2017年11月24日金曜日

頭の位置で姿勢が決まる

昨日は、薬院校でIBUKI2017の解説をしました。

力を入れたのは、頭の位置のお話です。

頭部中間位置姿勢解説

頭蓋骨の模型を使った重心バランスの話は、どの会場でも好評です。

頭の位置が狂っていたら、あとはもう何をやっても詰みます。

3年前の安部塾開校以来、頭の位置についての解説に力を入れてきました。

心折れることなく連続参加された方々の姿勢の改善ぶりが素敵です。


舌の位置や視線の使い方などの解説も、最近の安部塾の定番となりました。

すべては、頭の位置を正しくするための基礎の積み重ねなのです。


明日の神戸集中講座・明後日の下関集中講座でも、詳しく解説します。


年々、小手先だけの誤魔化しばかりしていても仕方がないよなって思いが強くなります。

中心から外れないようにしていきたいと願っています。

2017年11月22日水曜日

11月23日(木)薬院校集中講座は板書で解説します~IBUKIスクワットとIBUKIランジの効果が絶大

11月23日(木)は薬院校で安部塾身体操作技法IBUKI2017の解説をします。

トリガーポイントと筋肉連鎖

えっと、データをつくっていたのですが、手違いで吹っ飛びました(笑)。

目的論的には、生でやりたいのだということなのでしょう。

というわけで、板書で解説することにしました。

東京集中講座では、パソコンのACアダプターを忘れてましたしね。

目的論的には、そういうことなのだと思います。


IBUKIランジとIBUKIスクワットもやります。

IBUKIランジ 屈曲連鎖

IBUKIスクワットは、安部塾史上最高の仕上がりです。

直線連鎖にこだわってよかったと思います。

11月25日(土)の神戸集中講座と26日(日)の下関集中講座の目玉ですね。

そもそもがスクワット最強伝説ですから。


使いものにならない技をたくさん増やすより、使える技をいくつか修得する。

その方が、ずっといいのです(^^♪

2017年11月21日火曜日

姿勢が美しく、呼吸と動きが楽になる安部塾身体操作技法IBUKI2017とIBUKIメイク

IBUKIランジ

卓越した姿勢改善効果を発揮している安部塾身体操作技法IBUKI2017。

各地での開催ごとにマイナーチェンジを加えながら進化しております。


呼吸と屈曲・伸展の連鎖にこだわって改良を重ねています。


屈曲と伸展

屈曲

屈曲・伸展

この仕組みを理解できれば姿勢が美しくなり、呼吸と動作が楽になります。

IBUKIスクワットとIBUKIランジのシリーズが人気です。


これからの集中講座の予定です。

■安部塾薬院校集中講座 → 詳細

■安部塾神戸集中講座 → 詳細

■安部塾下関集中講座 → 詳細

御参加、お待ちしております。


そして、来月の東京でIBUKIメイクの講座をやることになりました。

必要なものは以下の通りです。

・メイクブラシ(できれば竹宝堂の熊野筆→熊野筆セレクトショップ銀座店
 ~フェイスブラシ・チークブラシ・アイシャドウブラシが最低限必要です。

・ケープかタオル
・鏡
・化粧水とコットン
・乳液
・ベース
・ファンデーション
・フェイスパウダー
・チーク
・アイシャドウ
・アイブロウ

詳細が決まったら、お知らせいたします。

シューフィッターがもてなす、浅草のシューズサロン 浅草駅から徒歩1分・FinnComfort専門店「サロン・ド・シアン」

先日の東京集中講座のとき、

「塾長が履いてる靴って、東京で買えませんか?」

という質問があったので、本日、大濠のシューズクラトミさんに、

「東京で買えませんか?」

と、尋ねてきました。


なんと、我らが浅草にあるそうです。

シューフィッターがもてなす、浅草のシューズサロン 浅草駅から徒歩1分・FinnComfort専門店「サロン・ド・シアン」

サロン・ド・シアン

ご来店いただいたら、まず初めにお客様の足の状態を把握するため、専用メジャーとフットプリントを用いて「足の計測」を行います。「足の長さ」と「足の幅」はもちろんですが、実は「足裏」の状態を見ることで、より正確な靴選びをしていただくことができます。足のサイズや状態が左右の足で異なったり、ご自分で思っているサイズと実際のサイズが異なっていたりするお客様も多くいらっしゃいます。左右の足をきちんと計測し、最適な靴選びの準備をします。



