2015年3月31日火曜日

安部塾塾生のホームページができたそうです!!

安部塾塾生ホームページ

安部塾塾生のホームページができたそうです。

→ 身体の学校 安部塾 よっちゃんとゆかいな仲間たち


「できたそうです」というのは・・・・・・

僕はノータッチなのです。

安部塾の基本姿勢は、『自ら考え、自ら行動する』ですから(笑)。


僕は僕でやりたいようにやっていますし、塾生たちもそう。

誰のせいにすることもなく、自分のために動いてくれています。

「何をするか?」は各自の問題。

やりたくないことはしなくていいし、やりたいことはやればいいのです。


誰かの期待に応えるためではなく、自分のために生きる。

これからの塾生たちの活躍を楽しみにしています。


背中と股関節を整える『虎の型』

昨日、安部塾身体操作基本型『息吹(IBUKI)』の、虎の型を撮りました。

まだ未完成ですが、公開します。



大きな変更点は、足首の動きです。

いままでと真逆になっています。

いままでのやり方の足首の使い方は、独立した別の型になります。

股関節・肩関節の内外旋と足首の底屈・背屈を組み合わせました。


これからゴールデンウイークの集中講座に向けて、型をテストしていきます。

お楽しみに♪


息吹ポール基本型

2015年3月30日月曜日

腰痛にならない身体づくり~お尻ともも裏とお腹を使って、股関節屈筋群を伸ばす。

骨から骨盤を通って、ふとももへとつながっている筋肉群があります。

上半身と下半身をつないでおり、安部塾で重視している股関節屈筋群です。

腰痛もちの人の股関節屈筋群はカチカチに固まっていることが多いです。

いつもやわらかくしておきたいものです。

大腰筋・腸骨筋

股関節屈筋を伸ばすのにはコツがあります。

伸ばしている側のお尻の筋群(特に大殿筋)を使うということです。

さらに、坐骨を膝裏に引っ張ります。

みぞおちをおへそに、恥骨をおへそに、それぞれ引っ張ります。

結果、骨盤が後傾し、大腰筋・腸骨筋を効率的に伸ばせます。

股関節屈筋群を伸ばす

関節が軟らかい人にありがちな勘違いがあります。

股関節前面にある靭帯・関節包などの組織を伸ばしてしまうことです。

股関節の安定性が低下してしまいますので、注意が必要です。

アスリートは特に。

股関節屈筋群を伸ばす

今日の指導者育成講座とグループレッスンで、詳しく説明しますよ~

2015年3月29日日曜日

波乗りを楽しむ~ほんとうの穏やかさ~「はい。いいですよ~」を口癖にしましょう

今日は、新宮校での指導者育成講座でした。

蛇の型

上向きの犬の型

講座終了後の恒例の雑談タイム。

「これから何をしたいですか」って聞いてみました。

「穏やかに過ごしたい」という返答。

そこから、いろいろお話しました。

そして、Junkoさんの一言。

「波乗りを楽しむ♪」

思わず握手しちゃいましたよ。


穏やかでない自分を、穏やかでない自分が受けいれる=認める。

それが、安部塾の考え方の基本です。

あれこれ評価するのをやめて、単なるありのままの現実を楽しむ。

これに尽きます。


完璧な人間なんて、この世にはいないんですよね。

自分の特徴は、単なる特徴でしかないのです。

他人のせいにしない=責任転嫁しない方がいい理由です。

自分は自分でしかないのですから。


変えられないことを変えようとすると、現実がゆがんでしまいます。

いまの自分を肯定し受けいれる以外の選択肢なんて存在しないのです。

他の選択肢を探すのをやめて、いまの自分に一生懸命になりましょう。

自分のことが大好きになって、他の人からも好きになってもらえます。


とにかく、自分がやりたいことに集中しましょう。

手を抜くとか、小手先で誤魔化すとか、その場しのぎはやめてしまいましょう。

一生懸命になれると、周りの人たちからの評価が良くなります。

助けたくなるというか、一緒にやりたい雰囲気が生まれてきます。


いまの自分を受けいれている人がよく使う言葉があります。

「はい。いいですよ~」

この言葉、話を急速に前に進めて現実化させる力があります。

安部塾でお話をしていると、『はい。いいですよ~」が飛び交います。


自分の素直な気持ちを抑制してはいけません。

我慢すればするほど、うまくいかなくなるからです。

やりたいことができない人生は切ないです。

