2015年5月31日日曜日

塾生たちの活躍が始まる

薬院校正式開校から半年……

塾生たちの活動が本格化しつつあります。

薬院校で、『自分のクラス』を持つ覚悟を決めた塾生が続出です!!

身体操作指導者の集客力は、自己肯定感情&他者肯定感情と比例します。

肯定できただけ、集客できるということです。

だから、まずはクラスを始めることです。

誰も来なかったなら、「やべ~自己肯定せんといかん♪」ってことです。

僕を崇拝しても、いいことなんてありません。

崇拝するなら、『自分自身』です。

自礼拝ですね。

自分を尊敬できるような行動をとれていれば、いろいろうまくいくはずです!!

2015年5月30日土曜日

家族の全面的バックアップがあってこその身体操作指導者なのです

身体操作の指導者として活躍していくために不可欠なもの。

『家族の協力=全面的バックアップ』

身近な人たちの支持なくして、うまくいくはずがありません。

なので、自分をひらく=オープンにする必要があります。

自分をひらいてさえいれば、なんとかなります。

自分をとじる=クローズしてしまうと呼吸が乱れ、うまくいかなくなるのです。

やりたいことがあるなら、すべてを開示して、素直にお願いするのが基本です。

軸伸展してから、頭を下げて頼むという身体操作は息吹の脊柱・股関節屈曲型の基礎中の基礎なのですから。

自分を隠すという身体操作は、軸伸展とは対極にある動きです。

軸を潰してしまうと、操作(コントロール)の世界に生きないといけなくなります。

めんどくさいですよね。

お互いの自由を尊重する世界は、お互いに自己開示し合う世界そのものです。

して欲しいことを、お互いにして欲しいと素直に頼み合えるのが家族だと思います。

たとえ、血がつながっていなくてもね。

自分をひらくこと=股関節や胸鎖関節をひらくこと。

心がけて欲しいと思います。

2015年5月27日水曜日

背中・ふともも後ろ・ふともも前の筋肉をほぐす(ショートポールを使ったフォームローリング)

ショートポールによるフォームローリングの画像をつくりました。

■上段~背中(胸椎部)

■中段~ふともも後ろ(ハムストリングス)

■下段~ふともも前(大腿四頭筋)

ショートポールを使ったフォームローリング

それぞれ、筋肉を伸張させた状態で、ショートポールを転がします。

筋肉がふかふかになりますよ~

2015年5月26日火曜日

足裏のアーチがつぶれるのは・・・・・・ (足裏ワークショップ復習用画像)

