2017年7月20日木曜日

舌を本来の位置に戻す~姿勢ごと、人生そのものの質が改善されます。

昨日の記事のつづきです。

口腔機能改善の指導を受けると、必ず出てくるのが上あごのスポットです。

切歯乳頭

切歯乳頭とは、上顎中切歯間の口蓋面にある乳頭状の膨らみです。
切歯乳頭は結合組織で構成されており、鼻口蓋神経・動静脈の開口部を覆っています。

引用ここまで

切歯乳頭

よく知られている舌の正しい位置のチェック方法です。

舌背が口蓋の形に沿っています。

舌尖は切歯乳頭に軽く触れます。

上下の臼歯はごくわずか離れます。


※安部塾では、上下の臼歯をごくわずかに接触させます。理由は秘密です(笑)。


強く歯を接触させてしまう歯牙接触癖がある人はどうでしょう。

「低位舌=舌の位置が下方に下がった状態」になっていると思います。

舌背と口蓋との隙間が大きくあいています。

舌先も切歯乳頭に接触していません。


口蓋と舌背との隙間を補正しようとすると、どうなるでしょうか?

無意識に下あごをあげようとするのです。

結果、上下の臼歯の歯列が強く接触しがちです。

結果、幸薄そうな怖い顔になってしまいます。

視機能と舌機能が低下した表情20140720


舌を、本来の位置へ誘導して低位舌状態が改善すると、どうなるでしょう?