我慢するためにではなく、現実化のためにエネルギーを使いましょう。


そして、叶えたい希望があるのなら、きちんと言葉に出しましょう。

気が抜けてしまうくらいあっさり現実のものになります。

それが、ほんとうにやりたいことならの話ですが。

集中できることなら、きっと叶いますよ~

劇的に腰痛を改善~ねじり蛇の型

安部塾指導者育成講座名物の『蛇の型』

蛇の型
まだ教えてませんが(にんまり)。


腰痛が消えることが多いです(8割くらいかな)。

ただし、自己流でやるとおそらくは、腰痛が悪化します。

軸伸展せずにこの型をやるのは自殺行為に等しいかも。

塾生ならば赤矢印の意味が理解できるはずから安全です。


続きは薬院校で。


さて、腰のゆがみの解消と言えば『ねじり蛇の型』ですね。

ねじり蛇の型
まだ教えてませんが(満面の笑顔)。


内もも(内側ハムストリングス)の使い方にコツがあります。

これまで欠かすことなく育成講座で学んできた塾生なら・・・・・・

きっと直感的に理解できるはずです。

『え~なんで足首が底屈じゃないの?』とか言ってそうですが(笑)。


これも、続きは薬院校で♪

2015年3月28日土曜日

安部塾ゴールデンウイーク集中講座について

5月2・3・4・5・6の5日間で『安部塾ゴールデンウイーク集中講座』を予定しています。

☆姿勢と呼吸と動きを改善する5日間(薬院校)

■5月2日(土) 安部塾基本型『息吹(IBUKI)』
■5月3日(日) 安部塾基本型『息吹(IBUKI)』
■5月4日(月) 『メディカル・ヨガ』
■5月5日(火) 安部塾基本型『息吹(IBUKI)』
■5月6日(水) 安部塾基本型『息吹(IBUKI)』

全講座すべて、講師は塾長です。

詳細は、現在調整中です。

猫の型(吐)

正式申し込み開始は、4月2日からの予定です。

定員は20名です。

遠方の方は、フライング申し込みを受け付けております。

公式HPフェイスブックより、メッセージください。


楽しみに、待っていてくださいね♪


塾生限定で、ボランティア・スタッフを4名募集します。

業務内容は、受付・案内・講師サポートなどです。

これまでの安部塾に対する貢献度が高い順に採用とさせていただきます。

塾長手描きのスケッチブックテキストを、特典として差し上げます。

※個別に内容を考えてつくります。


希望する塾生は、直接塾長に志願してくださいね~

2015年3月27日金曜日

猫牛の型(陽・陰)のデモ動画撮りましたよ~

昨日、陽子さんに『猫牛の型(陽・陰)』をやってもらいました。

猫牛の型(陽・陰)

昨年と同じ人物の動きとは思えません。

鬼練の効果が出てますね(笑)。


まだいろいろ調整中です。

安部塾身体操作の基本をすべて搭載しようと考えております。

超初心者向けなので、難しいことはしません。

特別な柔軟性や筋力を使わずに、中心軸と呼吸力で動きます。


足首と股関節と肩関節と胸鎖関節あたりをフル稼働させます。


夜、僕もデモ動画を撮りました。


猫牛の型(陽)


猫牛の型(陰)


誘導の言葉をまだ考えていないので適当です(笑)。

てか、陰の型の呼吸のセリフ間違ってるし(汗)。


そういえば、下関では僕のDVDが製作されたとか。

薬院校で動画つくったら、誰か買ってくれるかな?

2015年3月26日木曜日

鼻呼吸で美人になれるかも~口呼吸をやめて鼻呼吸に切り替えるコツ~歯の食いしばりと口呼吸

口呼吸とアレルギー・うつ~鼻呼吸で改善が好評だったので続きを書きます。

ちなみに、よく知られている鼻呼吸のメリットです。

・肌の潤いが保てる

・顔全体に締まりが出てくる

・口内の乾燥が防げ、口臭・歯の着色が減り、虫歯・歯周病などを予防

・取り込む酸素量が増えることで、血流が良くなり、むくみが解消する

・風邪やアレルギー症状を発症しにくくなる

・唇が引き締まって口角が上がり、美しい口元になる

・・・・・・などなど。


やらないテはありませんよね?


口呼吸の人は、首をつぶして頭を肩の前に出していることが多いです。

首がつぶれると、舌が下の歯の方へ落っこちます。

そうすると、口呼吸が始まります。

軸伸展をかけて舌を上顎につけると口呼吸ができなくなります。


ちなみに、歯を食いしばると口呼吸になります。


なぜ、食いしばるのでしょうか?


