2016年11月30日水曜日

12月4日(日)薬院校開校2周年記念集中講座の配布資料作成中

12/4(日)の、薬院校開校2周年記念集中講座の配布資料をつくっています。

12月4日薬院校集中講座配布資料


感情と筋肉・関節のつながりについて、脳機能を中心に解説します。

「考え方がゆがんでいるから痛みが強くなる」

その理由を、感情回路と記憶回路のメカニズムから語ります。

配布資料の枚数が、過去の講座中最大となります。


お楽しみに!!

2016年11月29日火曜日

感情と筋肉・関節のつながり~クリティカル・シンキング(問題を特定し最適解に辿り着く思考)

12月4日(日)の薬院校開校2周年記念集中講座12月11日(日)の下関集中講座で、感情と筋肉・関節のつながりのお話をします。

痛みと脳機能の説明などが中心となります。

そして、感情を安定させt、筋肉・関節の機能を改善し、痛みを消失させるために、

クリティカル・シンキングの解説をします。

あらゆる物事の問題を特定して、適切に分析することによって最適解に辿り着く。

そんな思考方法を学びます。


行動を改善するためには、頭を良くする必要があります。

認知の歪みを修正する必要があるのです。


認知心理学的に何がおかしいのか、徹底的に掘り下げる必要があります。


頭が悪いと身体が動かないし、身体が動かないと頭が悪くなります。

思考も感情も行動も、脳で制御していますからね。


では、クリティカル・シンキングとは、どんな考え方なのでしょうか?


クリティカル・シンキング

クリティカル・シンキング(英: critical thinking)とは、あらゆる物事の問題を特定して、適切に分析することによって最適解に辿り着くための思考方法である。

ただし、「批判」の定義については論者によって異なり、多くは単に批判的になるのではなく、自身の論理構成や内容について内省することを意味する。

「批判的思考」がどのような意味を持つかについては学者によって異なるが、たとえばD. F. Halpernは、「批判とはあら探しではなく、理想的には思考過程を改善するための情報の提供をも意味し、批判的思考とは、複雑な判断、分析、統合、また省察的な思考や自己モニタリングを含み、文脈に敏感な高次元の思考技能」としている。批判的思考の定義としては、望ましい結果を得る可能性を増大させるために認知的な技術や方略(方法)を用いることといった定義がある (D. F. Halpern)。
またLeftonは批判的思考を「証拠を評価し、選択肢を検討し、結果を査定し、結論が意味があるかを決定すること」からなりたっているとしたうえで、バイアスを避け、評価的になり (be evaluative)、過度の単純化を避け、事実の関連性を決定し、事実を疑い、すべての議論を考慮すべきであるとする。

道田泰司の定義では、
「批判的思考とは、批判的な態度・懐疑によって触発され、創造的思考や領域固有の知識にサポートされる論理的な合理的な思考である」となっている。また道田は「見かけに惑わされず、多面的にとらえて本質を見抜くこと」と平易な定義を述べてもいる。

批判的思考のガイドライン
Carole Wadeen:Carol_Tavris は、批判的思考のガイドラインを次のようにまとめた。
・問いをたてる。
・問題を定義する。
・根拠を検討する。
・バイアスや前提を分析する
・感情的な推論(「私がそう感じるから真実である」)を避ける。
・過度の単純化はしない。
・他の解釈を考慮する。
・不確実さに堪える。

またLeftonは次のようにまとめている。
・利用可能なもの、最初の思いついた答えに固執しない。
・あまりに早く一般化しない。
・楽な解決に固執しない。
・最初の答えに合致するような決定に固執しない。
・一部の利用可能なアイデアや前提の検討だけに終始しない。
・感情的にならない。
・もともともっている考えに固執せずに、オープンになること。

間違った議論を回避するためのクリティカル・シンキング
クリティカル・シンキングでは、間違った議論や推論、論理展開(「誤謬の議論」)をできるだけ回避する努力を常に持つべきであるとされる。

誤謬の議論の種類
「誤謬の議論」には、三段論法の間違いのような基本的な論理展開のミスから、はぐらかし術、先入観注入・感情論など多岐にわたる。分類によっては100以上を挙げるものもある。以下、誤謬の議論の種類をあげる。

論理的な間違い
論理的な間違いの種類としては以下の通り。
・誤った二分法。「白黒思考」(black-and-white thinking) ともいわれ、過度な単純化による二者択一は問題とされる。
・全称の誤用 (false universal): 例外を無視した一般化で「例外の撲滅」ともいわれる[5]。「誰もAを支持しない」の「誰も」は例外を無視している。
・合成の誤謬 (fallacy of composition):
「ある部分がXだから、全体もX」という議論。
・分割の誤謬 (fallacy of division)
「全体が X だから、ある部分も X」という議論。
三段論法の基本的な間違いとしては以下のものがある。
・媒名辞不周延の誤謬 (fallacy of the undistributed middle)
・後件肯定の誤謬 (affirming the consequent)
・前件否定の誤謬 (denying the antecedent)
・循環論法 (circular reasoning)、論点先取 (begging the question): 証明で真偽不明の前提を使ってしまう論理的誤りを論点先取といい、それが循環論法をひき起こす。
・未知論証(argument from ignorance, ラテン語でargumentum ad ignorantiam): 前提がこれまで偽と証明されていないことを根拠に真である、あるいは前提が真であるということが証明されていないので偽であると主張する誤謬。

帰納法関係の誤謬
・早まった一般化 (hasty generalization, jumping to conclusion): 世論調査など統計をもとに論じる場合、有意なだけのサンプル数が必要であるし、その場合でも、大体の割合しかつかめないため、全称命題的に結論を出すのは慎重を要する。
ステレオタイプ化 (stereotyping): 性差、人種、職業、出身地などステレオタイプによる決めつけ。
誤りのある標本 (false sampling)
観測結果の選り好み。検証バイアス、確証バイアスとも。

因果関係理解の誤り
因果関係の逆転
因果判断の誤謬 (false cause)
滑り坂論法 (slippery slope): ひとつの問題点を取り上げ、あたかもそれだけがどんどん事態を悪化させる絶対的な原因であるかのように強調する誤謬。

用語選択の誤り
充填された語 (loaded language): 論題に関して感情的な先入観を持たせようとして文の中に挿入した語句のことを指し、具体的には、議論の内容が客観的に十分に紹介・議論される前から、話者が自分の評価を盛り込むことで、最初から話に色をつけ、受け手に先入観を持たせようという議論で、ミスリーディングを導く。解決策としては、決めつけてきたことの理由や、前提と決めつけた結論とのつながりを問う、また客観的・非感情的・非評価的表現で訂正した言い方を示す、などがある。
多義語の誤謬 (equivocation) また媒名辞曖昧の誤謬 (fallacy of the ambiguous middle) などでは、語の定義が多義であることからくる混用などが、誤謬の起因とされる。
類比の誤り (false analogy)

