨の外側顆らに起始

第一楔状骨・第一中足骨底部に停止

足関節を底屈・外反する。

※外反は、短腓骨筋の作用の方が強い。


外反は、小指側を持ち上げて、足をねじるイメージ。

足関節の外反・内反

足関節の背屈・底屈


下図の左の黒矢印をイメージすると、母趾の付け根が密着するはずだ。

長腓骨筋の作用(図の左側)

外反しながら底屈すると、足がまっすぐになる。

後脛骨筋と一緒に後足部を交差支持して安定させる。

足弓を形成して、着地の衝撃を吸収する。

ここまで書けばわかると思うが、長腓骨筋が死ねば、姿勢制御システムが死ぬ。


安部塾では、足部の保護に力をいれている。






2017年3月21日火曜日

恥骨筋とねじり(股関節の屈曲・内転とねじり)

昨日の集中講座で、恥骨筋の使い方を解説した。

恥骨の恥骨櫛に起始。

大腿骨の恥骨筋線に停止。

股関節を内転、屈曲補助する。

3Dだと、こんな感じ。

恥骨筋

GIFだと、こんな感じ。
恥骨筋
で、ねじった三角なんかで使う。

http://www.dailybandha.com/2011/08/refining-pelvis-in-twisting-standing.html
この理由で、このポーズが重要なのです。

http://www.dailybandha.com/2012/02/preventative-strategies-for-low-back.html

http://www.dailybandha.com/2011/03/how-to-use-adductor-muscles-to-refine.html

Banghayogaの図は、プロメテウスとは違った美しさがある。



お楽しみに!!

足の機能を改善する~後足部の回外と前足部の回内

今日の塾生講座の復習用画像。

足首は回さない

かかとの見方

足の軸 (上図と対応)

講座出てないと、わからないなこれは(笑)。

こんな話も。

足のゆびを接地する

後足部の回外と前足部の回内の意味を理解できると、足部の機能が飛躍的に高まる。

足の問題が解消できれば90%問題が解消したようなものという説はブラフではない。


「なぜ?」……知性

「どうやって?」……感覚

知性と感覚の絶妙な深まりが、身体の動きを根本から変えていく。

今日の塾生講座参加者の変化が面白かった。

2017年3月20日月曜日

4月8日(土)薬院校集中講座「股関節と肩関節の機能改善・筋緊張の制御」やります。

4月8日(土)に、安部塾薬院校で集中講座やります。

内容は、「股関節と肩関節の機能改善・筋緊張の制御」です。

・相反神経抑制

・緊張後弛緩法

基本中の基本を、みっちりやります。


昨日は、3月の薬院校集中講座でした。

大胸筋上部繊維の緊張制御

相反神経抑制と緊張後弛緩の解説

無理に筋肉を伸ばすことがない、安全で効率的な技法を教えました。

好評だったので、さらに内容を深めて解説することにしました。

御参加、お待ちしております。


ゴールデンウイーク集中講座の内容は、今月中に決めます。

お楽しみに。

2017年3月19日日曜日

向上したい・自信を持ちたい……もしあなたがそう願うなら あなたはそのとおりの人になる!  すべては、人の心が決めるのだ

もし、あなたが負けると考えるなら、あなたは負ける。

もし、あなたがもう駄目だと考えるなら、あなたは駄目になる。

もし、あなたが勝ちたいと思う心の片隅で、無理だと考えるなら、
あなたは絶対に勝てない

もし、あなたが失敗すると考えるなら、あなたは失敗する。

世の中を見てみろ。

最後まで成功を願い続けた人だけが、成功しているではないか。


すべては、人の心が決めるのだ。


向上したい。

自信を持ちたい。

もしあなたがそう願うなら、あなたはそのとおりの人になる。

さあ、出発だ。

強い人が勝つとは限らない。

素晴らしい人が勝つとは限らない。

私はできる。

そう考える人が、結局勝つのだ。

(ジェームズ・アレン)


筋肉と脊髄


いい詩だと思う。


何か、将来の夢を描いたとする。

人は、その夢に向かう過程=プロセスで、必ず挫折する。

そこで、「そのまま挫折し続ける人=諦める人」と「諦めない人」に別れる。

諦めなかったら、次々に挫折という壁が立ちはだかる。

また、「そのまま挫折し続ける人=諦める人」と「諦めない人」に別れる。

そんなことが繰り返される。

そして、最後まで諦めなかった人だけが、自分の夢を現実にしていく。

スラムダンク 安西先生

そう。

「向上したい」「自信をもちたい」という確信こそが、奇跡を起こすのである。


中村天風先生が、宇野千代先生に言われた言葉。

「人間は何事も自分の考えた通りになる。自分の自分に与えた暗示の通りになる」

「出来ないと思うものは出来ない。出来ると信念することは、どんなことでも出来る」


そう。

「できない」と考えたから、できなくなっただけなのだ。


「できない」と考えたら、できない理由を探してしまう。

だが、「できる」と考えれば、できる方法を探す。

「できない」という自動思考が、できない理由探しという自動思考を生むのだ。

だから、安部塾では、「できない理由探しをしないこと」を奨めている。


この理由で、石にかじりついてでも、講座に参加するように促す。

こんなに通いやすい安部塾の講座にすら継続参加しないという考えが何をもたらすか?