クセになってる人は要注意!「歯の食いしばり」に隠された危険性 より

人間は、日常生活を送る上で抱え込んでしまうストレスを発散するために、歯ぎしりや食いしばりという行動を無意識のうちにとってしまいます。
出典 歯ぎしり&食いしばり治療について | 顎関節症&噛み合わせ治療オーク銀座歯科クリニック監修サイト
精神的なストレスがかかっていると、交感神経が優位になって口の周囲の筋肉が硬直する。自然に食いしばる状態になるのです
出典 【今日のストレス】奥歯の痛み、ストレスから…就寝中の“食いしばり”で頭痛も - 政治・社会 - ZAKZAK

引用ココマデ

鼻呼吸

まあ、そうですよね。

要は、筋肉の異常緊張なのです。

だから、首がつぶれて頭が前に出て、舌が落っこちるのです。

中枢性ストレスに対する生体の防御反応なのですが、自滅の道ですね。


安部塾的には、『他人を思い通りに動かそうとする』と、口呼吸になります。

口呼吸は、他人を支配(コントロール)する言葉を発するのに適した呼吸です。

鼻呼吸は、自分の内面を見つめ、他人の話を傾聴するのに適した呼吸です。

なので、他人をコントロールするのをやめるように提案しています。


しばらく意識して口呼吸してみればわかります。

何もかも、他人が悪いような気がしてきます。

自分の内面と世界がつながらないので、他人が敵に見えてくるのです。

そりゃ、中枢性ストレスに対する生体の防御反応も起きるってものです。


で、安部塾的対策(過去記事)です。

頭の位置を正して姿勢を整える~鼻聴導線(カンペル平面)水平

アゴは引いた方がいいのか? 出した方がいいのか? 良い姿勢とは?

頭の使い方で姿勢を良くする

これに尽きるかと思います。


ちょっと混乱するかもしれませんが、首の後ろを縮めるのではありません。

背中を丸めて首だけ反らすと、首の後ろがつぶれて口呼吸になります。

むしろ、首の後ろは解放します。

頭頂を引き上げながら、首を真後ろにもっていく感じです。


よく言われるのは、『背骨に頭を乗っけるイメージ』ですね。

『胸を前上方に引き上げ、首を縦に長くする』なんかもよく使われます。

安部塾的には『胸鎖乳突筋を緊張させない』ですね。

後頭部に両手を当ててから、軽く頭と押し合う感じにすると緊張が抜けます。


これくらいやると、口呼吸から鼻呼吸に切り替えれるはずです。

自分の内面に目を向けて、楽しく体調を整えましょう♪

最初から全部間違ってますよ(満面の笑顔)♪

最近、身体操作の指導をするとき、いきなり全否定しています。


「私、何が間違っているんでしょうか?」

「あ、それ、1からすべて間違ってますよ(満面の笑顔)」

 最初から全部、なにからなにまで間違ってますよ(満面の笑顔)」

これで、落ち込んだり、怒ったりする人は、機能改善は難しいと思います。


なんてことをやっていたら、心屋さんがこんな記事をシェアされてありました。

入り口で間違えてしまったら?

入り口を間違えたら、その後の選択全てが無意味になるんです。

入り口ですでに間違えているから。

ずーっと不正解の中の選択肢を行ったり来たりしている。

どれほど、あがいても、もうそこからの脱出は無理です。

だって、入り口がすでに間違えているんだから。


引用ココマデ(満面の笑顔)

姿勢

そうなんですよね。

『大前提』がそもそも間違っていることって、ほんとよくあるのです。

良かれと思ってやっていることが、諸悪の根源的なね。

これ、助かる方法は『いきなり全否定』しかありません。


たとえば、ヨガの宣伝。


軸伸展かけて生きていたら、自然と人とお金が集まります。

上の記事の意味がわかる人は、そうすると思います。

美しい姿勢と動きと楽しそうな雰囲気が大前提。

うまくいくのが当たり前です。


軸屈曲させて(首をつぶして)生きていると、うまくいきません。

なので、他人の罪悪感や依存心や劣等感を刺激して集客をはかります。

イメージ重視の広告につられてくる人が良客のはずがありません。

公開しているデモ写真・動画も、姿勢や動きが汚いので良客を遠ざけます。


いや、だから、その残念な写真や動画、逆効果だから・・・・・・

みんな、心の中でそう感じても、本人には教えてあげないんですよね。

最近の僕も、不親切になったので教えてあげません。

直接聞かれたら、「汚いから逆効果だと思う」って言っちゃいますが。


首をつぶした状態で考えつくこと=選択はすべて不正解です。

なので、『はじめから全部間違っていますよ(満面の笑顔)』なわけです。

まあ、といっても、首がつぶれているので、僕の意見はスルーですが。

ここで素直に首を伸ばして軸伸展をかければ、人生変わるんですけどね。


『身体機能と脳機能を良い状態にする』

それが『入り口』なのです。

2015年3月25日水曜日

立つ・歩くが楽になる~重心を中心軸に近づける大内転筋の意識~股関節と坐骨結節

安部塾では、坐骨を重視します。

理由のひとつは、この筋肉。

大内転筋

■大内転筋

・起始 坐骨下肢前面・坐骨結節下面

・停止 大腿骨粗面内側唇 大腿骨内側上顆内転筋結節

・作用 大腿を内転 重心を中心軸に引き寄せる


股関節に問題があると大内転筋が固まって可動域が制限されてきます。

結果、立位・歩行ともに詰みます。


大内転筋を意識して立つには、どうしたらよいのでしょうか?