足裏にゴルフボールを入れて脚を整える安部塾テクニックの基本原理図です。

足裏のアーチがつぶれる仕組み

・骨盤が前傾
  ↓
・脚が内旋
  ↓
・膝関節が過伸展
  ↓
・足が回内
  ↓
・足裏アーチがつぶれる


なので、下図の位置にボールを当てて、足を回外させます。

ボールを当てる位置

・足を回外
  ↓
・膝関節が適正な位置へ
  ↓
・脚が適正な位置へ
  ↓
・骨盤が中立へ

結果、足裏のアーチ復活とともに、脚全体のバランスが良くなるという流れです。

2015年5月25日月曜日

筋肉の質を良くしたかったら、安部塾においで~

僕の筋肉の触感は、ふかふかで好評です。

その理由は、『均一な筋繊維』にあります。

息吹前後の筋肉の質の変化

安部塾では、筋肉の質を良くするための方法論を、日々研究しています。

僕の筋肉は、その結晶のようなものです。


形だけ真似ても、呼吸とか意識は真似ができません。

そんなわけで、何もかも公開しています(笑)。


筋肉の質を良くしたかったら、安部塾においでください♪


2015年5月23日土曜日

他人を支配(操作・コントロール)しようとしないこと

本気で心身(身心)の状態を良くしたいのなら、他人を自分の思い通りに動かそうとするのをやめるといいです。

支配(操作・コントロール)したいという気持ちに振り回されているうちは、感情を解放することができません。

  パールズ先生の「他人は自分の期待に応えるために存在しているのではない」という言葉が好きです。

自分の感情に向き合っている人は、他人を思い通りに動かしたいとは思いません。

自分の感情から目をそらしたいから、他人を思い通りに動かしたくなるのです。

自分の感情から目をそらせば、心身(身心)の状態が悪くなるのは当たり前です。

身体操作の練習とは、他人を自分の思い通りに動かそうとしないということそのものです。

筋肉には感情が記憶されます。

現在の筋肉の状態は、いままでの感情の蓄積の結果なのです。

ふかふかの筋肉を身にまといたいのなら、まずは支配をやめるのが基本なのです。

まわりにいる支配的な人たちの身体の状態を観察してみてください。

超絶具合が悪いはずです。

もっとも、自分が支配的でなくなると、支配的な人たちとの縁がなくなってしまうので、観察そのものができなくなるわけですが。

肌の調子が良くなりました~

息吹(IBUKI)を続けている方が、25日後くらいに「肌の調子が良くなりました!!」って効果報告をしてくれます。「便通も良くなりました!!」って報告も。

安部塾では、肌の状態=腸の状態=脳の状態=心の状態=呼吸の状態=隔膜の状態と考えています。良くなるときは、全部一気に良くなるし、悪くなるときは、全部一気に悪くなります。

足底筋膜~骨盤隔膜~横隔膜~胸隔膜~の機能を改善する息吹(IBUKI)をやれば、肌の状態が改善するのは当たり前だと考えています。透明感がある、しっとりとした綺麗な肌は、自然な呼吸によって生まれてくるのです。

肌のターンオーバーは21日位なので、25日位で効果を実感できるというわけですね。便通は即日です(笑)。

「う○こ出た!!」報告が相次ぐというのも、この仕事ならでしょうね。

いまから東京に向かいます。

2015年5月22日金曜日

安全な立位体前屈練習法(バランスボードに乗って立位体前屈)

安部塾薬院校では定番の、この立位体前屈練習法。

バランスボードに乗って立位体前屈

大腿直筋や腰筋を使うと、バランスが崩れます。

重力を使うと、バランスが崩れません。

前屈するときに大腿直筋や腰筋を使い過ぎると、股関節が詰まります。

バランスボードで練習すると、余計な力を抜くことができるようになります。


安部塾の立位体前屈では、膝の関節は曲げておきます。

膝を伸ばしきってしまうと、いろいろ問題を生じるからです。

筋肉の起始停止部や付着部に痛みを感じるのは、どこか間違っています。

うまくできていれば、筋全体に均一な伸張感を感じれるはずです。


呼吸がきちんとできていれば、きちんと効かせれているということですね。

2015年5月20日水曜日

8月29日(土)鹿児島で息吹(IBUKI)合宿をします!!

8/29(土)、鹿児島市鴨池の『錦江旅館』で、息吹(IBUKI)合宿をします。

詳細はHPにて → 鹿児島合宿


宿泊費・会席料理代・朝食代込みで、15,000円を切りました!!


・宿泊費 4,320円(朝食つき)
・夕食代 3,240円(会席料理)
・受講料 7,000円(夜練・朝練)

→ 合計 14.560円


合宿所は薬院校と同様に、昭和レトロ感満載ですが(笑)。

錦江旅館

夜練は会議室を借りて、椅子(イス)を使った息吹(IBUKI)の型をやります。

朝練は外の公園で、立位の息吹(IBUKI)の型をやります。


定員は15名ですが、すでに残席8名です。

お申し込みはお早めに!!


8月29日(土13:00~)・30日(日10:00~)に開催予定の鹿児島市内での息吹(IBUKI)集中講座の会場がまだ決まっていません。

よさげな会場を御存知の方は、僕に連絡していただけると嬉しいです!!

2015年5月19日火曜日

座位の型~息吹(IBUKI)の座位元型動画撮りました~

というわけで、大手門のKANONでIBUKI(座位)の動画を撮りました。

細かい修正は、これから入れていきます。



5/23.24の東京ワークショップで、全公開予定です。

呼吸と動きのワークショップの中で、やりますよ~

息吹(IBUKI)~座位の動画を

息吹(IBUKI)~座位の元型ができたので、動画を撮影しようと思っています。

新型の三脚を買ったので、水平が出しやすくなりました。

2015年5月18日月曜日

簡単な動きで身体を整えるということ

昨日、奈多海岸で息吹(IBUKI)』をしてきたら、とても体調が良くなりました。

息吹(IBUKI) 片脚立ち~脊柱の屈曲と側屈の型

一切の難しい動きを排除した、簡単な動きのみの型。

簡単であるが故に、動きと呼吸に集中できます。

股関節と脊柱と肋骨と肩甲骨の機能の改善効果が著しいです。

そもそもが、僕自身のためにつくった型なので当たり前なのですが(笑)。


今後も、難しい動きを避けて、型をつくっていこうと思います。

2015年5月17日日曜日

IBUKIの呼吸は、大自然の中でこそ真価を発揮するのです。

今日は完全オフだったので、奈多海岸に遊びに行きました。

塾生からのリクエストがあったので、某先生のコスプレをしました。

IBUKI ストラップ

INOKIパンツがなかったので、asicsのインナーパンツです。

NIKEのヘッドバンドを着用しています。


似てるかな?