論点のすり替え
論点ずらし、論点のすり替えには以下の種類がある。
・権威に訴える論証
・伝統に訴える論証:「前例がない」として却下することが常に行われると進歩がなくなる[5]。
・多数派論証(衆人に訴える論証) (appeal to bandwagon, appeal to popularity)
・人格攻撃論法(人身攻撃)
・状況に基づく対人攻撃論法 (ad hominem circumstantial)
・お前だって論法 (Tu quoque)
・多重質問の誤謬 (loaded question)
・わら人形論法(ストローマン, straw man)
このような誤謬を発する人には特定の人や立場に偏見を持って、話を聞こうとしない姿勢から誤謬が生じることが多い。誤謬を解消するには、「初めに敵ありき」的な議論をする人が、議論姿勢を改めるか、あるいは、敵対的な議論で議論を打ち切ろうとする人が公平な議論を阻害しているということを多くの人が納得するまで事態の推移を辛抱強く待つか、のどちらかが一般的な解決法である。

好意の原則
道田泰司は、批判的思考を行うためにもっとも重要なことに好意的な理解をあげる批判(吟味、省察)を行うには、まずはその対象や問題をきちんと理解していなければならない。十分な理解の努力なしに行われる批判は、たんなる誤解や、挙げ足取りや、本質的ではない議論にしかならない。言語学者が現地言語を理解する際のように最初から「相手がいっていることが正しくない」と想定してしまうと、相手を理解することもできず、また「相手のいっていることが正しくない」と結論することもできなくなってしまう。そのために、好意の原則(善意解釈の原理、principle of charity)が必要とされる。
この好意の原則を平易にいえば、ひとの発言を理解しようとするとき、そのひとの言っていることを基本的に正しいとすることである(富田恭彦)。批判的思考を行うためには相手のいうことを正しいとみなしたうえで、さらにつじつまが合うように解釈しなければならない(野矢茂樹)。これは「共感的理解の原則」ともいわれ、相手を批判する前に自分の理解そのものを批判の対象とすることである。

暗黙の前提を明らかにする
形式論理学を日常的な推論に適用する非形式論理学 (informal logic) においては、隠れた前提や、それに由来する誤謬推論を明らかにすることで、議論の強さ弱さが評価される。そのような暗黙の前提を明らかにすることも批判的思考の思考技能のひとつである。
たとえば「女の子だから、はしたないことをしてはいけない」という主張には、女性を特別扱いしようとする偏見が隠されている。省略された前提を明確にすることで、自分が無意識に信じている偏見や独断を自覚することが可能となる。また、暗黙の前提を検討することで、相手の偏見や独断を明らかにすることも可能となる。相手の暗黙の前提が明らかになるとともに、自分の暗黙の前提との違いが明らかになるという比較の作業においては、「自分にとって都合のいい前提を、相手にとって都合のいい、相手に好意的な前提におきかえること」が重要なことであり、これが好意の原則に基づく理解といえる。
理解と批判の往復運動によって、理解はさらに深まり、疑問をもつことによって理解が深まる。「理解のための批判」ではなく、理解を目的としない「批判のための批判」しかない場合には、対立しか生まれない。また賛同するだけでそこに批判が介在しなければ、馴れ合いになる、とされる。

引用ここまで


身近に具合が悪い人がいたら、少し観察してみてください。

クリティカル・シンキングの逆をいっていると思います。

赤字の解説通りに論理が破綻していて、身体だけでなく人間関係も破綻しているはずです。

自分の理解そのものをクリティカルに考えることができないと、破綻するしかありませんから。


これから、わかりやすい内容になるように、配布資料をつくります。

参加した人の人生が最適解になるように!!

2016年11月28日月曜日

「イライラしているときの思考と決断は、全部間違っている。」 例外はない。全部だ。




僕はよく、

「身体の調子が悪いときに思いつくことなんて、根本から全部間違ってますよw」

「モテないときに思いつくことなんて、ゼロから間違ってますよw」

とか、よく言ってます。


いつも思うのです。


自分の筋肉すらコントロールできない程度の脳で思いつけることなんて……(笑)。

足の母趾(ゆび)すらまともに接地できない程度の脳で感じれることなんて……(激笑)。

視機能訓練の課題すら満足にこなせない程度の脳で考えつくことなんて……(超笑) 。

不安な時に浮かんでくる考えなんて……(怖)。


考える能力=脳の性能。


そう。


考える能力=脳の性能


大切なことなので、2回書きました。


で、僕もこう思います。


「イライラしているときの思考と決断は、全部間違っている。」

例外はない。全部だ。

ほんとにね。


「イライラしているときの思考と決断は、全部間違っている。」

例外はない。全部だ。




物事は、脳の性能を向上させてから、落ち着いて考えたいものです。

2016年11月25日金曜日

発している言葉と、目に見えていることと、内に秘めている感情は違うことがある

建速須佐之男命、高志之八俣遠呂智退治給う。

感情は、言葉や見た目を通して伝わるわけではない。

言葉や見た目以上のことを読み取れる人にしか、感情は伝わらない。

目で見ることはできず、耳で聞くこともできない。

ただひとつ、心だけで感じ取ることができる。


人が人をほんとに好きになるとはどういうことか?

自分の感情を、人一倍敏感に感じ取ってくれる人のことを、人は愛してしまう。

そういう風に、プログラムされているから。

他の誰とも違う、自分の感情を瞬時に理解してくれる人に、心惹かれるのだ。


それが、人という生命体。


今日からの東京講座で、感情と筋肉の関係について語ろうと思う。

2016年11月24日木曜日

11月26日(土)東京集中講座の会場が変更になりました。

急遽、11月26日(土)の東京集中講座の会場が変更になりました。

急ですが週末の集中講座のスケジュールを変更しました!
塾生講座も増やします。
土曜日も来れたらいらしてください。
(五反田枠は中止→二子玉開催です)
【日時】
■11月26日(土)
【変更点】
【新】14:00~16:00 安部塾講座
【新】16:00~18:30 安部塾講座
・2コマ参加 塾生7000円 / 一般8000円
※1コマ参加は4000円
◆11月26日(土) 19:00~21:00 
【特別開催】塾長レッスン
【参加費】120分 4,000円

◆11月27日(日)10:00~17:00 【集中講座】
10:00~12:00 
12:00~13:00 お昼休み
13:00~15:00 
15:00~17:00

◆11月27日(日) 
17:30~18:50 【塾長レッスンⅠ】
19:00~20:20 【塾長レッスン Ⅱ】
【集中講座参加費】
・1日間のみ参加  塾生 7,000円 / 一般10,000円
・2日間通し参加  塾生12,000円 / 一般18,000円
※1コマ参加は4000円

11月25・26日(土・日)の東京講座と12月22・24日の関西講座のご案内。

告知です。明日から東京です。

東京

■BMS R-Lab 東京(五反田)

→ 【ケガや故障をしない身体の使い方を学ぶ】

11月25日(金)19:30~21:30  


■Studio∞IBUKI(二子玉川)

→ テーマ【屈曲・伸展・閉鎖・開放の動き】

【新】◆11月26日(土)10:00~17:00 【集中講座】
10:00~13:00 
13:00~14:00 お昼休み
14:00~17:00
【新】★11月26日(土) 17:30~19:00塾生講座
◆11月26日(土) 19:00~21:00 
【特別開催】塾長レッスン
【参加費】120分 4,000円
◆11月27日(日)10:00~17:00 【集中講座】
10:00~12:00 
12:00~13:00 お昼休み
13:00~15:00 
15:00~17:00
◆11月27日(日) 
17:30~18:50 【塾長レッスンⅠ】
19:00~20:20 【塾長レッスン Ⅱ】
【集中講座参加費】
・1日間のみ参加  塾生 7,000円 / 一般10,000円
・2日間通し参加  塾生12,000円 / 一般18,000円
※1コマ参加は4000円