坐骨を大腿骨(ふとももの骨)に近づける感じにしてみましょう。

上の図の起始・停止をイメージするとわかりやすいと思います。

いきなり重心が中心軸に近づいて、骨盤が立ち上がったはずです。


いつも僕が誘導している「恥骨から脚が伸びている感じ」になったと思います。


このとき、骨盤は中立位(上前腸骨棘と恥骨が同一線上)にあります。

体感的には、坐骨の真上に股関節(脚の付け根)がきているはずです。

骨盤中立位
正面・背面でも、ほぼ真上のイメージなはずです。

骨盤 坐骨結節と股関節

坐骨の真上に股関節の奥がある感じで立つ・歩くすると楽なはずです。

最近の安部塾でやらせている『股関節をハメるエクササイズ』の種明かしですね。


こんな透過イメージになっていれば、スムーズに動くと思います。

股関節と坐骨結節

明日・明後日の指導者育成講座で、詳しく説明しますよ~

口呼吸とアレルギー・うつ~鼻呼吸で改善

口腔外科の先生たちがよくお話しされてますが・・・・・・

「口呼吸は免疫異常を引き起こす」ようです。

アレルギーが代表的ですが、「鬱(うつ)」も免疫異常だとか。

なるほど、言われてみれば、たしかにそうですね。


『鼻呼吸で横隔膜と肋骨を動かすことが、アレルギー対策になる』

経験的にそう考えてきましたが、医学的な研究も進んでいるんですね。

頭蓋骨と鼻と自律神経系とリンパ系は、モロに同期してますしね。

鼻呼吸で代謝を改善できることも、よく知られています。

リンパ系

安部塾では、首をつぶさないように指導します。

首がつぶれると、背骨の軸がなくなって肋骨が動かなくなります。

鼻呼吸ができなくなり、口呼吸をするようになります。

口呼吸は、デメリットしかありません。


参考1→今日で終わりにしない?デメリットばかりな"口呼吸"

参考2→口呼吸の人は要注意!「アデノイド顔貌(がんぼう)」とは?


よく知られていることですが、『小手先のゴマカシ』と口呼吸は連動しています。

言い訳して他人のせいにしているとき、口呼吸になっているはずです。

鼻呼吸は、自分の内面に意識が向かいますから。

口呼吸に切り替えてみると、言っている意味がよくわかると思います。


「口呼吸の人は、練習が長続きしない」

イントラさんたちが、実感されていることです。

逆に、口呼吸のイントラさんは、よくケガをします。

首がつぶれて筋肉連鎖が崩壊しますからね。


口呼吸だと、アレルギーと関連して、体型が崩壊します。

顔貌が変わるくらいですから、体型はモロですね。


よく知られているのは、マスクをつけたがる人の口呼吸率の高さです。

マスクをつけたがる行為の心理学的な意味を考えると、それはそうですよね。


鼻呼吸しましょう♪

2015年3月24日火曜日

呼吸と足首の動きの同期

安部塾では、呼吸に足首の動きを同期させることがあります。

一般的によく知られているのは、以下の図のやり方です。

呼吸と足首


吸う

中心線上の単一の骨  水平軸の周りを外旋に動く

対を成す骨  屈曲に動く

対を成す臓器  外旋に動く

  外旋し、背屈する(伸展)

  外旋する

全身  左右に広がり 前後に狭まる


吐く

中心線上の単一の骨  水平軸の周りを内旋に動く

対を成す骨  伸展に動く

対を成す臓器  内旋に動く

  内旋し、底屈する(屈曲)

  内旋する

全身  左右に狭まり 前後に広がる


※参考 ウイズダム・イン・ザ・ボディ


足首と呼吸


第二次呼吸メカニズムの動きに忠実なエクササイズでは、この通りにされています。


安部塾では、塾長が『とある意図』をもって、あえて動きを逆にしていることがあります。

たとえば、『猫⇔牛』とか『虎』とかですね(たまに、忠実にやります)。

忠実なのは、股関節の屈曲・伸展などです。

現在、塾生さんたちが混乱しないよう整理しています。

※基本型・息吹(IBUKI)は、できるだけわかりやすい動きにして発表します。


これが、どっちを選択するか、思案のしどころなのです。

プロメテウスとにらめっこの日々が続きそうです。

花粉症と胸鎖乳突筋の短縮硬化

胸鎖乳突筋

胸鎖乳突筋は、自律神経と深い関係があります。

胸鎖乳突筋が固まると、自律神経のシステムが乱れると考えています。


胸鎖乳突筋の下には、後頭リンパ節・顎下リンパ節・中下内深頚部リンパ節などがあります。

リンパ液は老廃物を排出する働きがあり、流れが滞るとむくみます。

リンパ系システム
胸鎖乳突筋が固まると、免疫システムが崩壊すると考えています。

花粉症の人の胸鎖乳突筋に触れてみると、意味がよくわかると思います。

3D

■胸鎖乳突筋

・起始 胸骨頭(胸骨柄上縁)・鎖骨頭(鎖骨内方の1/3)