IBUKIの動画(脚入れ替えなし・呼吸保持なし)も撮ってみました。

連続動作を公開するのは、これが初めてかもですね。





波のリズムに合わせてみたら、とても気持ちよくできました。

IBUKIの呼吸って、大自然の中でこそ真価を発揮するようです。


こうやってみると、ほんとに難しい動きはありません。

簡単な動きだけでつくってよかったなって思います。


大自然の中での、『IBUKI合宿』もいいかもしれませんね。

2015年5月15日金曜日

『やさしいワニのポーズ』の動画をつくりました

今日の指導者育成講座は、『やさしいワニのポーズ』をやりました。

腹斜筋と胸鎖乳突筋と斜角筋と大胸筋・小胸筋と・・・・・とにかく効きますw

脊柱の伸展(上体反らし)が苦手な人の、必修ポーズです。

復習用に動画を撮りました。


山下純司先生の、美声誘導動画。



僕の、いつも通りの誘導動画。



舞さんが、友情出演されていますw


個性がでますよね~

指導者育成講座の動画をつくってみました

安部塾の指導者育成講座では、こんなことを教えています。




諸々の事情で講座に参加できない塾生や、復習したいという塾生向けに、こんな感じの動画をつくっていこうかなって考えていたりします。

32GBのSDカードに動画ファイルを保存して郵送するというのが、塾生の負担がいちばん少ないかなって考えています。

youtubeで限定公開してURLを教えるのは、僕のチャンネルが大変なことになってしまいますので避けたいのです。

まあ、すでに大変なことになっておりますが(笑)。


今日の指導者育成講座のときに、打ち合わせしたいと思います。


現在、息吹(IBUKI)の台本も製作中です。

6月発表予定です。


動画ファイルや台本の製作資金をどうするかな(笑)。

2015年5月14日木曜日

下関で澄田順子先生の『月いちIBUKIの会 「 ReBirth 」』が始まりますよ~

澄田順子先生(下関)
下関のみなさまへ朗報です。

下関では、新田奈見子先生が、息吹(IBUKI)を教えてくれています。

続いて、澄田順子先生も、息吹(IBUKI)を教えてくれることになりました。

JUNJUN(♂・八女)に続き、JUNJUN(♀・下関)爆誕です(非公式w)


新田奈見子先生・山下純司先生・澄田順子先生 安部塾薬院校



僕的には、大社高校(島根県出雲市大社町北荒木)卒に、縁を感じます。

そんな澄田先生から、案内が届きましたので、紹介させてくださいね。


■下関 ・ 月いちIBUKIの会 「ReBirth」

福岡・安部塾主宰 安部吉孝先生の考案された身体操作基本形、『息吹=IBUKI』。

不自然な動きを取り払い、穏やかで深い呼吸とともに動くことで、感情を解放できる型です。精密な身体操作と繊細な身体感覚が身につきます。
~安部塾公式ブログより (3/21「不自然なことをやめる」より引用しました)

やりきった後、それぞれの胸に生まれる何とも言えない充足感を、多くの人と共有したい。

そんな思いから、下関で、月1回程度を目安に、『IBUKI 』 フロー・レッスン(通し稽古)をスタートします。

『IBUKI』 では、呼吸を通してご自身の内側とつながりながら動いていきます。
切れ目なくポーズをつないで動いていくフロー・スタイルは、
初心者の方、体力に自信のない方には、不安に感じることと思います。

ガイドは、あくまで目安です。

ご自身の体と相談しながら道具で補助したり、ポーズの強度をゆるくしたり、休憩したりしながら取りくみましょう。

休んでいる時も、呼吸を合わせ、他の方の様子を見ることで、体が自然とその場に同期していきます。  

お気軽にご参加ください。

ご不安な点、ご不明な点は、ご相談ください。

安心して参加できるよう、一緒に考えましょう。


☆第1回目のお知らせです。

・日時   

 6月6日(土)  13:30~15:00 (13:00開場)

