2014年10月31日金曜日

身体の学校・安部塾(薬院校)11月30日(日)開校決定!!

薬院の物件ですが、審査受かりましたっ!!

喜びの図

ちなみに、この建物(昭和の香り漂う築40年のレトロマンション)です。

チサンマンション第5博多
はい。かなり古いです(笑)。

でも、一目見て気に入りました。





すでに数名、薬院校に通いたいという希望をいただいております。

ありがとうございます。


移転に伴い、名称を『身体の学校・安部塾』に変更いたします。

『Abejuku Bodywork School』ですね(このサイトによると、塾のローマ字表記はjukuらしいです)。

ジャンルや流派を超越した身体育て=ボディワークを研究します。

マニア垂涎の隠れ家にしたいと目論んでいます。


それと、2年更新の塾生制度は、11月いっぱいの受付で締め切らせていただきます。

11月いっぱいはお得ですので、塾生になりたい方はいまのうちにお申し込みください。

12月以降は、毎月更新と1年更新の塾生制度に切り替えます。

拠点ができたので、毎日通えますよ。

安部塾でバリニーズマッサージの施術を受けれるようになるかも

昨日、塾生から、こんなメッセージがきました(物件とれてないのにw)。

塾生からのメッセージ

そんなわけで、マッサージスペースを設けることにしました。

別の塾生さんが足つぼやりたいらしいし、カオスになりそうですが、それが安部塾です。

「~でなくてはならない」ではなく、「~が好ましい」で前向きに検討するのが流儀です。

できない言い訳を考えずに、できる方法を模索することに喜びを感じる集団なのです。

やらないで後悔することほど、惨めなことはありません。

やって後悔した方が、ずっといいのです~やって後悔なんてしませんが。


あ、家賃を稼がないといけないので、僕もボディケアの施術を再開しようかと検討中。

内容は、主に筋膜の解放とコンプレッションストレッチングです(腕上げてます)。

エクササイズとハンドテクニックの融合ってやつですね。

完全予約制で、1日2名まで(体力的な理由で)。


首と頭の解放


需要あるのか(笑)?