・停止 側頭骨乳様突起・後頭骨上項線

・作用 頭部を反対側に回旋・頭を前下方に引く・胸骨と鎖骨を挙上

※側頭部から斜めに走行し、胸骨と胸鎖関節に付着しており、下にはリンパ節がある。

※空間認識筋であり、機能低下を起こすと、めまいやふらつきなどの症状が。


今日の大手門では、胸鎖乳突筋を解放する『頸椎回旋』をやります。

2015年3月23日月曜日

腰を痛めない上体反らし(うつぶせバックベンド)のやり方

昨日のワークショップの補足記事です。


安部塾の上体反らし(うつぶせ)では、腰を反らさないように意識します。

その鍵は、内側ハムストリング筋(半膜様筋・半腱様筋)です。


うつぶせになって、脊柱と骨盤を中立に保ちます。

両脚を、骨盤の幅より少し広めにひらきます。

つま先は真後ろか、やや外側に向けます。

脚の付け根を内旋させて、ふともも裏内側を意識します。


まず、吸う息で胸をひらきます(第1~4肋骨を前上方にふくらませます)。

このとき、肩甲骨がVポジションになって、骨盤の方へ下がります(下制)。

腹筋群を引き上げて、床からおへそが離れる感じにします。

頭頂と坐骨が引き合うようにしてから、頭頂から足先を遠ざけます。


息を吐きながら上体を起こします。

内側ハムストリング筋(半膜様筋・半腱様筋)を使って、脚の付け根をひらきます。

脚の付け根をひらくことで、腰が反るのを抑えることができます。

体感的には、『ふわり』と上体が浮き上がります。

もも裏内側を使った上体反らし


内側ハムストリングスを使うと骨盤が後傾し、腰椎が屈曲=後弯します。

股関節は相対的に伸展位となり、脚の付け根がひらくのです。


もも裏の筋肉

■半膜様筋

・起始 坐骨結節

・停止 脛骨内側顆・大腿骨外側顆

・作用 股関節を伸展・内旋 膝関節を屈曲・内旋


■半腱様筋

・起始 坐骨結節内側面

・停止 鵞足となり脛骨粗面内側

・作用 股関節を伸展・内旋 膝関節を屈曲・内旋


■大腿二頭筋

・起始 長頭:坐骨結節後面 短頭:大腿骨粗面外側唇下方2/1

・腓骨頭及び下腿筋膜

・作用 股関節を伸展・外旋 膝関節を屈曲


詳しい説明は、今日の指導者育成講座で♪

お腹を使って息を吐くと、アンダーバストが締まって、ウエストラインが美しくなりますよ~

昨日のワークショップの復習用画像です。

外肋間筋と内肋間筋は、それぞれ赤矢印のように収縮します。

結果、肋骨がひろがったりせばまったりします。

横隔膜と外・内肋間筋

今回は、腹筋群を使って息を吐く練習をしました。

アンダーバストが締まって、ウエストラインが美しくなります。

説明を追加

ギャリック砲も撃ちました。

前鋸筋
今日の指導者育成講座でも、引き続き呼吸ネタやりますよ~

2015年3月22日日曜日

3/22姿勢と呼吸と動きのワークショップ(薬院校)

今日の薬院校・塾長ワークショップは満員御礼♪

胸椎の伸展(よつんばい)

ハムストリングスの使い方(よつんばい)

股関節伸展・内旋

股関節を軸とした坐骨の引き上げ(前屈)

股関節の内・外旋と呼吸の同期や、中心軸伸展などの基本をみっちり。

前屈・後屈を中心に、安全な練習方法を紹介しました。


宮崎・熊本・大分・八女・・・・・・遠方からの参加者が続々。

ヘトヘトになるまで、じっくりと練習しました。

みんな、今日は熟睡かな(笑)。

また参加してね♪

壁にぶつかったら、その壁にはかならず理由がある~壁は、本気を証明するために存在する

「本気で叱ってくれる人を、大切にしなさい」。余命半年の教授、「最後の講義」に世界中が泣いた・・・ より


上手くできなった時に、誰もそれについて何も言ってくれなかったら、その場所は離れたほうがいい。

あなたに厳しくしてくれる人やあなたの家族は、あなたを愛しているからこそ、ちゃんと叱ってくれるのです。


「壁にぶつかったら、その壁にはかならず理由がある」のです。

壁は、夢を諦めさせるためにあるのではありません。私たちがどれほどその夢を達成したいか、その本気を証明するために存在するのです。実際に、そこまで本気でない人たちはこの時点で諦めました。