・会場   

 下関市 長府体育館 1F会議室 (長府江下町 国道2号線沿い)
 ※長府公民館とお間違えのないようにお願いします。

・会費   

 1200円 (当日、開始前にお支払いください)

・定員   

 14名

・内容   

 基本呼吸の練習
 基本の動きの練習
 やさしいフロー・レッスン (途中、ペアワークをはさみます)
 感想のシェアリング(分かち合い)
 
・持ってくるもの
 ヨガマット ※レンタルあります。前もってご連絡ください。
 水分補給の飲み物
 汗拭きタオル

・申し込み先

 澄田順子(すみた じゅんこ)
 080-5209-2240 (ショートメール可)
 life.team307@gmail.com

 ※お名前、人数、連絡先をお知らせください。
 ※キャンセルされる場合は、必ずご連絡ください。

・HP : cocoro-necco (こころ・ねっこ)
 

・BLOG : 「cocoro-necco-nikki ~ここねこの日記」
      

ご連絡、お待ちしております(^O^)/” 


2015年5月12日火曜日

8月29・30日鹿児島で息吹(IBUKI)集中講座を開催します!!

鹿児島での息吹(IBUKI)集中講座の日程が決まりました。

8月29・30日です。

息吹(IBUKI)集中講座 鹿児島 8/29・30

■いまのところの予定

・29日の早朝に福岡発、13:30~17:00 集中講座  夜:交流会

・30日9:30~15:00 集中講座 16:00鹿児島発 21:00福岡着 解散

※現地集合組は、鹿児島空港→鹿児島市内の会場→鹿児島空港。


詳細は、これから調整したいと思います。

鹿児島市で、息吹(IBUKI)集中講座やります!!

鹿児島市で、息吹(IBUKI)集中講座をやります!!

イメージは桜島の噴火ですね。

鹿児島市 息吹(IBUKI)集中講座。

桜島と呼応する息吹・・・・・・よくないですか?


考えてみたら、昨年のGW以降、鹿児島に行ってないんですよね。

参加者、集まるんでしょうか?

知名度、低いですからね(笑)。

塾生の合宿も兼ねるとか?


『鹿児島市☆息吹(IBUKI)集中講座実行委員会』を立ち上げます。

委員会参加希望者は、塾長に連絡してくださいね。

2015年5月11日月曜日

筋肉をやわらかくするということは、過去の自分を許すということなのです。

『人生脚本』という考え方があります。

読んでみてください。

人は、子供の頃に決めたことをくり返して生きる


僕たちは幼い頃に、自分の人生の『あらすじ』を書き上げると言われています。

「私の人生はこういうものだ」

「私はこう生きていこう」

その後の生活において、そのあらすじを正当化するような対人関係を選びます。

そして、そのあらすじを正当化するような振る舞いをします。

さらに、そのあらすじを正当化するように物ごとをとらえます。

そうして、自らの描いたあらすじの正しさを確信していきます。

最期は、自分が想い描いた結末を迎えます。


いまの自分の状況をつくりだしているもの。

それは、幼少期の生活環境の中で形づくられた『あらすじ』なのです。


もしも、脚本がしあわせでないあらすじだったら、どうなるでしょう?