そして、クリスマスイブは関西です(笑)。

関西

■新大阪集中講座

→ 【プールスティック・ボディトリートメント講座】 

12月22日(木)10:00~16:30

■神戸集中講座

→ 【ソフトタッチ・ボディトリートメント講座】

12月24日(土)10:00~16:30



御参加、お待ちしております。


薬院校集中講座

2016年11月23日水曜日

話を聞かせて欲しいと思っていたら、重宝されないわけがない~愚癡=真理に対する無知の心

今日は、舞さんのおうちでの食事会に参加させていただきました。

文理さんのつくる料理は神懸っておりました。

いやほんと、料理は愛と科学の融合による魔法ですね。

どちらが欠けても成立しません。





他の参加者たちとお話していて思いました。

話を聞かせて欲しいと願うと道が拓けるんだなと。


「あなたの話を聞かせて欲しい」

何の話かは大きな問題ではありません。

話を聞いているときも、話を折ったりしない。

すべてを包み込むような聞く姿勢を保つ。


それだけで、いきなり道が拓けます。


自分が正しいという思いが強いと、これができません。

結果、道が閉ざされます。

「私のことをわかって欲しい」

そう思えば思うほどに、八方塞がりとなります。


三毒より逃れるためには、多聞か基本です。

三毒


三毒より

貪(とん)

貪欲(とんよく)ともいう。むさぼり(必要以上に)求める心。一般的な用語では「欲」・「ものおしみ」・「むさぼり」と表現する。

瞋(じん)

瞋恚(しんに)ともいう。怒りの心。「いかり」・「にくい」と表現する。

癡(ち)

愚癡(ぐち)ともいう。真理に対する無知の心。「おろか」と表現する。





2016年11月22日火曜日

明日(11月23日・水)の薬院校集中講座姿勢と動きの基本原理『屈曲・伸展・閉鎖・開放の連鎖』の配布資料

明日(11月23日・水)は、姿勢と動きの基本原理『屈曲・伸展・閉鎖・開放の連鎖』をやります。

→ 詳細

配布資料は、こんな感じ。


11月23日(水)薬院校集中講座配布資料

これが理解できていると、姿勢や動きの理解が深まります。

前回よりも、筋肉との関係を詳しく解説します。


あと数名空きがあります。

参加できそうな方は、メッセージください。

2016年11月21日月曜日

1月7・8日 おぜっきー☆ハラ生き道セミナー下関UZUハウスの御案内!

われらがおぜっきーが、下関にやってきます!!

UZUハウスで、おぜっきーと僕が一緒。

参加しないという選択はありません(笑)。

楽しみに、お待ちしております。

尾関直人先生(おぜっきー)

今回のイベントプロデューサーは、塾生の新田奈見子です。


かっけー(笑)。


御案内はこちら → おぜっきー☆ハラ生き道セミナーの御案内

申し込み完了(入金済み)の方からの先着順となります。


僕は、7日夜に、龍舞演舞と龍舞講座やります。

御案内はこちら → UZUハウス☆龍舞講座

赤間神宮に奉納させていただく気持ちで舞います。

みなさんも一緒に舞いましょう。


お待ちしております。


あ、下関の元塾生、澄田さんも舞います!!

沈む→引き揚げの覚悟は決まったそうなので、本気の舞が観れます。

東京のアメノウズメも舞います。

伝説の神具とともに。

東京 ROKU

水晶珠を人数分用意するのが目標というね(笑)。

壮観だろうなw

2016年11月20日日曜日

迷信や神話の犠牲者、クワッカリー(健康詐欺・インチキ療法)の被害者、ドクターショッピングを繰り返す腰痛難民をひとりでも減らすっ!!

真夜中、FBに、こんな投稿がw

長谷川先生と某塾生

「自ら考え、自ら行動する」

安部塾イズムに溢れた某塾生w



これまでの古典的な「生物学的(物理的・構造的)損傷」という機械的な原因論から脱却し、さまざまな要因によって生じる「生物・心理・社会的疼痛症候群」として腰痛を治療するようになったのです。これがいわゆる腰痛概念の劇的な転換です。

こうした世界的潮流を受けたTMSジャパンは、ニューヨーク大学医学部のジョン・E・サーノ教授が発表したTMS(Tension Myositis Syndrome:緊張性筋炎症候群)理論を出発点に、腰痛にまつわる迷信や神話の犠牲者、クワッカリー(健康詐欺・インチキ療法)の被害者、ドクターショッピングを繰り返す腰痛難民をひとりでも減らすため、 世界各国が発表している「腰痛診療ガイドライン」の勧告に則した、腰痛の原因と治療に関する根拠に基づく情報を提供しています。

それが腰痛人口の減少、医療費の削減、ひいては国民の利益につながると考えるからです。

TMSジャパンHPより

引用ここまで


長谷川先生にお会いしてみたい方は、

TMSジャパンメソッド2017のご案内 から申し込みしてくださいね。

2016年11月19日土曜日

輪切りプールスティックの効果スゲー(笑)

今日、神戸で集中講座だった。

イボイボボールと輪切りプールスティックの使い方を伝授した。

正しく理解して使うと、驚異的な効果をあげることができる。

見た目だけ真似しても効果がない。

見た目だけ真似する人たちは、すぐにやめてしまう。

結果、まともな人たちだけが、技術を伝承してくれる。

固有受容器の機能を理解できていないと真似できない。

真似できれば、身体反応が確実に良くなる。

来月の大阪で、アップデート版の輪切りプールスティック・テクニックを伝授する。

参加しない理由が見つからない(笑)。

というか、来月の関西は3日連続となる。

楽しみでならない。

2016年11月18日金曜日

福岡でもお腹引き締めやりました。縁がある人とは別れてもつながるので、一気に別れたほうがいい。

今日のレッスン・塾生講座は、お腹引き締め祭り(笑)。

新大阪のお嬢に白目を剥かせたテクニックをやりました。


ヨガマスター・ナベヤマの展示w

左側屈+右回旋によるお腹の引き締め(座位)展示

断言できますが、適当に体をねじると壊れます。

構造を理解してねじると、お腹が美しくなります。



さて、「縁がある人とは別れてもつながるので、一気に別れたほうがいい」というお話。

第2回 不倫相手と別れられないときは縁がある人とは別れてもつながるので、一気に別れたほうがいい ワタナベ 薫

決意をしたら、少しずつ離れようなどと思ってはなりません。一気にお別れしましょう。

縁がつながる人とは別れてもつながる、ということなのです。

ポイントは、しっかり別れるということ。その後は前を向いて生きるということです。

その関係を続けるにしても終わらせるにしても、一度決意したら腹をくくり、前に進んでいきましょう。人生、何を決定したとしても、何を選択したとしても、いいことも悪いことも五分五分で起きるのですから。ならば、自分の決定に責任を持ちつつも、今後の人生、「いいこと」のほうに注目して楽しく前向きに生きていきましょう。