2014年10月30日木曜日

安部塾福岡校(薬院)の物件の下見をしてきました。

今日は、薬院大通りにある某レトロマンションの物件を見に行ってきました。

場所も良くて、広さも20坪あります。

安部塾福岡校(薬院)予定物件改装前

図面にすると、こんな感じです。

配置図

レッスンは少人数制(10名)です。

塾生からの要望で、マッサージスペースの設置を検討しています。


これで、塾生のティーチングスキル向上の練習ができます。

みんな一緒に高めていきましょうね。


内装は、いろいろ考えてみましたが、シンプルにいこうかと思います。

床材は、驚きの素材を選ぶ予定ですが(笑)。

他のスタジオにはない、安部塾独自の仕様となります。

お楽しみにw


あ、といっても、まだ物件の審査通ってないんですよね。

受かるといいな。

2014年10月29日水曜日

あぐらで膝が床に近づかないのは・・・・・・

さっき、塾生からこんな質問がきました。

塾生より質問

まあ、マジ大天使なので、画像つくってみましたw

あぐらで膝を床に近づけるコツ
あっさり秘伝公開w

理屈は、前屈のときに膝を股関節の方へもってくるのと同じです。

股関節を外旋してるので、膝が下がるわけですね。

内旋すると膝が伸びていくのですから、その逆の動きをすればいいのです。



ついでに言うと、あぐらは骨盤後傾系の動きです。

なので、猫のポーズをやりこんで骨盤を動かして、仙腸関節をゆるめてやると世界が変わります。


あぐらで膝を床に近づけるための仙腸関節ゆるめ

塾生の向学心が嬉しい昨今ですw

疲れないパソコン作業の姿勢

「どうしたらパソコン作業で疲れにくくなりますか?」という質問がありました。

「とりあえず、肩の真上に耳をもってきて、首の後ろを伸ばしましょう」と、答えました。

パソコン作業

これは車の運転も同じです。

首の後ろを潰してしまうと、疲れるどころか具合が悪くなってしまいます。


首の後ろは頭頂部に向かって伸ばしておきましょう。

2014年10月28日火曜日

膝とつま先の向きを一致させると、股関節の緊張がとれる。

僕のクラスでよく耳にするセリフ・・・・・・

『膝をつま先の方へ向けて~』ですが、これ結構大切な感覚です。

膝をつま先の方へ向ける

女性は膝が内側に入ってる人が、男性は膝が外にひらいている人が多いようです。

どっちにしても膝が壊れてしまいます。

連鎖的に、全身壊れます。

いいことありません。


以前、こんな記事を書きました。


足裏と立ち方

膝が内側に入ると偏平足に、外にひらくとハイアーチになりやすくなります。

足裏と膝の関係は深いのです。

2014年10月27日月曜日

マネジメント(というには程遠いですが)のおもしろさ、を初めて感じました。あ~またやりたい、みたいな(笑)

今朝、無事にミッション修了した塾生から、こんなメールがきました。

塾生からのメール(嬉)

まあ、なんというか、真摯にマネジメントに取り組んでやり遂げた人にしかわからない至福感なんですよね。

塾生のこんな報告を受けれるのもまた、塾長的至福なんですよね。

逃げることに全力になって、至福感を永遠に喪失してしまう人も多いですから。

逃げ出すのは、自分自身の尊厳に対する真摯さに欠ける行為なのだと、僕は思います。



誰に強制されるでもなく、自分自身で『やる!』って決めるのです。

不平不満や愚痴が出るのは、自分の心で決めたわけじゃないからなのです。

自分の心で決めたことなら、どんな失敗をしたとしても、決して後悔することはありません。

だって、そうしたかったんだからさ。


頭で考えて行動計画を立てると後悔します。

感情=心に突き動かされて行動すると感動します。


心が動くのに、理由なんて要らないのです。


そんな、安部塾の基本姿勢を体現してくれたような報告が嬉しかったです。

実際に会って報告を聞くのが楽しみでなりません。


シンジくんの心境ってやつですね。

逃げちゃダメだ

動画です




メールの返信が来ました。

メール返信


さらに嬉しい (〃∇〃)

ルームランナー(トレッドミル)の使い方について

バランスボールを併用


背面のストレッチング

対衝撃防護

転倒時における対処

急流に流されたとき対策

逆立ちの練習


2014年10月26日日曜日

犬のポーズ(ドッグポーズ)を考える~身体を壊さない練習

7年くらい前、面白い記事を見つけました。

→ 動物の立ちポーズ

http://ameblo.jp/oldworld/entry-10048600968.html

イヌでもネコでもいいわけだが、四つん這いになり、「かかと」を上げて、手足の指だけ地面につける。誰でもできる楽勝なポーズだ!

引用ココマデ


当時、腹抱えて笑って、腹筋が崩壊した覚えがあります。

そうなんですよね。

本来は、この記事が正解なのです。

僕たちのかかとは、直立歩行のために地面についたままになったのですから。


手もそうです。

人の手の構造と、犬の足の構造を比較してみましょう。

犬のポーズ~人の手と犬の足

僕のポージングの多くが、上図の手の形なのは、よく知られています。

ベタ手で着くの、嫌いなんですよね。

ケガしやすくなるから。

同じ理由で、四指をそろえるのも嫌いです。


僕は練習でケガをしたことがありませんし、僕の考えを受けいれてくれた人もケガはしてません。

僕は、身体を壊してしまうような練習はしませんし、させたくありません。

だから日々、身体を壊さないやり方についての研究をしています。

正しいことをやっていれば、面白いくらいに結果が出ます。


塾生が、こんなことを書いてくれてました(嬉)。

フェイスブックより
ハゲみになりますw



ドラッガー先生の言葉

効率とは物事を正しく行うことで、有効性とは正しいことを行うことである

本音を聞くことができれば道は拓ける

ドラッガーさんの言葉

過去のリーダーの仕事は「命じること(tell)」だが、未来のリーダーの仕事は「聞くこと(ask)」が重要になる。

コンサルタントとしての私の最大の長所は無知になりいくつかの質問をすることである。
コミュニケーションで最も大切なことは、相手の言わない本音の部分を聞くことである。