夢をかなえる7つの教訓

1.フィードバックを素直に聞き入れること

誰だって人からの忠告を認めるのは難しい。素直に聞き入れられない人はたくさんいます。でもフィードバックをもらったら、ありがたく受けとめ、それを生かすべきです。

2.感謝を示すこと

私が終身教授に昇進した時、研究チーム全員をディズニーワールドへ1週間の旅行に連れて行きました。だって彼らがものすごく頑張って働いてくれたおかげで、私は世界で最高の仕事を手に入れることができたんですから。お礼をせずにどうして平気でいられるんでしょう?

3.文句を言わないこと

文句を言う代わりに、もっと頑張る努力をすること。

4.何か一つでも得意なものをつくること

得意なことを作りましょう。それは、あなたの価値を高めてくれます。

5.一生懸命働くこと

私が他の人よりも1年早く終身教授に昇進したとき、他の准教授たちは「秘訣は何?」と聞いてきました。私はこう答えました。「金曜の夜10時にオフィスに電話してくれたら教えるよ」

6.人の長所を見つけること

世の中に完全な悪人なんていません。誰にでも良い面があるから、それを見せてくれるのにどんなに時間がかかっても信じて待つことだ大切です。

7.準備を怠らないこと

「幸運」とは、あなたがそれまでに積み重ねてきたことにチャンスが訪れたときのことだからです。

引用ココマデ

姿勢

何かをしようとすると、いろいろ『壁』が立ちふさがります

人生というのは、この『壁』をクリアするゲームだと考えています。

もちろん、壁を避けるという選択もアリです。

自分の人生なのだから、自分の好きなように生きていいと思います。


自分でやりたいからやる・やりたくないからやらないというのは自然です。

僕が嫌いなのは、「やりたいんだけど、~だからできない」という態度です。

本気でやりたいというわけではないだけなのです。

こういった人は、できない理由を他に求めます。


愛ゆえに自分を叱ってくれる人に反発したり

親切な忠告をガン無視したり

自分を支援してくれている人に文句を言ったり

他人のアラ探しに明け暮れたり


そりゃ、夢の実現どころか、何もかもうまくいかないはずです。

厳しくしてくれる人だけが、本気で関わってくれる人なのです。


指導する立場のときの僕の言葉は、結構辛辣です。

でも、本気の人たちは、僕の本気に満面の笑顔で応えてくれます。

「鬼のダメ出しをしてください」って、お願いされます。

僕の前で緊張しなくなれれば、どんな場面でもリラックスできるとかなんとか。


もちろん、足が遠のく人の方が多いです。

誰だって、否定されたくなんかないからですね。

『うまくいかない原因と考えられる言動を否定してもらえるありがたさ』

その意味がわからないうちは、ずっとうまくいかないままなのですが。


言うまでもありませんが、夢が実現できるのは、支援者のお陰です。

なぜ支援してもらえてるかというと、本気だからです。

逆に言えば、本気になれば支援してもらえるということです。

日々、本気かどうか試される状況になっていれば、夢の現実化が加速します。


僕は、相手に気に入られようとはしません。

したくないからです。


普通にダメ出しして、それを喜んでくれる人たちとだけ付き合いたいのです。

もちろん、相手からのダメ出しを、素直に受けいれていきます。

本気で僕のことを愛してくれている人たちからの厳しい指摘。

愛情がこもった言葉が、現在の安部塾につながっているのです。


当たり障りのない言葉しか交わせないような身体の学校に意味はありません。

ピンポイントで効く身体操作法の習得は、そんなに甘くはないからです。

やさしいだけの指導で身につけれると考えている人は、心が折れると思います。

そんな舐めた態度で身につけれる技術に、価値などありませんよね。


といっても、いまの僕が厳しく当たるのは、一部の塾生にだけです。

いまの僕は、本気の人としか本気で関わりたくないからです。

一方、フロントエンド=ライトユーザーに対しては、やさしく接しています。

効果はそれなりですが、きちんと通ってくれることが最優先だからです。


僕の態度は、相手によって変わります。

それはもう、とてもわかりやすいらしいです。

完全に受けいれ態勢にある相手に対しての伝達能力には自信があります。

みんな、当然のように結果を出します。