上下のあごの臼歯が離れやすくなります。

あごの周りの筋肉の過剰な緊張が減少します。

僧帽筋や胸鎖乳突筋の不要な筋活動がなくなるので、首や肩が楽になります。


何度でも書きますが、姿勢づくりは舌づくりなのです。


で、発声でよく知られているポイントが切歯窩(せっしか)です。

切歯窩
切歯窩

切歯窩は、正中口蓋縫合の前端近のほぼマッチ頭大の凹みで、ここに切歯管が切歯孔をもって開く。

引用ここまで


よく知られているテクニックですが、切歯窩を意識すると、声がよく通ります。

母音も子音も、遠くまで届く美しい音で発声できるようになります。


■遠くまでよく通る声の出し方の練習

1)舌先を切歯乳頭につけたまま、舌の前面を盛り上げる。

2)その状態で、「え」と「い」の発声をする。

3)口腔と鼻腔に声を響かせる

※上下の臼歯は離しておきます。


有名なテクニックですので、解説の必要はないでしょう。


知性的で凛々しい聡明な顔と、よく通る綺麗な声は、人生の質を向上させてくれます。

舌について学ぶことが大切だと思います。


毎度おなじみの、この写真。

アナトミートレイン第三版 206P

この写真の深い意味を理解できれば、舌の機能改善の大切さがわかると思います。


7月22日(土)・23日(日)の東京集中講座と、7月27日(木)の大阪集中講座で、詳しく解説いたします。

2017年7月19日水曜日

とにかく「舌」を上の歯のウラにつけてみましょう~姿勢づくりは舌づくりから

ゆうきゆう先生のマンガより。



骨単のこの図が、奥深いです。

骨単 3P

骨単 35P
肉単のこの図も。

肉単 9P

これらの図が頭に入っていたら、舌根を引き上げることができます。

舌根の引き上げができないと、姿勢の改善ができません。

顔が老けて見えますし、脳機能も低下します。

視機能改善訓練と舌機能改善訓練は、姿勢改善の基本なのです。


某歯科医師さんと打ち合わせしていたら、

「舌が使えていない人ほど、舌の使い方の指導を受けてくれないんだよね」

なんて、ボヤいておられました。

眼の問題もそうですが、できているつもりの人たちの闇は深いです。


ゆうきゆう先生のマンガを見てみましょう。

http://yakb.net/man/101.html

この図では、舌先だけがついています。

これはこれでいいのですが、私たちは舌根までぴったりつけるように奨めています。

数日で顔が引き締まって若返って知性的に見えるようになります。

何より、とても美しくなります。


7月22・23日(土・日)の、安部塾東京集中講座で、詳しく解説いたします。

御参加、お待ちしております。

お祭りを楽しもうとする人は、食べ物や遊びにケチらずお金を使って楽しむと思う。まずは友だち作ってお祭りに行くところから始めてみろ。

http://www.hakatayamakasa.com/75640.html
Twitterより












私、昔はケチでした(主に、母親の影響です)。

ケチだったときは、お祭りを楽しむことができませんでした。

ケチでなくなってからのお祭りは、楽しくなりました。

ケチではないともだちをつくってお祭りに行くことから始めるのは、正解だと思います。


祭りより

 多くの祭りにおいては工夫を凝らした美しい衣装や化粧、厚化粧を施して稚児、巫女、手古舞、踊り子、祭囃子、行列等により氏子が祭礼に参加することも多い。今日では世俗化も進んでいるが、今なお祭の時は都市化によって人間関係の疎遠になった地域住民の心を一体化する作用がある。変わりない日常の中に非日常の空間を演出することによって、人々は意味を実感する営みを続けてきたのである。

 基本的に神事としての祭りは厳粛な場面と賑やかな場面の二面性を持ち、厳粛な場面では人々は日常よりも厳しく、伝統や秩序を守ることを要求される。

 しかし一方で、日常では許されないような秩序や常識を超えた行為(ふんどし一丁、男性の女装等)も、「この祭礼の期間にだけは」伝統的に許されると認識する地方が多く、そのため賑やかな場面を指して「お祭り騒ぎ」などの言葉が派生している。

引用ここまで


祭りの企画に参加することがよくあります。

「非日常空間の演出」に成功すると、お祭りが楽しくなります。

ケチって、「日常」なんですよね。

祝儀モードでお金を使う「非日常」が、大切なのだと思います。


私たち身体操作指導者が開講する講座も、「お祭り」です。

なので、ケチらずに参加してください。

元をとろうとかいう日常は、忘れてください。

ケチらなければ、楽しめます。

2017年7月18日火曜日

自然な笑顔=可愛い/不自然な笑顔=気持ちが悪い~自然に口角があがるメンタルワーク

表情筋と感情(肉単 語源から覚える解剖学英単語集より)

肉単 7P

肉単 6P

面白いですよね。

今日の塾生講座で、口角挙筋のお話をしました。

口角挙筋(こうかくきょきん)は人間の頭部の浅頭筋のうち、口唇周囲にかけての口筋のなかで口角を上方にあげる筋肉である。筋肉の一方が皮膚で終わっている皮筋である。
引用ココマデ

大頬骨筋小頬骨筋

大頬骨筋(だいきょうこつきん)は人間の頭部の浅頭筋のうち、口唇周囲にかけての口筋のなかで口角を上外側に引き上げる働きをする筋肉である。筋肉の一方が皮膚で終わっている皮筋である。


大頬骨筋

小頬骨筋(しょうきょうこつきん)は人間の頭部の浅頭筋のうち、口唇周囲にかけての口筋のなかで上唇を後上方に引き上げる働きをする筋肉である。筋肉の一方が皮膚で終わっている皮筋である。

