2017年4月28日金曜日

余生(残された人生)を楽しむ~周りは私に何を必要としていて、私に何ができるのかを考える。

以前、こんな記事を書きました。

「自分を大切にして、人間関係を良くするのが先だと思いますよ」

「生きがいとは、自分を徹底的に大事にすることから始まる」

「自分のためにでなく、人のために生きようとするとき、その人は、もはや孤独ではない」

「心の良い習慣というのは表情やしぐさにあらわれる。人の顔つきも習慣なのですね」

「未知の世界に自ら飛び込んで、やったことのないことをやることによって、使ったことのない脳が働き出す」

「かつて自分ができなかったこと、やり残したことを、思い切ってやることが、「夢を叶える」ということなのです」

「自分以外のことに自分の時間を提供するためには、周りの人間から孤立して、自分だけの世界に閉じこもっていてはいけない。人々とともに生きる世界に自分を置き、周囲がいま何を必要としているのか、自分には何ができるのかを絶えず考えながら、毎日の生活を送る必要がある」

「なんと言っても、人が人に与える最高のものは、心である。他者のための「思い」と「行動」に費やした時間、人とともにどれだけの時間を分けあったかによって、真の人間としての証がなされる」

日野原重明先生 金言

何回読んでも、ほんとにそうだと思います。

私の残りの人生も、命尽きるまで現役で過ごします。

余生=現役という感覚です。

何度も死にかかっては蘇ってきたので、なかなか逝けないと思います(笑)。


いつの頃からか、周りが必要としていることをやるようになりました。

それからの私の人生は順調です。

自分がやりたいことで、自分にできることをやって生きています。

孤立することがなくなりました。


当たり前のことですが、人気があるという事実は、素直に嬉しいものです。

好かれる努力をして好かれるのではありません。

やりたいことをやって好かれるのです。

その差は、天と地ほどの違いがあります。


そして、やり残しがないように生きていくことが大切だと思います。

悔いのないように生きるということが、余生を楽しむということだと実感しています。

やりたいことが見つからないのは、周りが何を求めているかに焦点が合わないからです。

視機能の問題だと言えます。


今日の塾生講座で、「やりたいことの見つけ方」について解説します。

身体機能の解説は、足関節と全身の運動の協調性についてです。

2017年4月27日木曜日

他人を思い通りに動かそうとしない人たちと付き合う

ピノキオ 操り人形

自分らしく生きている人たちは、他人を思い通りに動かそうとしません。

というより、動かそうと考えすらしないのです。

自分を見失っている人たちは、他人を思い通りに動かそうとすることに躍起になります。

ずっと、他人を操ることばかり考えています。


自分の人生を生きていれば、自分が動けば完結します。

他人の人生を生きていると、他人を動かさないといけなくなります。

しかし、他人の人生を生きていると、永遠に完結することはありません。

真逆の方向に進んでいるわけですから。


仕合せな人たちを、ほんの少し観察してみれば、すぐにわかります。

彼ら・彼女らは、他人を操ろうとしません。


他人を思い通りに動かそうとするのをやめる。

他人を操作しようとするのをやめる。

「自分が好きで、そうしている」という生き方を選ぶ。

そうすると、仕合せな人たちの仲間になれます。


他人を動かすのに使っていたすべての能力を、自己成長のために使いましょう。