本気の人たちが集う場所に足を運ぶということが大切です。

傷を舐め合うような環境は、文句を言うことしか自分しか育ちません。

成長を実感できる集まりに参加しましょう。

数ヵ月後の自分の変容ぶりに、自分で感動できるはずです。


壁は、本気を証明するために存在するのです。

2015年3月21日土曜日

不自然なことをやめる=安部塾基本型『息吹=IBUKI』

不健康な人は、不自然なこと=極端なことに飛びつきます。

ダイエットなんか特にそうですね。

そしてますます不健康になります。

安部塾では、『当たり前のことを当たり前にやる』を基本にしています。


それが、『健康』ということだと思うのです。

僕たちは、健康になるために生きているわけではありません。

生きるために健康であるのが望ましいだけです。

健康であることで享受できる楽しみって、たくさんありますから。


安部塾で、最優先に改善するのは姿勢です。

姿勢

不良姿勢では、中立的な考え方ができませんから。

偏った姿勢は、身体反応を歪め、非合理的な思考を生み出します。

感情が暴走し、行動が極端になり、詰みます。

不自然な行動は、不良姿勢が招いた悲劇だと考えています。


なので、まずは筋肉について学んでもらいます。

筋肉群

スタイリッシュでも派手でも華やかでもない、地味で繊細な動きの学びです。

激しく動かないとやった気がしない人や、痛みを感じるのが正義という人にはわからない世界です。

身体の内奥から、熱と解放感が生まれてくる喜びに満たされるエクササイズ。

今年の2月以降の安部塾のレッスンが遂げた、超絶進化です。


薬院校を開校し、本格的に指導者育成を始めて、僕が考えたこと。

それは、『ケガ人を出さないということ』。

そう心に決めた僕は、不自然な動きを徹底的に排除することにしました。

結果、地味だけど効果がきちんと出る型ができあがりつつあります。


もうすぐ完成しつつある安部塾基本型ですが、名称は決まっています。

『息吹=IBUKI』

なかなかいいでしょ?

ゴールデンウイーク公開を目標に、練り直しを重ねています。


といっても、超絶地味なんですけどね(笑)。

ただ、『楽しくて安堵感のあるクラスをつくりたい指導者』の力にはなるはずです。

これから、塾生たちと一緒に、練り上げを重ねていきたいと思います。

お楽しみにっ!!

赤身の筋肉は伸ばしましょう。白身の筋肉は鍛えましょう~(≧∇≦)

プロメテウス解剖学アトラス 解剖学総論/運動器系54ページより

良本ですよ~(≧∇≦)

肩甲骨と骨盤の動きを同期させると気持ちよく動けますよ~

正しい「前にならえ」ができると、腕立て姿勢が楽々になる。の続きです。

肩甲骨と骨盤の動きの同期 前鋸筋と腸骨筋

肩甲骨と骨盤の動きは同期します。

例えば、右の肩甲骨を前傾させると、右側の腸骨が後傾します。

そうすると、左の肩甲骨が後傾し、左側の腸骨が前傾します。

※このとき、左の肩甲骨も前傾させると、骨盤全体が後傾します。

安部塾では、前鋸筋と腸骨筋の同期を使った型を練習します。


気持ちよく身体が動かせますよ~


■腸骨筋

・起始 腸骨内面上部
・停止 股関節小転子

・作用 股関節を屈曲・外旋

※姿勢の保持。座位で脚を挙げる。股関節を固定すると上体を起こす。


明日の薬院校『姿勢と動きと呼吸のワークショップ』で、詳しくやります。

2015年3月20日金曜日

くびれたウエストは腹横筋のおかげ~軸をつくってケガを防ごう

昨日の指導者育成講座の姿を、塾生に隠し撮り(?)されていた模様。

講座での僕
こうやって見ると、僕のウエストは細いですね~

顔はでかいですが(笑)。


で、お腹を細く見せる筋肉といえば『腹横筋』です。

腹横筋(腹腔内圧を高める)

■腹横筋

・起始 第7~12肋軟骨・腰筋膜・そけい靭帯・腸骨稜

・停止 剣状突起・白線・恥骨

・作用 下位肋骨を下に引く・腹腔内圧を高める・内臓の位置安定

※腹横筋の筋繊維は、横方向に走行して、腰のくびれをつくります。

※上部線維→肋骨の安定・中部線維→腰部の安定・下部線維→骨盤の安定


ひざをついた下向きの板のポーズなんかが、意識しやすいと思います。

ひざをついた下向きの板のポーズ


体幹を安定させれないまま=軸がない状態で手足を動かすとどうなるか?