足のサイズや状態を計測した後は、まずお客様の目線で履いてみたい靴のデザインをお選びいただきます。お選びいただいた靴は、フィッティング用の台座を使用して、シューフィッターがお召し替え。きつくないか、ゆるくないか、足幅やかかとは合っているか、「見る」・「触る」・お話を「聞く」ことで、シューフィッターが細かくチェックします。きつい靴は良くありませんが、ゆる過ぎる靴も良くありません。ご希望のモデルでサイズが合わない場合には、靴の調整や代替モデルをご提案し、ご要望に合わせて「最高の一足」を導き出します。



お選びいただいた靴が少しだけ合わない場合には、主にインソール(中敷き)の加工によって調整させていただくことも可能です。コルク素材などを使用して、インソールの土踏まず部分、趾(ゆび)の付け根部分や足の前、後ろ部分を足したり削ったりして、お客様の足に合う状態へ調整します。お買い上げ後に履いてみて合わない部分が出てきた際に、調整を承ることもできます。土踏まずが低い・高い、位置が少しだけ合わないと感じられたら、遠慮なさらずにおっしゃってください。
※靴の状態や店舗の状況により、一度お預かりして調整させていただく場合がございます。



引用ここまで


お店に行かれたときは、

「福岡のシューズクラトミさんの紹介で♡」と、お伝えください。

2017年11月20日月曜日

笑うということ~The Art of Smiling~おかめはお多福とも言われ福が多く幸せを招く女性の象徴

17日の東京集中講座後、酉の市発祥 浅草 鷲神社に参拝に行きました。

満面の笑みです。

酉の市発祥 浅草 鷲神社

左側のおかめをいただいてきました。

薬院校に飾りますので、撫でに来てください。

→ なでおかめ

おでこをなでれば賢くなり
目をなでれば先見の明が効き
鼻をなでれば金運がつく
向かって右の頬をなでれば恋愛成就
左の頬をなでれば健康に
口をなでれば災いを防ぎ
顎(あご)から時計回りになでれば物事が丸く収まると云う

さて、ここでおかめの歴史を古事記、日本書紀に準じて簡略に説明します。おかめとは天宇津女命(アメノウズメノミコト)のことと言われております。天の岩戸神話の中で須佐之男命(スサノウノミコト)が高天原に天照大御神(アマテラスオオミカミ)を訪ねるが謀反を疑われ悪行の限りを尽くし、天照大御神の岩戸籠りの原因になってしまい、光を失ってしまった世に光を取り戻すため高御産巣日神(タカミムスヒ)は神々を召集して方策を練り、祭祀と神遊を催しました。その際に舞を舞い天照大御神を導き出し世に再び光を取り戻した立役者の神と言われているのが天宇津女命(アメノウズメノミコト)です
おかめはお多福とも言われ福が多く幸せを招く女性の象徴という事から縁起が良いとされ酉の市の縁起熊手にも江戸より飾り付けられています。

引用ここまで。

18日は、新宿の花園神社にも参拝しました。

花園神社

みんないい顔をしています(笑)。

安部塾では、つくり笑いをしないようにしています。

心から微笑まないと、脳が壊れてしまうと考えています。

「遊び」が大切なのです。


そして、すっかり定番になったIBUKIメイク。

IBUKIメイク

女性は、自分の顔のポテンシャルを引き出されると、自然と笑顔になります。

来月の東京は、IBUKIメイク&スキンケアやります(笑)。


IBUKIメイクの基本は、「舌で頭を支える」です。

舌で頭を支える

心から笑うためには、舌で頭を支えておく必要があります。

実際に頭蓋骨の模型を観察すれば、その理由はすぐにわかります。

11月23日(木)の薬院校集中講座で解説します。

何気に、後ろのイラストに答えが書いてありますが(笑)。


参加すると、福が多い人生になります。

2017年11月16日木曜日

姿勢を正しているだけで、どんな自己暗示をかけるよりも、自信があふれてくる~姿勢は、心を変える~今すぐ姿勢を正してみましょう

安部塾身体操作技法IBUKIを応用したメイクが好評です(笑)。

IBUKIメイク 京都

いい感じでしょ?