本人が意識的にどんなに努力しても、ふしあわせになってしまいます。

ふしあわせな人生脚本通りの人生になってしまうからです。

なので、脚本を書き換える必要があります。


安部塾では、『手放すことのできない感情』が筋肉に蓄積されると考えます。

怒り・悲しみ・哀しみ・寂しさ・罪悪感などの感情は、筋肉を固めます。

筋肉が固まると、心の成長は止まります。

筋肉を解放することで、素直な感情を吐き出すことができます。

気持ちの整理ができて、人生脚本を書き換えることができると考えています。


筋肉をやわらかくするということは、過去の自分を許すということです。

過去の自分を許すということが具現化された現象が、筋肉の解放なのです。


股関節の解放


安部塾では、『自分の人生に自分で責任を持つ覚悟を決めること』を奨めます。

いまの状況を、『誰かのせいでこうなった』と考えないようにして欲しいからです。

代わりに、『自分が「~のように生きる」と幼い時に決めた』と考えて欲しいのです。

本来の自分を取り戻すために。


GW集中講座で、何度も『自由な子供の心』のお話をしました。

本来の自分を生きて欲しいからです。

本来の自分の生き方を邪魔するような人生脚本は、破棄して欲しいのです。

それが、本当の意味での良質な筋肉をつくっていくことになります。


自分だけの生き方のルールを他人に押しつけていると、うまくいかなくなります。

誰かの生き方のルールを押しつけられてみればわかります。

あくまで、その人だけの生き方のルールでしかないのです。

それがわかれば、筋肉の質が一気に改善されます。


もういい加減で、過去の自分を責めるのはやめてもいいような気がします。

過去の自分を許さない心が、筋肉をカチカチに固めているだけなのですから。

だから、エクササイズが続かないのです。

筋肉を解放してしまったら、過去の自分を責めることができなくなりますからね。


筋肉を解放するということは、過去の自分を許すということです。

基本練習を積み重ねるということは、心から自分を許すということなのです。

ぼっち(友達がいない人)にエクササイズはできません

「友達がいないと、エクササイズはできません」

先月から今月にかけて、何度この言葉を口にしたことか(笑)。


安部塾の方法論は、仲間たちとの関わりの中で生まれたものばかり。

ぼっちにエクササイズはできません。


できているような気になることはできるかもしれませんが。



この頃、ヨガについて思うこと。


キモイポーズができるようになっても、何にもいいことはありません。

何のポーズもできなくても、楽しく堂々とそこにいることができればいいのです。

それはすなわち、友だちと呼べる存在に囲まれているということです。

サットサンガ(同じ志を抱く善い人たちの集まり=つながり)的なね。


■執着(ラーガ)=「これがないとしあわせにはなれない」

■嫌悪(ドヴェーシャ)=「これさえなくなればしあわせになれる」


執着と嫌悪からの解放。

『いまの自分のままではダメなんだ』という気持ちからの解放。


それができる『場』が必要なのです。


仲間たちと集まって、楽しく同じ時間を過ごすことの大切さ。

ひとりで思いつけることなんて、たかがしれています。

ひとりでできることなんて、たいしたことはありません。

教えてくれる先生や、支援してくれる仲間がいるということの素晴らしさ。


見習いたい人たちの素晴らしさもね。


執着と嫌悪から解放されると、筋肉が本当の意味でやわらかくなります。

2015年5月10日日曜日

やさしくて穏やかな動きとゆっくりとしたリズミカルな呼吸

GW集中講座での、僕のテーマは「動きと呼吸を美しくすること」でした。

ヨガメディカル的には「優しくて平穏な動きとリズミカルでゆっくりとした呼吸」ですね。

安部塾の動きの評価基準は『美しいこと』です。

何の予備知識がない人でも、動きの美しさは本能でわかりますよね。

膝立てあおむけ位でかかとに触れる

他人の注目を集めようとして奇抜なことばかりしていると、感覚が狂います。

地味で基本的な動きを正確に反復練習していると、感覚が磨かれます。

なので安部塾では、特別な動きをしないことを奨めています。

動作中は、自分の筋肉や関節の感覚に意識を集中します。


荒くて激しい動きをしながら、ゆっくりとしたリズミカルな呼吸はできません。

せわしない不規則な呼吸をしながら、優しくて平穏な動きはできません。

動きとは、呼吸そのものだからです。

正確無比な動きができていれば、呼吸のことは考えなくてもいいのです。


以前の安部塾では、「呼吸は無視していいですよ」と言ってました。

ちゃんと動けていれば、呼吸はそれについてくるからという理由です。

現在の安部塾では、最初に足底筋膜の解放と呼吸の練習をします。

動きと呼吸を同時に改善した方が効率がよいからという理由です。


『ゴルフボールで足裏~下腿を解放して、肋骨の動かし方を改善する』

ただそれだけで、一気に体が変わります。

特別な練習なんて、一切しません。

派手なパフォーマンスなんて必要ないのです。


指導者を選ぶときは、動きと呼吸を観察してみましょう。

やさしさ・穏やかさ・ゆったり感などが漂っていたら大丈夫だと思います。

少なくとも、荒さ・激しさ・焦燥感が漂っている指導者は避けましょう。

巻き込まれて、巻き込んで、大変なことになりますからね。


派手で奇抜なことばかりやっていると、身体感覚が壊れます。

地味で普通なことを、基本に忠実にやって、身体感覚を磨きましょう。

2015年5月9日土曜日

「吸って~」「吐いて~」という言葉がもつ意味(ひさしぶりにアヤシイ話を書いてみます)