素敵な縁が、紡がれていきます。

仕合せな人たちと、深いつながりができます。

人は、それを仕合せといいます。

2017年4月26日水曜日

ゴールデンウイーク薬院校集中講座は、実用性重視の内容でやります。

ゴールデンウイーク薬院校集中講座の内容をまとめています。

時間が限られているので、盛り込み過ぎないようにしています。

これまでの反省として、内容を増やし過ぎて理解が浅くなってしまいがちでしたから。

「使えない膨大な知識より、使える適量の知識」という路線でやります。

4月29日(土)薬院校集中講座 足の機能改善

奇抜なテクニックではなく、地道なテクニックを紹介します。

小手先のごまかしはしません。

基礎をみっちり。

使える知識を、持ち帰っていただきます。

4月29日(土)薬院校集中講座 足の機能改善

「機能的な動きとは何か?」

一緒に考えてみましょう。


4月30日(日) 薬院校集中講座 舌の機能改善

御参加、お待ちしております。

2017年4月25日火曜日

「歌の音程を外しやすい人=普段から人の話を聞かない人」という説

(^^♪

Twitterより


これは、体験的に同感です。

他人の話が聴けない人は、歌えないと感じております。

※歌えるからといって、他人の話が聴けるわけではないと思います(笑)。

あ、他人の話が聴けない人は、舞も舞えない気がいたします。


そうそう。

他人の話が聴けない人は、身体操作の指導はできないとも言えるかと(笑)。


木曜の塾生講座のネタにいたします。

他人を思い通りに動かそうとする(操ろうとする)人の末路と悲哀~素直にお願いする人の仕合せ

はーと

雪印メグミルク公式チャンネルさんの動画。




うまくいかない人は、思い通りにならない状況に陥ると、脳の扁桃体が興奮します。

そのまま暴走させれば、イライラしたり、悲しくなったりします。

闘争モード(攻撃モード・防衛モード)か逃走モードになります。

誰かのせいにするようになることもあります。


そして、自分の思い通りになるような要求をし始めます。

怒り・悲しみを感じたくないため、否定的感情を抑圧します。

まるで、警戒心が強い、おびえた子どもです。

こうして、他人を思い通りに動かすことしか考えないようになっていきます。


思い通りに動かされて(操られて)嬉しい感じる人は、ほとんどいないと思います。

怒りを感じるか、哀しくなるかの、どちらかでしょう。

類友の法則で、操られることを快感と誤認することはあるかもしれません。

操られてしまうと、心の奥底に相手への否定的感情が蓄積していきます。


相手を思い通りに動かそうとすると、感情的な障壁ができてしまうのです。

結果、距離がとられてしまいます。

障壁を何とかしようと、、更に強く相手を思い通りに動かそうとしてしまう。

あとは泥沼……相手と距離ができてしまうという悪循環に陥ります。


仮に、思い通りに相手が動いてくれたとしても、それはそれで悲劇です。

そもそも、相手が思い通りに動くという状況は、全然嬉しくなんてありませんから。

「ありがとう」の気持ちを感じることができないからです。

相手にとっても、犠牲を払うことは苦しみでしかありません。


やはり、距離をとられることになります。

孤独です。


また、思う通りに動いてくれる相手との関係は退屈です。

相手に魅力を感じれないので、自分から距離をとってしまいます。


悲哀です。


では、どうしたらよいのでしょうか?