第1回 彼氏に別れを切り出されたときは誰かとの別れは、次のステージへ進むための卒業証書 ワタナベ 薫

常に成長している人には、友人関係の総入れ替え、なんてことがときどき起きます。どんなに仲がよかった人とも、縁が切れるときがあるのです。

「必然の出会い」といわれるように、出会いに関しては一般的に割とポジティブな意味となることが多いですが、別れも同じことがいえます。出会いが必然であるように、別れもやはり必然なのです。

 悲しい別れ、たとえば、フラれた、失恋とか離婚、という場合であっても、それを受け入れたときが、自分にとってステージが上がった瞬間といえます。なぜなら、それは、

 その相手との学びが終わった瞬間だから、です。

 流れで縁が切れそうなとき、また自分と相手の間での違和感が大きくなって離れようと思っているけれど「ご縁は大切に」という言葉が引っかかってなかなか離れる決断ができないとき。もしくは、逆に、別れたくないのに、相手から別れたいといわれて、別れる方向に進んでいる場合……。どうしたらいいか、悩んでいる人は多いことでしょう。そんなときは、一度流れに身を任せてみることです。

流れというのは上から下に流れるように、勝手に力を抜いたほうに動いていくものなのです。ですから、一番自然な形は、執着をせずにその流れに身を委ねてみることです。
「いや、離れまい!」と力を入れて踏ん張ったり「別れたくない!」と相手にすがったり、あなた自身が意地になって抵抗するより、ご縁が切れそうなときは、流れに身を任せたほうがうまくいく、ということ。

別れというのは、実はとてもポジティブなこと。それがわかると、人間関係が楽になります。失恋で別れが来たとしても、彼との関係で成長した点は何だろう? とか、人生の中で重要な学びを得たとしたら何だろうか? と考えてみるのです。
 そうすると、つらい別れであっても成長だと思えるようになります。誰かとの別れは、次のステージへ行くための、卒業証書というわけです。そして、新たに運命の人と出会って、また卒業するまでの学びが始まります。

対人運が下がるときというのは、無理やり付き合っている感、満載のとき。自分が執着してそれを手放そうとしないとき、対人運はどんどん下がっていきます。

別れというのは、ただお互いの波長が違ってきただけのこと。それはどちらかが成長を遂げて、次なるステージに行こうとしている証なのです。どっちが上でも下でもなく、どっちが幸せでどっちがみじめでもないのです。
 ただ、捨てられた、と悲劇のヒロインになるならそのみじめさは自分を襲うことになります。そんな風に思って残りの人生を歩むなんてもったいない。相手と縁が切れたというのは、あなたの人生にとって必要のない人、という意味なのですから。

人は当然、変化する生き物です。その変化はいい変化であったり、そうではない場合もあります。関係性に違和感を覚えて一緒にいて心地よくない場合は、どんなにそこに踏みとどまろうとしても、いずれ別れが来ます。波長が違う者同士、一緒にい続けることはかなり無理があるのです。

 無理がある、というのは、気分も下がりますし、健康にも美容にもよくありません。ですから、「その人と一緒にいて本当に心地よいのか? 本当に? 本当は? ぶっちゃけどう?」と自問自答してみてください。頭で考えるのではなく、心の声を聞くのです。さあ、答えはいかがでしょうか?
  
 お互いの関係性において、自分は心地よくて相手が心地が悪い場合はどうしましょう。その場合、相手の心地悪さのバイブレーションが自分に伝わってきて、いずれ自分も心地が悪くなります。ですから、結局それも別れることになるのです。どちらかが、相手のバイブレーションに無理なく楽しく合わせられれば別ですが、自分を殺してまで合わせる必要があるでしょうか? 自分の人生なのに……。

「ご縁は大切にするもの」。この意味は、関係性のあるときに、相手に敬意を払い、感謝して、私利私慾なしに相手との関係を大切にしていくことなのです。ご縁は自分から切ってはいけない、という方もいますが、波長や生きるステージが変われば、自分から離れることもあるものです。

 自分の人生は、付き合う人によって大きな違いが出ます。付き合う人は、多大な影響をあなたに及ぼします。法則は、いつも変わらず「付き合う人と同じ人になる」というものなのです。