小頬骨筋
引用ココマデ


塾生講座でお話した通り、腸から笑えていたら、目が笑います。


つくり笑いでは、「怒る」「泣く」「嫌悪」の筋肉が同時に反応します。

結果、目が笑いませんし、気持ちが悪い笑顔になってしまいます。


目を使って口角を上げると、気持ち悪い笑顔になる理由です。

アナトミートレイン第3版 100P

自然な笑顔では、ふわっと目尻が下がるような感覚になります。


安部塾では、表情筋を感情と一致させます。

表情筋を意図的には使いません。

普通に考えて、口角下制筋(怒りの筋)がONの状態で笑う筋を使ってたら破綻します。

下唇下制筋(悲しみの筋)がONの状態で笑う筋を使ったら崩壊します。


怒りと悲しみを抱えたまま無理やり笑うと、顔面ムキムキの不自然な笑顔になってしまいます。

顔がこわばっているので、可愛くありません(むしろ、気持ちが悪いです)。

怒りと悲しみを手放してからでないと、自然な笑顔にはならないのです。

腸(感情の脳)を信頼している人の笑顔は、とても可愛いものです。


で、無理やり口角をあげている人の腸は冷えています。

舌の色をチェックしたら、白~青紫あたりの冷え色になっているはずです。

ほんとは笑いたくないのに、無理に笑った弊害だとされています。

腸をあたたかくして、口角下制筋・下唇下制筋の過剰緊張を解除するのが基本です。


なので、口角をあげる基礎として、メンタルワークが効果的です。

メンタルワークと舌の訓練が、すっきりした可愛い顔をつくります。


7月27日(木)の、安部塾大阪集中講座で解説します。

2017年7月17日月曜日

口角は無理に上げないでください。舌の位置を直して、しあわせな気持ちで生きていれば、口角の下げ方がわからなくなります。

脳と顔面神経


私たちの感情は、顔に表れます。

顔と感情の状態は、連動しています。


いつも楽しいことを考えている人は、しあわせそうな顔に、

いつも不平不満ばかり言っている人は、ふしあわせそうな顔になります。


顔にはその人の心のありようが刻まれています。

口角は、意図的な顔の力を抜いた状態でチェックします。


口角が上がっている顔は、喜びや笑いなどの肯定的感情を表現しています。

口角が下がっている顔は、不平不満や怒りなどの否定的感情を表現しています。


自然に口角が上がっている人は、明るくて前向きで、気さくです。

なので、自然に人が自然に集まってくる顔=福相です。


口角が力なく下がっている人は、近づくだけでも他人を憂鬱な気分にさせ、無愛想です。

暗さだけが前面に出て、喜怒哀楽の表現力に乏しく、人が集まりません。


卑屈で、いつも愚痴ばかり言っている人には、友達がいません。


かといって、表情筋を操作して口角を上げてはいけません。

ふしあわせな気持ちのままで、不平不満まみれで口角を上げている顔は不自然です。


舌の位置を直し、口腔底を引き上げて、しあわせな気持ちでいましょう。

自然と唇が自然に閉じて、口角が上がります。

というか、口角の下げ方を忘れてしまいます。

口輪筋が自然にはたらくので、顔全体が引きあがって知性的になります。


口角下制筋って何?」状態をデフォルトにしましょう。

口角下制筋


人相学では、口角が強く下がる相は、怒りと悲しみを意味する凶相とされます。

運気が低迷する相として、よく知られています。

他人に厳しい気持ちのときにあらわれ、他人を悪者にする方向で解釈します。

いただいた縁に感謝するどころか、不平不満を言うようになります。


まわりにいる、強く口角が下がっている人たちを2.5秒観察すれば、わかると思います。


口角が下がっている最大原因は、「怒り」だと考えています。

怒りの表情とは、「眉間にしわが寄る」「目がつり上がる」「口角が下がる」。

なので、怒りをコントロールできれば、それで問題解決です。

間違っても、怒りを抱えたまま、つくり笑いをしてはいけないと思います。


そんなわけで、安部塾では、「表情をつくらない」ことを奨めています。

怒りをコントロールして、しあわせな気持ちでいることが大切だからです。

仮面をつけ続けて生きていたら、脳が壊れてしまいます。

自然な表情で生きていくことが、しあわせの増大の基本だと思います。


7月27日(木)の、大阪集中講座で、詳しく解説いたします。

2017年7月16日日曜日

しあわせな人は感情的にならない~やりたいことを選択するときに、安さで選ばない~付き合いたくない人と付き合うのはストレス

https://www.youtube.com/user/bold3174

少し長いですが、車屋さんのOSHO BOLDさんの動画を御覧ください。



Facebookのページはこちら → BOLD


いつも、楽しく視聴しております。

この動画の視聴中、反省することしきりでした。

思考訓練の大切さを、実感できると思います。

ぜひ、じっくりと観てください。

疲れとストレスと人間関係~自分の気持ちを外化して他人を見ない

http://stories.barkpost.com/21-dog-bffs/

怒涛のTwitter
























































きりがないので、このへんで。

「自分の気持ちを外化して他人を見る。つまり実際の他人を見ないで幻の他人を見る。したがって人間関係のトラブルが絶えない。だから人生で躓きやすい」

これ、人間関係がうまくいかないんですよね。


外化とは自分が自分の中で感じていることを、他人を通して感じることです。

外化をするときには相手と心が触れていないから、孤立してしまいます。


外化をしながら生きている人は、幻想の中に生きているのです。


自分が自分に対して思うことを、自分が感じていると知ることです。

他人がそう思っていると感じるのは、幻想に過ぎません。