僕たちが、毎日、無意識に呼吸をしながら唱えているマントラ。

吸う息で、『ソー』

吐く息で、『ハム』

深い鼻呼吸をすると、自然とこの音になるはずです。


「ソーハム」というマントラは、心の中で唱えます。

なので、口に出しては唱えません。


「ソーハム」で検索したら、いろいろ出てくるので調べてみてください。


音声動画があったので紹介。




日本語では、『吸って~』『吐いて~』ってことになります。

安部塾身体操作基本型『息吹』で繰り返される言葉です。


こうやって聞いてみると、まんまですね(笑)。


GW集中講座の参加者が、「みんな=私って感じた」と言ってましたね。

自分と他人の境界がなくなった状態を体感できたと思います。


安部塾の身体操作法は、ヨガの影響を受けています。

なので、それなりにメディテーション的な要素が含まれています。

アヤシイので、全部日本語でやってますけどね。

ちゃんと効果はあるんですよ。

吸って~吐いて~~

きちんと深い鼻呼吸をしていれば、何の予備知識がなくても大丈夫です。

無意識に「ソーハム」を唱えることになりますから。

結果、みんなとのつながりを感じることができます。

正しく呼吸すると孤独(ぼっち)じゃなくなる理由です。


僕の、「吸って~吐いて~」という言葉にこめられた意味。

意外と深かったりします。

5月23日(土)・24日(日) 安部塾@東京ワークショップの御案内

GW集中講座に集中しすぎて、東京ワークショップの告知を忘れていました(汗)。

→ ★5月の安部塾@東京 23日(土)・24日(日)