引用ここまで


薫さんすげー。

最近思ってたことが、全部、書いてありました。



人は、付き合う人たちと似てきます。

なので、誰と付き合うかって、真剣に考えた方がいいと思います。

成長をはじめると、付き合う人たちが入れ替わります。

流れに身をゆだねて、切れる縁は切ってしまった方が自然です。

2016年11月17日木曜日

孤独と体調不良~自意識過剰と承認欲求と自己顕示欲と

『エゴ(我執)の声』というものがある。

恐れと分離状態をつくろうとする、自分を守ろうとする自己防衛の声だ。

エゴ(我執)の声に従って生きていると、孤独になる。

ネガティブ(否定的)でダークサイド(暗黒面)だから。


自信がない人は、自意識過剰になる。

自意識過剰になると、承認欲求が強くなる。

承認欲求が強くなると、自己顕示欲が強くなる。

そんな人は嫌われるので孤独になる。


孤独になる。


大切なことなので、2回書いた。


自己顕示欲が強くなると、同じように自己顕示欲が強い人たちとつながる。

同気相求む・類は友を呼ぶから。

結果、つるんでいるのに孤独という状態に陥る。

だから、古代より賢者たちは「自己顕示欲を抑えよ」と教示してくれている。


ダークサイドに堕ちている人は、上から目線だ。

自意識過剰は、不安と恐怖の裏返しである。

自信のなさが逆に、「自分は特別である」という傲慢な心理状態を生み出す。

他人に対する言葉や態度が横柄になるのだ。


他人より自分を優位な位置に置こうとする。

他人との差別化を図ろうとする。

他人と、良好な関係を築くことができない。

他人と、コミュニケーションがとることができない。


忘れてはいけないことがひとつある。

『自意識過剰な人と、深いかかわりを持ちたい人はいない』ということ。

少なくとも、平和な日々を望む人は、自意識過剰な人を避ける。

自己顕示すればするほど孤独になる理由だ。


付き合うとめんどくさくなりそうな人と付き合いたがる人なんていないのだ。


言うまでもなく、孤独は体調不良の最大要因となる。

この理由で、自意識過剰だと体調が悪くなる。


大切なことは、自分の自信のなさを認めること。

不安と恐怖~恐れと分離状態をつくろうとするエゴの声に従わないこと。

謙虚であること(卑屈ではない~卑屈は傲慢さの裏返し)。

自己顕示に走らない=奇抜なことをしないこと。


エゴ(我執)の声に従うのをやめれば、その瞬間に、体調が良くなる。

孤独でなくなれば、さらに良くなる。

いつも書いているが、人間関係の改善と身体機能の改善は同時に起きる。

感情の解放と筋肉・関節の解放が同時に起きるように。


いなばのしろうさぎ

続きは、23日に舞さん宅で、文理さんの料理をいただきながら話そうと思う。

出雲で語らなかった、おおくにぬしのみことの話とともに。

筋肉には否定的感情が封印される。脳は痛みを記憶する。

このテーマの記事を書くの、何回目だろう。

いまでは、感情と筋肉と脳の関係は、よく知られるようになった。

否定的感情が封印されている筋肉に触れると、脳が記憶している痛みを再生する。

手技療法でいう圧痛点やトリガーポイントも、否定的感情の封印が原因であることがある。

筋肉を軽く押しただけて痛みを感じる。

その場所には、未完の行為=決着がついていない感情が封印されている。

ただ筋肉を押しても、何も解決しない。

終わらないイタチごっこが始まるだけだ。

痛みをきっかけに、自分が封印している感情を自覚すること。

そして、未完の行為を完結させること。

そうしない限り、痛みは消えない。

壊れた脳機能の修復には、時間とコストがかかる。

思いやりの心に溢れるマスターも必要になる。

いちばんのネックは、自己承認欲求が強すぎて、いま愛情を注いでくれる人たちの好意をないがしろにしてしまうこと。

そうして、自律的自己修復の機会を失う。

普通の人は、脳の仕組みなんて知らない。

ネガティブでダークサイドな人だと思われ、避けられ、距離を置かれるだけ。

誰とも親密な関係を築けないまま、人生が終わる。

そして、恐ろしいことに、そこで生れた否定的感情が筋肉に封印される。

雪だるま式に。

安部塾では、楽しい雑談を重視する。

極論、ひとりで身体を動かすことを否定する。

身体は、コミュニケーションのツールとして使うのが合理的だ。

コミュニケーション機能が破綻している人は、乱暴に身体を動かす。

当然のことだが、自分の身体すら大切にできない人間に、他人を大切にすることなどできない。

自分を愛せなければ、他人を愛せないのだ。

楽しい雑談に価値を見いだせない時点で詰んでいる。

12月4日の薬院校開校2周年記念集中講座で、詳しく解説したい。

2016年11月16日水曜日

僕たちの仕事は、相手の成長を援助することであって、相手を変えることではない。

出雲の旅の途中、ふと思った。

「継続して塾通いしてる塾生は、ほんとに成長した!!」

ふとした瞬間、そう感じることがたくさんあった。

ハコフグと出雲大社 


成長とは、どういうことか?


自分の人生に対する責任感を身につけること。

周りの人たちからの信頼を得ること。

責任のある仕事をまかされること。

世の中に貢献すること。


他人のせいにしたり、言い訳したりとは、対極の方向性(ベクトル)。

つまりは、マイナス成長。

成長の反対は、「幼児化」と「老化」。

「停滞」と「衰退」……そして、孤独。




「論語」里仁

徳(とく)は孤(こ)ならず必ず隣(となり)あり

徳のある者は孤立することがなく、理解し助力する人が必ず現れる。


素読あるのみ。


僕たちの仕事は、相手の成長を援助すること。

断じて、相手を変えることではない。


それを、忘れてはならない。


そして、その方法は、『自らの徳を養うこと』『素直な心をもつこと』。


人間として一番尊いものは徳である――松下幸之助のことば〈82〉

“実力のある、徳をそなえた人に対しては、何か困ったことがあれば、一つあの人の意見をきいてみようということで、相談にくる人も少なくないと思います”。

これはつまり、困ったときに自然と相談にいきたくなる人が徳のある人である、ということでしょう。直観的かつ体験的に頷ける指摘ではないでしょうか。そしてそのように具体的に考えてみると、さまざまな答えがでてきそうです。

どの人にも真摯に向きあう人。信頼され、その信頼に応える力のある人。他人に誠をつくす人間力を備えている人……。

引用ここまで


承認欲求を満たさんがための自己アピールなんかしていても、徳は養えない。

支配・操作しようと躍起になるのは、むしろ悪徳。

課題を分離し、あくまで対等の立場で、社会に貢献していく。

それが基本。


時間をつくって通ってくる塾生たちの成長を、全力で援助したい。

せっかく親身になろうとしている人の気持ちを踏みにじる不満脳が生み出す孤独と体調不良

出雲大社 八百万の神


出雲結縁旅の反省会で、舞さんと話した内容そのまんまの記事を見つけました。


いつも不平、不満ばかりを口にする人は自ら健康を害している(ニューヨーク研究者)より

不安が増す

「自分の考えに憑りつかれ、常に不安に苛まれている人は、心も体も同じように不安の代償にさらされている状態。不安はノルエピネフリンというストレスホルモンを爆発的に増大させる」とザルツは言う。

 ノルエピネフリンは、ひどいパニック状態の闘争・逃走感情の原因の一部とされていて、血圧や血糖値を上昇させる。これは次々にコルチゾールを放出して、この量が多すぎると体重増加、免疫機能の低下、心血管の疾患などの問題を引き起こす。ストレスはすべての共通要素で、痛みや苦しみ、胃腸障害を率い起こす。

孤独になる

しょっちゅう悲観的なことばかり言う人のそばには、誰も寄りつかなくなる。

あなたのぼやきのはけ口にされている人は、せっかく親身になろうとしているのに、あなたのネガティブな影響、ダークサイドに引き込まれてはかなわないと感じるのかもしれない。

 これでは友人たちが離れていってしまい、人間関係は破綻してあなたはどんどん孤独になっていく。

 この孤独という見えない流行り病は、今や6000万人のアメリカ人をむしばんでいるといわれる。孤独や疎外感を感じると、ストレスに関係するコルチゾールが繰り返し放出され、認識低下が加速し、死の危険すら増える。

 不平があまりに多いと、生活の中でもっともストレスの多いもののひとつである仕事に支障が出るし、ますます孤立化する可能性がある。
同僚に自分の心の内をあまりにさらけ出しすぎると、却って迷惑に思われるかもしれない。
実際よりも能力が低いと評価されてしまうかもしれない。