普通に考えれば、すぐにわかる。

通う方法を考えた者は、自分が教える側にまわることができるというわけだ。


どんなトラブルに見舞われたとしても、自信がある者は浮上できる。

「大丈夫、何とかなる(一休禅師)」

打つ手を考えれれば、その通りになる。

すべてのことは、諦めてしまったら、そこで終わりなのだ。

スラムダンク 安西先生

向上心を持たないとどうなるか?

まわりの人たちが、こんな顔になる。

スラムダンク

成長しようとしない者は、支援してもらえない。

普通に考えたら、当たり前のこと。

まわりにいてくれる人たちに、どれだけ愛を注いだか?

それが、明暗をわける。


昨夜、多くの人たちをシアワセな気持ちにしてきたブラザーをしのぶ会に参加した。

我が身を削りながら、みんなに明るく接していた姿が思い出された。

ブラザーがみんなを愛したぶんだけ、みんなから愛されていることがわかった。

「愛したい」とブラザーが考えていたから、愛された人生になったのだと思う。


どれだけの時間生きたかが重要なのではない。

どのような気持ちで生きたかが重要なのだ。

2017年3月18日土曜日

関節の構造~自分が正しいわけではないことを認めれば、他人を認めることができる。

今月の安部塾は、関節の応力・反力についての解説を重ねている。

塾生講座復習用画像を用意した。

肩甲上腕関節

股関節

その構造を理解できれば、丁寧に動かしたくなる。

雑に乱暴に関節を動かしてしまうのは、無知ゆえの愚行。

知性ある者は、その繊細さを理解して、丁寧に関節を動かす。

関節は、それぞれの骨の関係性によって成立している。

いわゆる「アタリをつける=なじませる」ように動かすようにできている。

何も知らない者は、平気で構造を破綻させる。

その結果がどうなるのかを、我が身で確認することになる。


一度壊れた関節機能は、二度と元通りにはならない。

その代償は大きい。


関節を壊してしまう思考がある。

「自分は正しい。周りが間違っている」という思い込み。

自分の正しさを、周りに認めさせようとする。

そうしている限り、周りを認めることができない。

その気持ちが、関節の動かし方に投影される。

正確に。


古事記という機能解剖学解説書の国生みに、こんなエピソードが書いてある。

その島に天降(あも)りまして、天の御柱(あめのみはしら)を見立て八尋殿(やひろどの)を見立てたまひき。
ここにその妹、伊耶那美命(いざなみのみこと)に問ひたまひしく、「汝(な)が身はいかに成れる」と問ひたまへば、答へたまはく、「吾(わ)が身は成り成りて、成り合はぬところ一處あり」とまをしたまひき。ここに伊耶那岐命(いざなぎのみこと)詔(の)りたまひしく、「我が身は成り成りて、成り餘れるところ一處あり。故(かれ)この吾が身の成り餘れる處を、汝が身の成り合はぬ處に刺し塞(ふた)ぎて、國土(くに)生み成さむと思ほすはいかに」とのりたまへば、伊耶那美命答へたまはく、「しか善けむ」とまをしたまひき。

(伊邪那岐命と伊耶那美命は)その島(淤能碁呂島)に天降って、天の御柱と八尋殿を建てました。
ここで、(伊耶那岐命が)妹の伊耶那美命に
「あなたの身体は、どのようにできていますか」
と問うと、伊耶那美命は
「私の身体には、成長して、成長していないところ(女陰のことを示す)が1ヶ所あります」
と答えました。そこで、伊邪那岐命は
「私の体には、成長して、成長し過ぎたところ(男根のことを示す)が1ヶ所あります。
そこで、
この私の成長し過ぎたところで、あなたの成長していないところを刺して塞いで、国土を生みたいと思います。
生むのはどうですか。」
と述べました。伊耶那美命は
「それはよいことでしょう」
と申しました。

引用ココまで


♂(凸)と♀(凹)。

お互いの違いを認めることで、関節は機能する。

お互いが凸では、関節面は傷ついて亀裂が入る。

中間のクッション構造が消え去り、骨と骨が直接ぶつかる。


人間関係において起きていることは、そのまま関節面に起きる。

コミュニケーション学と機能解剖学は、コインの裏表。

感情が筋肉に封印されるように、人間関係は関節面に投影される。

自分の正しさを認めさせようとする考え方が、関節を壊す。


人は、必ず間違いをおかす生き物だ。

この世に、間違わない者などいない。

間違いを修正し続けることが、「生きる」ということ。

先見の智慧をもつプロメテウスに学ぶことが、生きていくということなのだ。