「素直にお願いする」

それだけです。


操りたい気持ちを手放して、正式に依頼すればいいのです。

力づくで相手を動かしたい衝動を上回るくらいの圧倒的な可愛さで(笑)。

はーと

そして、思い通りに動かされそうになったときは、さらっと断ります。

断らずに従うと、要求がエスカレートするだけですから。

「私は、あなたの思い通りには動きませんよ」と、可愛く表明します。

ここで、自己の正当性を主張するのではなく、自分の無価値感と自信のなさをクリアしましょう。


「自分が正しい」と自己主張するのも、相手を思い通りに動かしたい気持ちそのものですから。

末路は泥沼です。


策を弄するれば弄するほど、不仕合せになってしまいます。


お互いに相手を思い通りに動かそうとしない関係は健全です。

健全な関係で満たされていれば、テクニックの必要性がありません。

素直にお願いするという態度をとれる人は魅力的です。

老若男女問わずに、モテてモテてしかたがないのがデフォルトとなります。


人気があるって、とても仕合せなことです。

自己の価値をしっかり感じて、自分を信じて生きていきましょう。

2017年4月24日月曜日

歯根膜(しこんまく)と歯根膜受容器と姿勢制御~歯と舌のシンクロ

4月30日のGW薬院校集中講座で「舌」について解説します。

歯根膜の話もした方がいいかなと、思案中です。

歯根膜

歯と歯肉のしくみとはたらきより

●歯根膜(しこんまく)
 歯根膜は、歯の表面にあるセメント質と歯槽骨を結ぶ組織で、幅は0.15~0.38mmと非常に薄いのですが、支持、栄養、恒常性、再生というたいへん重要なはたらきをもっています。
 歯根膜は骨膜(こつまく)と同様、骨やセメント質などの硬い組織をつくります。また、歯根膜組織の中には、非常にたくさんのコラーゲン線維があります。これによって、歯に加わった力を受け止め、まわりの歯槽骨に伝えて力を分散させるわけです。歯根膜のコラーゲン線維は、つくられてから消えてなくなるまでの時間が非常に短いのが特徴です。
 矯正治療(きょうせいちりょう)によって歯が動くのは、歯根膜のコラーゲン線維の代謝が活発であることと関係があります。歯が生えてくるときにも、歯根膜は重要なはたらきをしています。歯周病(ししゅうびょう)(「歯周病(歯槽膿漏)」)の治療によって歯周組織が元にもどるかどうかも、歯根膜の組織にかかっています。最近は、歯の移植・再植なども行なわれるようになってきましたが、この場合も重要なのは歯根膜です。
 歯根膜は、セメント質と同様、哺乳類(ほにゅうるい)にしかみられない組織です。例外的に爬虫類(はちゅうるい)のワニにみられますが、ワニ以外の爬虫類や、さらに下等な動物では歯の象牙質が直接、骨についています。このように歯根膜は、進化した哺乳類にしかみられない組織なのです。
 歯と歯根膜の関係は、歯根膜のコラーゲン線維が歯槽(歯がおさまっている骨の穴)の中で、歯をつっているような状態にあります。食物をかむことによって歯に力が加わると、歯根膜線維は引っ張られ、また多量の水分を含んだ歯根膜中の基質や血管内の血液がクッションの役目をして、歯を歯槽の中に支持することができるのです。
 歯根膜には、直径1~14μm(マイクロメートル)(1μmは1000分の1mm)の神経線維が分布しています。神経のはしには歯根膜受容器があり、歯根膜線維と結合したり直接接触したりしています。歯を動揺させると、歯根膜が圧迫されたり引っ張られたりして、歯根膜受容器を刺激します。歯根膜には、このような固有の感覚機能が備わっているため、比較的大きな力が歯に加わっても対応でき、逆に非常に微細な力が加わっても、これを探知できるのです。これが歯根膜の知覚のはたらきをつかさどっているのです。
 歯根膜中の細胞や骨の表層にある骨芽細胞にとって必要な栄養分は、歯根膜に分布する血管によって供給されています。歯根膜をとってしまうと、その下にある骨芽細胞やセメント芽細胞は死んでしまいます。また、強い矯正力を歯に加えると、歯根膜の血管が圧迫されてふさがり、その血管から栄養分を補給されていた部分の組織が死ぬことになります。
 歯根膜は常に一定の幅を維持するはたらきがあり、これを歯根膜の恒常性といいます。このようなはたらきをするためには、歯根膜に幅センサーが存在し、歯根膜の細胞に、骨やセメント質や歯根膜をつくる能力が備わっていなければなりません。
引用ココまで

歯根膜より

機能
・歯の植立作用および緩圧作用:歯根膜の緩圧作用には血液、リンパ液、組織液の流体系も関与する。
・歯の感覚の発現:触・圧・痛覚受容器、固有受容器が存在することにより、歯の触・圧覚、歯根膜痛、固有感覚を発現させるという説もあるが、これにはエビデンスがない。因みに、多数のインプラントと天然歯の混合歯列弓となった患者にその差異を聞くと、ほとんどの場合、インプラントと天然歯の区別が自覚的には分からないと答える。
引用ココまで