引用ここまで。


悪縁を切るとは、不平不満ばかり言うのをやめるということ。

良縁を結ぶとは、満足すること=足るを知ること。


結縁の旅を終えて、そんなことを感じています。


現在の自分の人間関係には、現在の自分の課題の分離度が反映されています。

課題の分離ができず、お互いの問題に介入し合っていれば、人間関係は破綻しています。

もちろん、一方的に相手の問題に介入している場合も、破綻しています。

お互いの課題を分離し、それぞれが自分の課題に取り組んでいれば、人間関係は安泰です。


不満脳は、課題の分離ができません。

満足脳は、課題の分離ができます。


自分でコントロールできることが、自分の課題。

相手にしかコントロールできないことが、相手の課題。


誰の課題かを見分ける方法はシンプルです。「その選択によってもたらされる結末を最終的に引き受けるのは誰か?」を考えてください。

岸見一郎・古賀史健(2014). 「第三夜 他者の課題を切り捨てる」 『嫌われる勇気』 141pp. ダイヤモンド社


アドラー先生の言う通り、承認欲求を満たそうとする生き方は不自由です。

他者の課題を切り捨て、自分の課題に取り組む生き方は自由です。


そう。


悪縁切りとは、他者の課題を切り捨てること。

良縁結びとは、自分の課題に取り組むこと。


そんな当たり前のことを再確認させられた旅でした。


不満脳は、自らの心身を壊すだけにとどまりません。

周りの人たちに否定的な影響を与え、暗黒面に引きずりこもうとします。

ネガティブ&ダークサイド……

まともな人たちは、みんな離れていってしまいます。


今回の旅で僕が学んだこと。

それは、「親身になろうとしてくれる人に、心の底から感謝することの大切さ」です。


それが、満足脳で生きていく基本なのだと理解できました。


この気づきは、近いうちに集中講座でお伝えしたいと思います。

明日の新大阪『お腹引き締め講座』の配布資料作成中w

明日17日(木)は、新大阪でお腹引き締め講座。

こんな感じの配布資料をつくっている。

新大阪 お腹引き締め講座 配布資料


僕の指導に忠実な人と、忠実でない人は、お腹のカタチでわかる。

活動開始以来変わらない、一貫した考え。


「身体が正しく使えていれば、お腹は美しい」


お腹を美しくするための特別な方法なんてない。

脳機能が正常なら、お腹は美しいものなのだ。


同時に、お腹は身体の中心である。

胸椎12番を観察してみればわかる。

上部構造は胸椎・下部構造は腰椎。

上半身と下半身の境目は胸椎12番=みぞおちなのだ。


胸椎12番の機能を理解することで、正しく身体を動かすことができる。

そうすれば、自ずからお腹は美しく引き締る。


2年前の安部塾薬院校開校当時、みぞおちの話ばかりしていた。

1周まわって、またはじめから語りたい。

2016年11月15日火曜日

「誰かケガしなかった?」 ~思いやりの心が持てていれば、孤立することはない。

長崎孔子廟の旅と出雲の旅で、それぞれ器物を損壊してしまいました。

報告すると、

「お怪我をされた方はおられませんか?」

と、対応していただきました。

その瞬間、論語 郷党第十を思い出しました。

廐焚、子退朝、曰、傷人乎、不問馬、

廐(うまや)焚(や)けたり、子、朝より退きて曰わく、人を傷(そこな)えりや。馬を問わず。

先生の家の厩が焼けた。先生は朝廷から帰ってきてからおっしゃった。

「誰かケガしなかった?」

馬のことはお尋ねにならなかった。

「思いやり」

ふたつの旅の、僕のテーマだったのだと思いました。

そして、この一節。

子曰、徳不孤、必有隣、

子の曰わく、
徳は孤ならず、必ず隣あり。

先生がおっしゃった。

「よい行いをしていれば、孤立することはないよ。必ず理解者があらわれるものだよ♥」

この言葉も、ふたつの旅のテーマだったと感じています。

それぞれの旅を振り返り、参加した人たちの幸福そうな様子を見ながら、

「上から目線で偉そうなことを言ってたら、こんな顔はしてくれないよな」

そう、実感しています。

出雲の旅のお世話をしてくれた舞さんの表情が、時間と共によくなっていきました。

「大切な人たちとの大切な時間だから」

そう、彼女は言いました。

他人を操作しようという気持ちなど微塵もない、ただ、大切にしたいという気持ちだけが伝わってきました。

そして、解散のとき、何人もの人たちが別れを惜しんで泣きました。

上辺だけの企画を立てなくて良かったと、心から思いました。

出雲の旅の案内で、

「一生の思い出になる旅にします」

僕は、そう宣誓しました。

宣言ではありません。

そして、ほんとにそうなりました。

振り返って、涙が溢れてこないような時間に、何の価値があるでしょう?

舞さんと反省会をしながら、心から感謝しました。

「安部塾を信じて、ついてきてくれてありがとう❤」

安部塾に卒業はありません。

中退するのは自由です。

決して、引き留めません。

ついてきてくれる塾生たちに全力を注ぎます。

決意を新たにした旅でした。











2016年11月14日月曜日

「思考改善訓練をする気がないなら、安部塾なんて来なくていいですから」という舞さんの意見w ~「自分の愚かさに気づけば、悪縁は切れる!」

出雲大社 出雲結縁旅w
---------------------------------------------------------------

突然ですが、今日の午後、薬院校を開けます。

2016/09/14 予定
14:30~ 塾生講座(出雲結縁旅の報告・天然石を使った感覚改善訓練)

18:00~ グループレッスン(内容=参加者リクエスト)

19:30~ グループレッスン(内容=参加者リクエスト)

-----------------------------------------------------------------


安部塾では、「バカだからうまくいかないだけ」ということに気づいてもらいます。

まわりからの愛情を素直に受け取らないからうまくいかない。

そんな人は、『莫迦(ばか)=愚か』です。

賢くなるには、「文行忠信」です(出雲結縁旅参加者には解説済w)。


拗ねたり、怒ったり、泣いたりして、相手を操作しようとする。

そんな愚かなことをやめる『思考改善訓練』が必要です。


感情を利用して、相手を思い通りに動かそうとする。

莫迦(ばか)の極みです。


ちなみに、莫迦(ばか)について。

莫迦とは - はてなキーワード - はてなダイアリー

愚かなこと。馬鹿(バカ)と同義。昔は僧侶の隠語だったらしい。

語源に定説はないが、中国で仏典を漢訳する際に、無知や迷妄を意味するサンスクリット語の【moha】(モーハ)を音写して創られた語ではないかという説がある。また、「史記(秦始皇本紀)」の故事「鹿をさして馬と為す」に由来するという俗説が知られているが、鹿を「か」と読むのが大和言葉であることなどから、「馬鹿」は後に日本で創られた当て字と考えられている。

引用ココマデ


文=学問することの大切さ

行=実行することの大切さ

忠=誠実な心をもつことの大切さ

信=約束したことは必ず守ることの大切さ


少し考えてみましょう。


謙虚に学ばない人が、うまくいくでしょうか?

宣言ばかりして実行しない人が、うまくいくでしょうか?

裏切ってばかりいる人が、うまくいくでしょうか?

約束を反故にしてばかりの人が、うまくいくでしょうか?


うまくいくはずがありません。


わかりやすく説明すると、こうなります。


何もわかっていないことがわかっていない。

宣言したことすら忘れ、実行することなく、次々に宣言する。

値切る(相手の価値をディスカウントする)。

自己都合でキャンセルする。


そんな風に、まわりの愛情に感謝せずにエゴを押し通していたら詰みます。


昨夜、出雲旅の世話をしてくれた舞さんと反省会をしました。

「思考改善訓練をする気がないのなら、安部塾なんて来る意味がない」

そんなお話をしてくれました。

安部塾は一応『学校』なので、ほんとそうだなって思いました。


「内容を見てから、参加するかどうか考える」とか、

「参加費を見てから、参加するかどうか考える」とか、

そんな次元の気持ちで、参加するかどうか思案する。

ほんとは、そんな人ほど『思考改善訓練』が必要なのです。


薬院校を開校して2年。

ひとつだけ確信できたことがあります。

「継続して学んだ人は、ほんとうの笑顔になれる」

破滅・破綻脳=不平不満脳を、発展・成長脳に変えれた結果です。


出雲結縁旅

で、舞さんの言う通り、僕もこう思います。

「考えを改める気がないなら、来なくていいw」

だって、めんどくさいし、鬱陶しいんだもん。


先人たちが積み重ねてきてくれた知恵を伝えること。

僕たちの活動内容は、それ以上でも以下でもありません。

自分の浅知恵を貫きたいなら、そうすればいいです。

愚かさが何をもたらすか、身をもってわかるだけですから。


初日・二日目とやらかして、三日目に気がつきました。

「自分の愚かさに気づけば、悪縁は切れる!」

顔と財布は傷めたけれど、それ以上の気づきを得ました。

今後は、「考えを改める気がない人」なんて知りませんw


いや~

出雲・奥出雲、楽しかったな~

本当の笑顔=笑顔は表情筋の訓練でつくるものではありませんw

出雲・奥出雲から戻りました。

みんな、よく笑い、よく泣きました(感激でw)。

日御碕

日御碕

日御碕

日御碕

日御碕

龍頭ケ滝(雄滝)