1年前、安部塾を始めて、マネジメントをするようになりました。

5月の龍宮城まつりで、塾生たちとともに、みんなで感動をつくり出しました。

そしてもうすぐ、安部塾の拠点が福岡市にできます。

拠点では、塾生たちが感動できる場をつくりあげていきます。


安部塾は、塾生たちが豊かになって、楽しく自己実現をしていく場になります。

その場を与えるのが、僕の楽しみです。

みんながひとつになっていく瞬間に立ち会えることこそ、僕の生きる喜びです。

それ以上に感動できることを、僕は知りません。


僕が安部塾を始めたのは、感動の共有が目的です。

感動の基本にあるのは、『本音』だと思います。

本音を聞けないことには、何も始まりません。

いや、本音を聞ければ、道が拓けるのです。


僕は、43年間も道に迷って生きてきました。

しかし、道に迷っていたからこそ、いろんな経験をすることができました。

どんなに無駄と思えることでも、それは経験として、着実に人を成長させます。

会長が、そんなことを言ってましたね。


真摯に話を聞いて行動していきたいと思います。

2014年10月25日土曜日

お尻をほぐそう

昨夜、こんなメッセージがきました。

問い合わせメッセージ

お尻のエクボですか・・・・・・定番のこれ(トリガーポイントの活性化)でしょうね。

トリガーポイント(お尻)
こっちのが、わかりやすいかな。

トリガーポイント(お尻)
要は、痛みが出てる場所から離れたところに痛みの原因があるということです。

なので、痛みのある場所をいじりまわしても、事態は一向に改善しません。


まず、中心軸を保持しながら腸腰筋を伸ばして、お尻を解放しましょう。

腸腰筋伸ばし
それから、お尻ほぐし開始っ!!

各ポーズを、中心軸を意識しながら60秒保持します。

お尻ほぐしエクササイズ


楽になったでしょ?

お尻は、使ってあげればほぐれるのです。

2014年10月24日金曜日

中心軸ランニングで高速走行を可能に(無傷で)

さっき、こんなメッセージがきました。

問い合わせメッセージ
まかせときんしゃいw


こういうことです。

ランニングフォーム

上体で身体を導くような走り方=地面を蹴って走っていると、関節の機能が崩壊します。

なので、お尻(股関節)で導くようにして骨盤の真下で着地するようにします。


安部塾では、足の裏の真ん中で着地します。

理由は、『中心軸の保持』です。

足裏のどこで着地するか?