東京のみなさまの参加を、楽しみにお待ちしております。

GWの安部塾

2015年5月8日金曜日

息吹(IBUKI)通し練習動画を観て、感激の涙が・・・・・・みんな、ありがとね。

ROKUちゃんが、GW集中講座のまとめ記事を書いてくれました。

→ 安部塾GW集中講座後半!筋肉ふかふか♪

ホントに自由で
自分がしたいように過ごせる空間で
誰かの目を気にしたり、
『できる、できない』で競争したりすることもなく

みんなと同じ呼吸のペースで自分の身体と向き合うエクササイズ
『息吹 IBUKI』

みんなでやったから写真はないんだけど。

またみんなでやりたい!
ただただ簡単なポーズを繰り返し、
みんなで呼吸を合わせるだけなのに

初めて参加した人も、
一緒に楽しくうごけて、身体も心も軽くなっていきました

『ずーっとこの時間が続けばいいのに』
って言っていた方がいたけど

ホントにずっとこうしていたいなーって

なんかうまく言えないけど、
すごくステキな時間でしたラブラブ

そしてたくさんの出逢いと、
再会と
絆が
仲間が
生まれた気がします。

引用ココマデ

GW集中講座

これ、みんな同じことを感じていたんじゃないかと思います。

穏やかで優しい動き・ゆっくりとしたリズミカルな鼻呼吸が生み出す連帯感。

3日目のメディカルヨガ解説でお話させていただいたまんまです。

実際に参加してみないと、あの空気感は味わえませんが。


最終日の、息吹(IBUKI)通し練習の様子です。

1時間ありますので、時間があるときに観てみてください。




観ての通り、難しいことは一切しません。

自分の内面と向き合うための型を、呼吸に合わせてなぞります。

無駄な動き・余計な動きは削ぎ落としました。

他人と自分を比べたり、技をひけらかしたりしなくて済むように。


最後の感想のシーンを観ていたら、ウルウルきてしまいました。

安部塾薬院校を開校してよかったと、心から思います。

2015年5月7日木曜日

競争する必要もなく、いい格好する必要もなく 余計なことを考える必要のない、いつも自然体でいることができるあたたかい場所。

KANONのNORIKOさんが、GW集中講座最終日の記事を書いてくれました。

→ 『IBUKI』

安部塾GW集中講座『IBUKI』に
参加しました。

ひとつひとつ身体操作を丁寧に確認し

優しく穏やかな動きと

ゆったりとしたリズミカルな呼吸

身体が少しずつ解放されて
本来の自分に戻れる感覚を
体験しました。

動きは呼吸
呼吸は動き

練習していくうちに
自分自身の内面に
だんだん意識が向いていく

身体が変わると
ものの見方、考え方が変わり
人生変わるなと思いました。

1日中、ホントに楽しい学びで
気づきと変化がたくさんありました。

そしてなにより
こうやって学べる空間と
共に歩む仲間の存在が

大好きでありがたいです。

練習続けることで
身体が変わっていくのが
イメージできて

とても楽しみです。

今日は、ありがとうございました。

引用ココマデ


『IBUKI』 動画編集画面

NORIKOさんのKANONで定期クラスをさせてもらえていなかったら、薬院校はこの世に存在しませんでした。

FBのタイムラインを読んでいて、「わかってくれてるなぁ~」って嬉しくなりました。

FBタイムライン

フリーチャイルド=自由なこどもの心でいられる場所。

それが、安部塾なのです。

2015年5月6日水曜日

たかが呼吸のエクササイズで、どうしてこんなに涙が流れるのだろう・・・・・・

GW集中講座ですが、1日早く息吹(IBUKI)の通し練習をやりました。

本当は、明日そうなるはずだったのですが、みんな涙を流していました。

感情を解放し、自由なこどもの心を取り戻すことができる身体操作法。

それが、息吹(IBUKI)なのです。

GW集中講座 0505

『筋肉に封印された感情を解放すると、涙が流れてくる』

参加した人にしかわからない、不思議な現象です。

繊細で精密な身体操作によって、少しずつ解放されていく感情。

最後は、とめどもなく涙が流れていました。


涙を流すうちに、自由なこどもの心を取り戻すことができます。

遠い昔に封印してしまった、本当の自分の気持ち=感情。


筋肉を解放することは、感情を解放するということ。

真剣に参加した人にしかわからない、安部塾からの贈り物です。

2015年5月5日火曜日

メディカルヨガWSやりましたよ~

昨日は、メディカルヨガWSでした。

動画たくさん撮りましたw

メディカルヨガWS動画サムネイル


Namiさんが、記事を書いてくれてあります。

5/4安部塾GW集中講座『メデイカルヨガ』人生がかわるヨガ♪


いやほんと、わりとマジで、人生変わりますよ~

2015年5月3日日曜日

2015年5月2日土曜日

二の腕をほぐそう

今日の指導者育成講座は、二の腕のほぐしをやりました。

上腕三頭筋のことです。

上腕三頭筋

肩が鳴る=肩甲骨の動きがおかしい人は固まっていると思います。

安部塾のショートポールテクニックで解消できます。

表情筋まで緩めることができる上腕三頭筋のショートポールテクニック

あ、寝不足でやばいんだった。

寝なきゃw

2015年5月1日金曜日

優しくて穏やかな動きと、ゆっくりとしたリズミカルな呼吸。

昨日の指導者育成講座は、メディカルヨガの予習でした。

GW集中講座で使います。

メディカルヨガ

この本の99Pまでの内容は必読だと思います。

パトリシア・ウォルデン先生の流れを汲むだけあって、いろいろ考えさせられます。


60歳越えなんですよね~



活動初期の頃、強い影響を受けました。


本の内容に戻りましょう。

「日々の出会いに感謝し、変わり続ける今という瞬間を大切に過ごしていこうという意欲こそが毎日を元気に暮らして行くための処方箋だと思います。そのためのヨガであり、そのためのリラックスなのです。」


たしかに、そうだと思います。

ポーズを見せびらかしたい時点で、すでにヨガじゃないということです。

不安定な心を安定させる=本来の自分自身であることがヨガだと思います。

何かすごいことをやらないと自己肯定できないなんて、不健康ですよね。


できないポーズは、その人がやれる内容にアレンジするか、やらないのが正解。

指導者は、最適な効果が得られるように、導けばいいのです。


自分のポーズを見せびらかしたり、他人と比較したりしているのは不健康です。

自分の筋肉や関節を含めた『自分自身の内面』の感覚を研ぎ澄ましましょう。


動作は、優しくて平穏。

呼吸は、ゆっくりリズミカル。

僕が好きな指導者の方々の動作や呼吸は、みんなそうです。

優雅で美しいのが大好きなのです。



昨夜、ショートポールで筋ほぐしやりました。



僕にとっては、これもヨガなんですよね。

最近は、ヨガという言葉は使わなくなりましたけど(いろんな理由で)。


今日の指導者育成講座では、ストラップなどの道具の使い方を予習します。