いつも書いていますが、笑顔は『心の底から楽しいから』こそ、自然にこぼれるものです。

決して、表情筋を訓練してつくるものではありません。


今回の出雲の出雲の旅は、みんなの一生の思い出となったと思います。

何もかもが完璧でした。

2016年11月10日木曜日

僕と一緒に、長谷川先生のTMSジャパン・メソッド2017(2016年11月アップグレード)を受講しませんか? 1月15日(日)です。

長谷川先生=大佐が、福岡に来られます。

申し込みと入金を済ませたら、こんなメールをいただきました。


「この際ですから、全生徒さんにお声をかけていただけますと幸甚でございます」


ええ、もちろんですとも(笑)。

大佐の「腰痛は怒りである」と「サーノ博士の、ヒーリング・バックペイン」に出会わなかったら、今の僕はありませんから。

腰痛は怒りである サーノ博士のヒーリング・バックペイン


「TMS理論」の登場である。TMSとは「Tension Myositis Syndrome」(緊張性筋炎症候群)の略称で、ニューヨーク大学医学部のジョン・サーノ教授が発見した、肩こり・腰痛などの筋骨格系疾患を、心理的緊張を解くことによって治療しようという方法だ。

痛みと心の状態の間には、実は密接な関係がある。人間の体にはストレスや不快な感情を抑制しようとする「防衛機制」という働きがある。心の安定を保ち、精神的破局を避けるための意識的・無意識的な働き、心の安全装置だ。この防衛機制が、意識を他に向けさせるため、痛みを作り出すのである。不安、心配、恐怖、悲しみ、抑うつ、後悔、自責の念、罪悪感、なかでも「怒り」は無意識のうちに抑圧されてしまうことが多い。なぜなら怒りは社会的に敵視された感情だからだ。怒るからには原因がある。けれど、怒りを見せて、良いことがあるだろうか。怒ってばかりいる人の社会的評価はたいてい低い。

さて、腰痛が起きたらどうするか?痛みはこの際、無視。心の中の怒りを探し出すことだ。最近のできごとを振り返り、職場か家庭でストレスになったことはないか、緊張したことはないか、腹を立てたことはないかをじっくり考えてみよう。怒りを自覚さえできれば、痛みの出番はもうない。

・・・・・・すごいでしょ?

安部塾マジックの源流のひとつだったります。

受講しない理由が見つかりません(マジで)。



そんなわけ御案内です。

TMSジャパン・メソッド 2017(2016年11月アップグレード)


■第175回 (福岡:先着46名) 受付中 

【対 象】

腰痛・下肢痛患者ならびに医療関係者

【日 時】

2017年1月15日(日) 13:30~18:00

【会 場】

 福岡県福岡市博多区博多駅前3-25-24 八百治ビル
エイムアテイン 5F 会議室5E(JR博多駅博多口から徒歩2分)

【受講料】(被災地特別料金)

非会員=12000円⇒11000円
TMSジャパン会員=8000円⇒7000円
学生・再受講(過去のセミナー受講者)=10000円⇒9000円
家族割(2名様)=20000円⇒18000円

お申し込みはこちらのメールフォームからお願い致します。


TMSジャパンメソッド2016

痛みや脳に対する、最新の考え方を学びましょう。

申し込み&入金は迅速に!!!!!!