筋肉連鎖機能不全に陥り、靭帯・骨・関節・関節包・靭帯が壊れます。

腹横筋でくびれた美しいウエストは、ケガをしない肉体の象徴でもあるのです。

寸胴は見た目が悪いだけでなく、機能もよくないということです。


お腹は引き締めておきましょうね。

今日の指導者育成とグループレッスンで、詳しくやりますよ~

2015年3月19日木曜日

肩こりの人の声が不快な理由は、肩甲舌骨筋が固まっているからかもしれませんよ~

舌骨と肩甲骨との間を中間腱をはさみつつ上腹・下腹に分かれ、下側に弓なりになっている筋肉があります。

胸鎖乳突筋と斜角筋群(前・中・後斜角筋)を通っている肩甲舌骨筋です。

肩こりもちで、不快な声を発している人は、固まっていることが多いです。

過緊張性の発声・のどを詰めた発声なので、不快な音波が出てしまいます。


首を動かしたとき、飲み込むときや大きな声を出すときに肩が痛い人も、肩甲舌骨筋が固まっているかもしれません。

肩甲舌骨筋

■肩甲舌骨筋

・起始 肩甲骨上縁下腹~烏口突起内側

・停止 舌骨体

・作用 舌骨を後下方に引く。頸部筋膜を張る。内頚静脈の膨張。

肩甲舌骨筋
胸鎖乳突筋が固まると、鎖骨と肩甲骨が固まります。

結果、肩甲骨と舌骨の間が固まります。

胸鎖乳突筋が固まる連鎖で肩甲舌骨筋が固まるという流れです。

これ、声だけの問題にとどまりません。

胸鎖乳突筋

胸鎖乳突筋

胸鎖乳突筋は側頭骨につながっています。

側頭骨は顎関節につながっているので、そしゃく筋と筋肉連鎖します。

噛み締め・喰いしばり、食いしばり・歯ぎしりなどが起きます。

顎関節症なんかもね。

そしゃく筋
さらに連鎖して斜角筋も固まって、深い呼吸ができなくなって詰みます。

斜角筋
そんなわけで、胸鎖乳突筋を伸ばしてみましょう。

胸鎖乳突筋ストレッチング

これで、詰まずに済むはずです♪

声の質が良くなって快適になっていたら効いてます。

口も開きやすくなっているはずです。

なにより、首が解放されて気持ちがいいのではないかと。


肩甲舌骨筋を直接ゆるめるのは、解剖学を極めないと無理だと思います。

胸鎖乳突筋解放からの筋肉連鎖でゆるめるのが安全だと考えています。

効いている気がしない(やった感がない)動きが正解~効いている気がする(やった感がある)動きは不正解

多裂筋は腹横筋と大腰筋と協働して、なめらかな身体の動きをつくります。


腹横筋は、腹圧を調整して身体の芯をつくります。

大腰筋は、姿勢を安定させます。

多裂筋は、背骨の微妙な動きをコントロールします。

こうして、安部塾独特の繊細な動きが実現します。


これらの筋肉は、背骨につながっています。

安部塾では、これらの筋肉を意識しながら身体を動かす練習をします。

効いている気がしない=やった気がしないのが特徴です

深部の筋温が上昇して、気持ちが良くなります。

大腰筋と多裂筋
大腰筋と横隔膜と多裂筋
腹横筋と多裂筋

やみくもに筋量を増やして力強くなろうとすると、身体が不安定になります。

身体が不安定になると、背骨につながっていない筋肉を使うようになります。

いわゆる『りきみ(効いている気がする=やった感がある動き)』です。

結果、炎症から始まって筋断裂や肉離れや捻挫や骨折を引き起こします。


無駄に筋肉が厚い(背骨につながっていない筋肉優位)とケガをしやすいのです。

背骨につながっている筋肉が衰えてしまいがちですから。

下手に筋骨隆々になってしまうと、身体のキレがなくなってしまうことがあります。

まず、背骨につながっている筋肉を鍛えるのが安部塾の流儀です。


運動強度(負荷)を上げると、背骨につながっている筋肉を意識しにくくなります。

なので、安部塾では『よつんばい位』などでの地味なエクササイズをやります。

脊椎の骨一個一個を意識して動かせるレベルを目指します。

派手な動きは練習しません。

背骨の繊細なコントロールができさえすれば、いつでも派手な動きはできますから。


基本もできないうちに派手な動きをやらせようとする指導者はケガをさせます。

多くの場合、指導者本人がケガをしていますが。

首・腰・ひざ・足首・肩・ひじ・手首が痛いとかいう次元ではマズイと思います。

計算し尽くされた精密な身体操作ができてこその指導者なのですから。


最近、僕の影響で、この本が売れ始めています。

プロメテウス解剖学アトラス 解剖学総論/運動器系

プロメテウス 解剖学アトラス 運動器

安部塾推奨図書ですね。

教科書にしたいくらいです。