つま先着地だと後ろ向きの回転が、かかと着地だと前向きの回転がかかってしまいます。

真ん中で着地すると、路面の状態に左右されずに安定した走行が可能になります。


中心軸呼吸法の練習をしたランナーのタイムが好転し、ケガをしなくなるのはよくある展開です。

まあ、ちゃんと立てないうちは、走ってはいけないということだと思います。

五十肩・四十肩の正体~肩を壊す身体意識について

肩を壊してしまう人の『腕の付け根』の意識には、下図のような特徴があります。

いちばん右の図でイメージしていると、一生、肩の痛みに悩まされるかもです。


腕の付け根の身体意識

要は、肩を巻き込んで、関節をつぶしてしまっているのが問題なんですよね。

肩の巻き込みをやめて首を解放すれば、奇跡が起きます(笑)。


『五十肩・四十肩(肩関節周囲炎)は、腕の付け根意識を正常な状態に戻すために起きる』

安部塾では、そう考えています。

首の筋違いやギックリ腰も、首や腰の身体意識を正常な状態に戻すために起きます。

必要なのは治療ではなく、身体意識の正常化と身体操作の改善です。


痛み止めを繰り返した結果がどうなるかは、そうした人たちを観察すればわかります。

姿勢も体型も崩壊して、グチャグチャになって心身ともに不調な状況にあるはずです。

痛みは警報なので、無視すると身体のシステムが破綻するのです。

姿勢を改善して身体意識を正常化すれば、治療は不要だと考えています。


治療に依存して、ゲシュタルト崩壊を引き起こしている人たちを観察してみてください。

自分はそんなことはしたくないと思うはずです。


僕は、初心者には「腕の付け根は首の前下のでっぱりですよ~」って説明しています。

身体感覚が鋭くなってきたら、「腕の付け根は耳の後ろのでっぱりですよ」に変わります。


図にすると、こんな感じです。

首や肩を壊さない身体意識

僕や塾生の直接指導を受けている人には、おなじみの感覚です。

本来、肩こりや肩の痛みがあるのは異常な状態なのです。

力学的なバランスが崩壊しているのですから、修復するのが好ましいわけです。

あらゆる治療に優先して、中心軸呼吸法の練習の実践をおすすめいたします。

首や腰を痛めない身体感覚について

エクササイズで身体を壊さないための身体感覚その2。

戦士のポーズとかで、腕を高く上げようとして、首や腰を壊してしまうことがあります。

骨盤の意識の使い方

右の図が正解だと感じてしまう人が多いと思います。

右の図のやり方でやっている人を横から押してみると、はじけ飛んでいきます。

左の図のやり方でやっている人を横から押してみると、ズシッと安定しています。

なので、安部塾では左の図のやり方を、初心者におすすめしています。


というか、右のやり方でも、首を伸ばして骨盤を後傾させればいんですけどね。

首を伸ばして上を向く身体意識

『簡単なことをきちんとていねいにする』のが、首や腰を痛めないコツです。

日々、意識をしてみて欲しいと思います。

2014年10月23日木曜日

体前屈で身体を壊さないコツ

安部塾では、こんな感じで前屈します。

前屈の身体感覚

この矢印を逆にすると、あちこち不具合が出ます。

2014年10月22日水曜日

呼吸と動作を合わせるってどういうこと?