入金は、3倍速くw


せっかくなので、FBから大佐の言葉を引用。
これ、とても重要。

→ ネガティブな人間と一緒にいると自分もネガティブになるどころか健康面で悪影響を及ぼすことが判明


安部塾でも、「不平不満しか言わない人とは付き合わない」というお話をよくします。

今年話題になったのは、「レッスン料値切る人ネタ」ですね。

レッスン料値切る=不平不満脳→痛みが消えないって感じですね。

レッスン料爆支払う=満足脳→痛みが消えるって流れです。


「元をとろう精神」は、不平不満脳の典型的思考だと、僕は考えています。

痛みが消える人は、申し込み&入金が迅速です。


学問せずに激しく動きたがる人も、不平不満脳ですね。

満足脳の人は、座学を好みます。

「頭が良くなれば、痛みは消える!」

それが、安部塾の基本的スタンスです。


大佐が赤い彗星なら、僕は「白い悪魔」かなw


では、当日、会場で会おうw

2016年11月9日水曜日

生きることのすべてが「縁結び」  縁(えにし)を結ぶ出雲への旅

いよいよ、11月11日(金)~安部塾・出雲結縁リトリートです。

神話の国 縁結び観光協会 パンフレット

縁結びとはーーーーー

人と出会うこと、

恋人同士になること、

夫婦となること、

親子となること、

家を建てること、

仕事に就くこと、

ものを買うこと、

遊ぶこと・・・・・・

生きることのすべてが「縁結び」。


縁結びとは単に男女の縁を結ぶというだけではなく、

人が幸福な人生を送るために必要なすべての物事を

「つなぎ、結ぶこと」を意味しています。


引用ココマデ


今夜、舞さんと旅の打ち合わせをします。

参加した人たちが、「縁を切って、良縁に恵まれる」ように。

かつて僕が通った出雲路を、みんなで廻ります。

安部塾の結縁の旅の楽しさは格別であることを約束します。

2016年11月8日火曜日

ボーリング★頭文字(イニシャル)H~ヒルクライム・スペシャリストとダウンヒル・スペシャリスト

某塾生ふたりのボーリング風景。

■ヒルクライム・スペシャリスト版

ヒルクライム・スペシャリスト H

■ダウンヒル・スペシャリスト版

ダウンヒル・スペシャリスト H

ボールリリース時の手首の曲がる向きに注目。

普段、講座で説明している通り。

正しい身体の動かし方を学ぶと、さらに美しくなる。

昨日の基山クラスに、Makiさんが来られました。

小胸筋収縮と尺屈の組み合わせを、ヨガに応用。

Makiさん 尺屈の応用

足元のイボイボボールに秘密が(笑)。


イボイボボール

これを笑顔でまじめにやってくれるからこその効果だったりします。


イボイボボールすげ~(笑)。


解説の続きは安部塾でw


今朝のなるほど。

https://www.facebook.com/tms.japan

身体操作指導やってると、顔・体型・しぐさ・声を、すぐにチェックするようになります。

うまくいっている人といっていない人が、瞬時にわかります。

これからうまくいく人と、これからうまくいかなくなる人も。

外見には、内面の状態が正確に反映されるからです。


良く思われたいがための気づかいをする人は、うまくいきません。

「お返し」を求めるし、お返しをくれない人を批判するからです。








「お返しをしない」でいると、善意の人だけが残ります。

お返しをしない代わりに、相手に良くなって欲しいという動機で行動する。

相手を喜ばせたいという気持ちを大切にする。

そうやって生きていれば、善意の人だけが集まります。


好かれたいとかよく思われたいとかって動機で行動すると詰みます。


この理由で、僕はお返しをしないことにしています。


で、いまの時代、宣伝はいらないと思います。

善意の人たちから、「ほんとにすごい人」と思われていればいいからです。

そうすると、それは必ず周りに伝わります。

「尊敬されていれば、道は自ずからひらく」と、孔子先生も曰っておられます。


メイクで自分の顔を誤魔化したり、自分の写真を修整している人は尊敬されません。

服で体型を隠す人も、尊敬されません。

意味不明な振り付けをする人も、尊敬されません。

ボイストレーニングで偽りの声をつくる人も、尊敬されません。


性格・生活・本音・感情を大切にする人は、尊敬されます。

コケオドシなメイクや服なんて必要ないのです。


この理由で、メイクまみれの人や、奇抜なファッションの人は詰みます。

※注:センスのいいメイクやファッションは、好感度高いです。


裸になっただけで集客できるレベルを目指しましょうw

2016年11月7日月曜日

12月4日(日)薬院校開校2周年記念集中講座『感情と筋肉・関節のつながり』を開催します。

12月4日(日)に、薬院校開校2周年記念集中講座を開催します。

テーマは、『感情と筋肉・関節のつながり』です。

→ 詳細


昨年は、『母親のワーク』をやりました。

きちんとワークの内容を継続できた人たちには、肯定的な変化が起きました。

今年は、感情と筋肉・関節には、どのようなつながりがあるのかを学んでもらおうと思います。

筋肉・関節の状態と感情は同じなのです。


思考→感情→行動→思考・・・・・・

そのループが破綻しているから、筋肉・関節の機能が壊れる。

「頭がおかしいから、痛いんですよ」

僕の関係者定番の言葉には、そんな意味があります。


賢くなると、感情が安定します。

安定した感情は、筋肉・関節の機能を安定させてくれます。

考えてみたら、当たり前のことです。

物理的な理由で壊れるにしても、そんな状況を選んだのは思考なのですから。


賢い人には特徴があります。

①よく目が視えている(視機能が健全)

②平衡感覚に優れている(内耳の機能が健全)

③足底がきちんと接地している(足底・足趾の固有受容器の機能が健全)

④手指が自由自在に使える(脳の手の感覚・運動連合野の機能が健全)

・・・・・・まだまだありますが、代表的なものだけでもこんな感じ。


断言できますが、動きを見れば、賢いかどうかはすぐにわかります。

筋肉連鎖で動いていれば賢いし、連鎖なしに力づくで動いていれば賢くありません。


いちばんわかりやすいのは、対人関係が円滑かどうかです。

脳機能は、対人関係に反映されやすいからです。


自分の身体すらまともに感じれない・動かせない脳に、人情の機微は判別できません。


き び [1] 【機微】

表面からは知りにくい微妙な心の動きや物事の趣。 「人情の-に触れる」 「人生の-」


人情の機微がわからないと、円満な人間関係を築くのが困難になります。

対人関係のストレスで筋肉・関節を壊すというより、その程度の脳機能だから対人関係がトラブルまみれになると考えた方が自然です。

相手のせいにしていると、ますますトラブルまみれに。

可及的速やかに脳機能を改善する方が賢明です。


アイックスの小松式ビジョントレーニングを受け、

安部塾でボールと戯れ、

隈本木工所の『ぐっポス』を使ってデスクワークをする。

これで、脳機能が改善しないわけがありません(笑)。


やってみればわかりますが、脳機能の改善とともに、驚異的に感情が安定します。

安定した感情は、身体機能を劇的に改善していきます。


そんなお話をしたいと思います。

参加しない理由が見つからないでしょ(笑)?


御参加、お待ちしております。

2016年11月6日日曜日

子どもを育てているすべての親御さんに、おすすめしたい。

今日、無理言って、独楽工房・隈本木工所さんを開けてもらい、これを試させてもらいました。

ぐっポス

ぐっポス

これ、凄いです。

こうなります。

ぐっポスによる椅子座位姿勢改善効果

アイックスの眼鏡との相乗効果がハンパないです。

これが、僕が小学生の時にあったらなって、本気で思います。


足底を床にきちんとつけて、ぐっポスで利き手と逆側の手を使う。

身体操作に明るい聡明な方なら、これが何を意味するか瞬時に理解できるはずです。


さらに、このコマが凄いです。

隈本コマ ラクコマⅡ

隈本コマ ラクコマ

このコマ、なんと室内で普通にまわせます。


技術力、ハンパないです。

らせんの動きを、らせんを極めたコマで研磨する。

コマほど、らせんの動きを理解しやすい玩具はないと思います。

ぐっポスとの相乗効果で、学習能力の向上が期待できるはずです。



子どもを育てているすべての親御さんに、おすすめします。




もちろん、これも忘れてはなりません(本来の目的はこれでした)。

鈴入り 癒し小玉

天然木の触感がたまりません。



ここまで書いて、気がつきました。

天然石の玉=石長姫(イワナガヒメ)

天然木の玉=木花開耶姫(コノハナサクヤヒメ)

「岩のように永遠のものとなるように、花のように繁栄するように」という誓約。

石珠・木珠をまわすことには、そんな神話的な力があるんじゃないかって。


来年の4月1・2日の笠沙宮(鹿児島)の祭りのテーマが見えてきました。

『笠沙で、鹿児島の職人さんがつくった石珠・木珠をまわす』

健康と繁栄を願って。

石堂さんという名前も、石長姫につながるのかもしれません。


「伝統的な遊びをテーマにしたお祭りを日本発祥の地で!!」

そんな提案を、させてもらいたくなりました。

2016年11月5日土曜日

大牟田集中講座用配布資料の出来がいい(自画自賛w)!!

秋吉台で撮った写真で、大牟田集中講座の配布資料をつくりました。

らせんの動きの基本 大牟田用配布資料

回を重ねるごとに、わかりやすくなっています。

今回は、解剖学用語をほとんど使わずに解説してみました。

ハウツー的な資料も悪くないかもという気がしています。

何より、秋吉台という背景が効いています(笑)。


大牟田のみなさま、楽しみにお待ちください!!

秋吉台に天然石の健康珠を仕入れに行ってきた。

秋吉台で、ひさしぶりにヨガなどしてみた(笑)。

秋吉台 北山山頂
48のオッサンがすることではないな(笑)。

明日の大牟田での講座用の写真を撮るのが主目的。


これから、わかりやすい配布資料をつくる。


それはさておき、目的は健康珠である。

高いのばかり選んで、肌触りのいいものを、薬院校用に購入した。

健康珠まわし / 健康珠2サイズ&健康卵珠2サイズ

これも、八女同様、凄い。


龍王の舞用の干珠・満珠を象徴する水晶も購入した。

水晶まわし 秋吉台 北山山頂

こちらは、動画公開後の反響が凄かった。

出雲リトリート終了後、秋吉台ツアーを開催することになる予感がする。