2017年12月16日土曜日

闘争と逃走~ナルシシズムからの解放~岩戸びらき

ストレス症状の特徴は、闘争と逃走。

やたらと攻撃的・防御的になります。

そして最後は、逃げ出します。

教科書通りの定番パターンです。

ナルシシズムの克服をテーマにすれば治まります。

それはつまり、力(りき)まないということです。

闘争・逃走モードの状態が続くと、筋肉がカチカチになります。

解除すれば、筋肉はやわらかくなります。

そう。

「無駄な力を抜く」  

それが、人生を楽にする基本なのです。

ストレスフルなとき、人は乱暴になります。

他人の話が聴けなくなります。

的外れな行動をとります。

そして、闇に堕ちて、自滅していきます。

自分でやめない限り、誰も助けることはできません。

まわりの人たちにできることは、面白おかしくしていることだけです。

その明るさに興味が持てれば、岩戸はひらきます。

力ずくではひらきません。

ひらくかひらかないかは、本人の自由意思なのです。

大晦日竹屋神社岩戸びらきの舞のプロットをつくっています。

傷ついたナルシシズムを克服する物語。

今年1年語り尽くしたストレスのお話を舞で表現します。

阿多福が、面白おかしく舞います。

アマテラスの闘争と逃走の物語。

アメノウズメの自己肯定の物語。

タヂカラオの覚悟の物語。

ナルシシズムから解放されたアマテラスの物語

怒りと哀しみにとらわれた状態から、愛の技術を学ぶまでの物語です。

来年の安部塾は、とてつもなく明るくなりそうです。

2017年12月13日水曜日

今日は新宮町商工会へ行ってきました

今週月曜日の香椎税務署の消費税講習会に続き、新宮町商工会に行ってきました。


いただいた資料

商工会の会員申し込みしてきました。

理事会通るかな(笑)。


で、帰り道、ふと思いました。

「そろそろ新宮町に、塾つくろうかな(賃貸で)」

物件探してみようかなとかいう気になっています。


泊まり込みで身体操作を学べる場所。

できたら面白そうでしょ?


ニーズあるかな(笑)。


2017年12月12日火曜日

1月7日(日)薬院校で「足と股関節の講座」を開催します。

1月7日(日)に、薬院校で足と股関節の講座を開催します。

→ 詳細

足関節・膝関節・股関節の連鎖

一般参加者さんのリクエストに応える企画です。

美しい足は、美しい姿勢と動きを支えてくれます。

足関節・膝関節・股関節の連鎖

足関節からの連鎖を理解することで、股関節の状態を良好に保てます。

御参加、お待ちしております。

2017年12月11日月曜日

足先(足ゆび=趾)からの開脚・前屈・後屈

■12月17日(日) の東京集中講座で、

16:30~18:30【集中講座 E】開脚・前屈・後屈

を、解説します。


安部塾の開脚・前屈・後屈では、足先の動きを重視しています。

足ゆび(趾)の屈曲・伸展
よくある定番ネタですが、

足の母趾の使い方と足底アーチ
安部塾では、2・3・4趾を使います。


開脚時に足先を操作することで、安全性を向上させることができます。

股関節の屈曲(体前屈)時や股関節の伸展(体後屈)時も同様です。


体を動かすときは、筋肉連鎖に従う必要があります。

筋肉連鎖
体の動かし方には「型」があります。

型を学ぶことで、日常の動きが楽になります。


御参加、お待ちしております。

2017年12月10日日曜日

12月15日(金)~17日(日)の東京集中講座の内容について~身体操作とメイクアップ

12月15日(金)~17日(日)は、東京集中講座です。

→ 詳細

今回も、身体操作法の講座とメイクアップの講座です。

竹宝堂のZシリーズ持参します。

竹宝堂 Zシリーズ

あまりの肌触りのよさに、体調が良くなってしまうというレベルの逸品です。


身体操作IBUKIは、立位・膝立て位にこだわった解説をします。

足のゆびの細かな使い方からの全身の筋肉連鎖を理解してもらいたいと思います。


御参加、お待ちしております。

2017年12月9日土曜日

上機嫌でいるといいことが起きる。落ち込んでいると悪いことが起きる。

天冠

機嫌よくしていると、次々にいいことが起きます。

機嫌悪くしていると、次々に悪いことが起きます。

シンプルです。

そもそも、機嫌悪くしていると嫌われます。


ありがちなのが、自分の機嫌の悪さに気がつかないこと。

機嫌が悪いとき、私たちの姿勢と呼吸は「他人から嫌われる性質」と化しています。


身体操作を、単なる力学とだけ考えていると行き詰ります。

身体操作で大切なことは、「先に心が動く」ように心がけることです。

気持ちがどこに向いているかで、その後の展開が変わります。

リーチング……「人は、見た方向に進む」のです。


自分の機嫌は自分でとりましょう。

他人に気を遣わせるような人間にならないようにしましょう。


きっと、いいことがたくさん起きます。

2017年12月8日金曜日

薬院校開校3周年を迎えて~暗く沈んでいた人たちが、明るく浮上する場所~自分を愛したい人は安部塾へ

あっという間の3年間でした。

薬院校開校3周年記念パーティー

暗く沈んでいた人たちが、明るく浮上する場所。

それが安部塾です。

便宜上、私の名前を冠していますが、見ての通りの対等な人間関係を構築しています。

他人を変えたい人たち・褒められたい人たちは残りません。

自分と相手を愛したい人たちだけが残ります。

そんな、周りから見たらよくわからない場所が安部塾です。


特別な何かになる場所ではありません。

すごいことをやって、脚光を浴びる場所でもありません。

本来の自分に戻れる場所。

そして、残存能力を発揮するきっかけをつくれる場所です。



そして私は、永遠の少年です(笑)。

生ハゲ 「悪い子はいねーがっw」

愛されていない人・愛していない人は、自分を実際の自分以上に見せようとします。

その結果、生きる上でいちばん大切なものを失います。

失うほどに、実際の自分を否定します。

実際の自分を肯定できなければ、詰みます。


実際の自分を肯定できない人は暗いです。

その暗さが、さまざまな災厄を呼び寄せます。


実際の自分を肯定できる人は明るいです。

その明るさが、さまざまな福徳を呼び寄せます。


薬院校の玄関には、なでおかめ(阿多福)があります。

安部塾薬院校 なでおかめ

東京には、リアルおかめがいます(笑)。

リアルおかめ(阿多福)

自己肯定感情の大切さがよくわかります。


自分を愛したい人は安部塾へ(笑)。