昨日の安部塾大手門で、呼吸と動作のつながりについて説明しました。

動くときに呼吸を合わせると、意図的な力を使わずに楽に動けます。


呼吸と仙骨・後頭骨~背中の伸び縮みの関係

この仕組みがわかっていれば、ケガをする確率はグンと下がります。

なぜ、前屈動作の時に吐いて、後屈動作のときに吸うのかは、この図でわかりますよね。

背骨を守るためには、『遊び』をつくっておく必要があるからです。

詳細は、いつもクラスでお話しているとおりです。


ちなみに、呼吸が逆になると、脳脊髄液の流れが滞って気分が悪くなります。

身体を動かしたがらない人の呼吸を観察してみると、呼吸がおかしいことが多いものです。

呼吸がおかしなままだと、以下のような症状が・・・・・

■脚・膝・足首の痛みや機能不全/胸・肩・腕・手の痛みや機能不全

■首の痛み/股関節の詰まり

■子宮の機能不全~生理の問題の多発/男性機能不全

・・・・・・などなど、いいことなんてただのひとつもありはしません。

小手先の対処は、何の役にも立たないどころか、呼吸の問題を深刻化させてしまいます。

正しい姿勢と動作を学んで身につけるのが『王道』だと、安部塾では考えています。


人は、こんな感じで呼吸をしています。

呼吸と動作~中心軸呼吸法の基礎イメージ

吐くときに下降し、吸うときに上昇します。


以前、こんな記事を書きました。

楽な呼吸を、正しい動作で誘導する~呼吸と頭蓋骨・仙骨と後頭骨の関係

なかなか説明が難しかったのですが、最近はちゃんと伝えれるようになりました。

参加者の姿勢や動作が一瞬で良くなるようになってきています。

最近の僕や塾生の姿勢・体型の変化が、すべてを物語っていますよね。

中心軸呼吸法の効果は絶大で、今後はこれ一本でもいいかなと思えるくらいです。


11月16日の『姿勢と動きのワークショップ』で、初心者向けに説明をさせていただきます。

万障お繰り合わせの上、御参加くださいますようお願い申し上げます。

首と腰の調子が超絶良くなる身体操作

先日の東京と、昨日の福岡安部塾で、首と腰の調子が超絶良くなる身体操作をやりました。

『安部塾姿勢改善型』の基本でもあります。

乳様突起の引き上げ・肩峰ひろげ・肩峰⇔乳様突起

この状態を維持しながら動きます。

頭の動かし方ですが、乳様突起が回転軸となります。

そうすると、首~背中~腰~脚~足裏まで、連鎖的に楽になります。

動けば動くほど気持ちが良くなっていきます。

姿勢と体型が改善して意識がクリアになり、体調も良くなります。

首が楽になる回転軸・首がきつくなる回転軸

首の真ん中あたりを回転軸にしてしまうと最悪です。

下を向けばのどがつぶれ、上を向けば首の後ろがつぶれます。

動けば動くほどきつくなり、気分が害されていきます。

姿勢と体型が崩壊して意識が混乱して、体調が悪化します。


まあ、僕か塾生から直接指導を受けないと、意味がわからないと思いますが(笑)。

2014年10月21日火曜日

姿勢の改善と中心軸~立位と倒立

姿勢の改善の前後の写真を重ねてみました。

姿勢の改善 前後の写真

頭と肩の位置が全然違うのがよくわかります。


立位の中心軸がわかってくると、倒立の中心軸もわかってきます。


ロクちゃん

倒立の中心軸
ひふみちゃん

倒立の中心軸

きちんと立てていれば、補助倒立はできてしまうものです。

2014年10月20日月曜日

自在に動く身体

忙しくて更新できてません(笑)。身体能力上がりまくり♪

2014年10月17日金曜日

良い姿勢とテンセグリティ

今日の大手門クラスが終わって、ひさしぶりにテンセグリティの話題が。

久しぶりに記事を書いてみたくなりました。

僕は、パールズ先生と同じくらい、フラー先生も大好きなのです。


テンセグリティ

テンセグリティ(tensegrity)とは、バックミンスター・フラーにより提唱された概念で、Tension(張力)とIntegrity(統合)の造語。実際はケネス・スネルソンが彫刻として取り組んでいた引張材と圧縮材からなるオブジェに対し、テンセグリティなる造語を発案し、これを自ら用いたのがバックミンスター・フラーであった。

バックミンスター・フラーはテンセグリティが構造工学における一般的な構造システムのいずれにも分類されないことに気づき、自身の哲学的思想の具体的な表現手段として採用した。テンセグリティは構造システムが破綻しない範囲で、部材を極限まで減らしていったときの最適形状の一種とも考えられている。そのような形状は常識的には三角形を基本単位とするトラスなど単純な幾何学要素の集合であろうと推察されていたから、現代においてもテンセグリティの工学的な視点からの研究は十分ではなく、これからの応用と発展が期待されている。

テンセグリティは工学においては直線部材のピン接合からなる構造システムのうち、圧縮材が互いに接続されておらず、張力材とのバランスによって成立しているような構造システムである。張力材は互いに接続されていてもよく、3次元構造の場合、圧縮材の両端には3本以上の張力材が少なくとも接続されていなければならない。

圧縮材は、一般的な構造システムにおいて、柱や張力材を突き上げるためのマストとして用いられ、力強く地面に接地している。テンセグリティにおいては圧縮材は、両端に接続された張力材からの張力によりバランスをとり、他と接触しない。張力材はごく細い材料を選択できるから、まるで圧縮材が空中に浮いているかのような印象的な視覚効果を演出できる。そのような背景と、構造システムとして用いる難易度の高さから、現代ではもっぱら芸術作品や玩具として用いられている。


このサイトが面白いです→ テンセグリティ(Tensegrity) ―細胞と建築をつなぐ骨組み―


テンセグリティ

ロルフィングなど、筋膜を扱う人は体感で理解できてる概念ですね。

筋膜のテンセグリティ構造

テンセグリティが理解できると、僕の姿勢改善技術の理屈がわかります。

圧縮材=骨  張力材=筋膜

なぜ、首の後ろを伸ばさないといけないのか?

なぜ、お腹をたるませてはならないのか?

なぜ、肩甲骨まわりを固めてはならないのか?

その答えは、テンセグリティにあるのです。


骨をつぶして姿勢をつくっている人は、横方向からの外力に弱いです。

それは、圧縮構造で形を維持しているからです。

見た目に『踏ん張っている』ので、すぐにわかります。

これに対し、テンセグリティで姿勢をつくっている人は、超絶安定しています。


わかりやすいのは、足の裏ですね。

きちんと、こんな使い方ができている人は大丈夫です。

足裏のテンセグリティ

足裏が使えていない人は、つぶれてますよね。

バンテージで仮想のテンセグリティをつくると脚が軽くなるのは、このためなのです。


明日の東京で語るかも(笑)。