歯科領域の話なのですが、体感的に姿勢制御に関与していると思われます。

格闘技の世界ではマウスピースを嚙むのですが、噛まない場合と比較するとよくわかります。

エビデンスはありませんが(笑)。

なので、当日は体験談としてお話したいと思います。


歯の機能と脳機能の連動についての研究はたくさんあります。

歯と舌がシンクロすることで、自然と姿勢が正しくなります。


続きは4月30日の集中講座で。

よく見ること(視えること)・正確に動くことで、脳機能を改善する。「共に学び、共に考え、共に動き、共に仕合わせでいる」

京都大学名誉教授の久保田競先生が、2006年に、脳についての様々な事実を公開してくれました。

・運動しなくても、脳内で瞬発力などの運動能力を高められる。

・貧乏な人は、金持ちよりも脳が委縮しやすい。

・引きこもりの人やキレやすい人は、脳に原因があり、なおし方がある。

・𠮟り方や我慢のさせ方次第で、相手がバカになったり、賢くなったりする。

・脳と体に最高に良い「最新の特別な走り方」が、ごく最近見つかった。

・猿人が人間(ヒト)へと進化したのは、樹上から降りて手を使い出したためではない。

・詰め込み教育は、実は脳に良い。

・快感を起こす刺激は、脳を発達させる。

・運動+「記憶し、思い出し、比較する」で脳を良くする。

・見ているだけで運動能力が高まる、ミラー・ニューロンの力。

・勉強や運動、恋愛をすれば、高齢者でも脳が若返る。

……等々、当時の私は、「運動と脳が結びついた時代が来るな」と感じました。

眼と脳

そして、アイックス小松佳弘先生との出会い。

「見ているだけで運動能力が高まる」

それを、一瞬で実感させてくれるパーソナル・グラス(カールツアイス・レンズ)。

そして、小松式ビジョントレーニング・視機能改善訓練。

視えていない人は、正しく動けないのです。

動きをコピーするための視覚情報が、すべて妄想なのですから、当然の結果です。

そして、正しく動けないことで、様々な障害を引き起こします。

私はずっと、正しい動きを研究していたのですが、視えていない人に対しては無力でした。

正しい視覚的イメージを描けないために、動きのトレースができないのです。

結果、正しい動きを拒否するという展開になってしまいます。

正しく視えていないということが、認知症の遠因となっているという説もあります。

「運動しないと、脳の萎縮が一気に進む」ということは、よく知られています。


「老いはじわじわ来るものではなく、突然がくっと来るものだとわかった」
 ※老いの流儀・吉本隆明さん


「脳の前頭前野が萎縮すると、丁寧な運動ができなくなる」という研究があります。

前頭前野には、不要な痛みを抑える機能もあります。

痛みを訴える人の動きが粗雑なのは、前頭前野の機能低下によるものが大きいと思います。

もちろん、動きが粗雑だから身体を痛めるという側面もあると思います。


この理由で、痛みを抱えている運動指導者に習うと、動きが粗雑になるのだと考えています。


加齢とともに、前頭前野と側頭連合野が最初に萎縮すると言われています。

このため安部塾では、以下のスタイルをとります。

・「視ることと聴くこと」で、側頭連合野を鍛える。

・正確なデータを元に、自ら考え、自ら行動する。

そしてあらゆる幸福体験を通して、脳機能を使います。

副側被蓋野

脳幹の中にある副側被蓋野(A10神経核)。

運動能力と思考能力の向上の鍵を握る領域です。

・運動速度を上げ、手足の器用さを向上させ、俊敏性を高める。

・外的刺激に対する注意力と、様々な状況における決断力を高める。

・記憶する能力を高める。

副側被蓋野を働かせることが、とても大切なのです。


では、どのようにしたらよいのでしょうか?

・美味しいものを食べる。

・お金を稼ぐ

・正しく運動する

……報酬系を刺激して、幸福感を高めるとよいと考えられます。


それと、脳全体のためには、なるべく大人数で過ごす時間をつくった方がよいとされています。

「共に学び、共に考え、共に動き、共に仕合わせでいる」

私が考える、今後の安部塾のあり方です。