IBUKIメイクをしていると、自信があふれてきます。


自信といえば、姿勢を正すことでもあふれてきます。

ダイエット広告を見るたびに思うこと。

体型はもちろん重要なのですが、ポーズや表情はそれ以上に重要です。

たとえ太っていようが何だろうが、姿勢を正して、自信あふれる表情でいれば、魅力的にうつります。

また心理学的には、ポーズと自信はリンクしているとされています。

たとえば「姿勢を正しているだけで、どんな自己暗示をかけるよりも、自信があふれてくる」という調査もあります。姿勢というのは、心を変える意味でも重要なのです。

よってあなたも、今すぐ姿勢を正してみましょう。

引用ここまで


安部塾といえば、「D言葉禁止」です。

D言葉は、人間関係を破壊し尽くすからです。

■でも~相手の意見を遮り、自分の意見を通そうとする言葉。相手を否定する。

■どうせ~諦めが全面に出る最悪の否定的言葉。これを使うと、即詰み。

■だって~言い訳言葉。自分は悪くないというエゴイズムがあふれる。

■だから~怒り・イライラをあらわす苛立ち言葉。威圧したい願望のあらわれ。

■だったら~自分の非を認めずに、相手に放り投げる言葉。

■ですが~反抗の言葉。

まだまだありますが、相手を責める・言い訳をする・捨て台詞を吐くときの言葉です。

使えば使うほど、生きるのが困難になります。


対人運も悪くなります。

D言葉は、「受けとりを拒絶する言葉」だからです。

自信がない人は、何もかも失ってしまいます。

受けとりを拒否した結果です。


D言葉を使う人の姿勢は崩壊しています。

姿勢が崩壊しているからD言葉を使うといってもいいかもしれません。


安部塾では、ありとあらゆるやり方で姿勢を正すように促します。

ナルシシズム(自己陶酔)の対極にある「自信」を取り戻してもらうためです。


長年通ってくれている方々から、「生きやすくなった」と言われます。

そんな人たちはみな、D言葉を使わなくなりました。


今日の塾生講座は、「姿勢と自信とD言葉」をテーマにお話しします。

必聴ですよ(笑)。

「見る」「手を伸ばす」「つかむ」の3つの運動を同時にうまくコントロールする必要がある。

12月21日(木)の大阪集中講座では、「リーチング」について解説します。

まずは、以下のリンク先の記事をお読みください。

リーチング行動の発現より

自分の手や脚の視覚的なイメージが形成されるのは生後3ヶ月ごろであることがRochatや
Bahrickらの研究で明らかとなっており、その結果とも整合すると思います。

ここで重要なのは、機能的なリーチングができるようになるためには、身体の認知能力が重要であるということです。
目で見た対象物に自分の手を重ねていくわけですから、対象物に到達している視覚的な自分の手をイメージできなければ、または自分の手の動く方向性を視覚的にイメージできていなければ正確にリーチしていくことはできません。

「外部環境と自己身体の認知が運動発達を導いていく」 

引用ここまで

発達心理学 5回 乳児期の発達(Ⅰ)より

生後6ヵ月前後より座位が安定し、重力に抗して姿勢が保持できるようになると、手を自由に使う機会が増える。この頃、対象物に手を伸ばしてつかみとるリーチング(reaching)がしばしぼ観察されるようになる
➔この運動では、「見る」「手を伸ばす」「つかむ」の3つの運動を同時にうまくコントロールする必要がある。
➔最初は同時に2つの物を両手で把握するのは難しいが、8ヵ月頃になると可能になる。

発達心理学 5回 乳児期の発達(Ⅰ)
引用ここまで


安部塾では、大人になってリーチングを再学習することを奨めています。

「見て、手を伸ばして、つかむ」ということが、意外とできていないからです。

そもそもが、きちんと見えていないのです。

運動連鎖は、全体から部分に・頭部から尾部に向かいます。

発達心理学 5回 乳児期の発達(Ⅰ)

この理由で、きちんと見ている人の動きは丁寧で美しくなります。

見ていない人の動きは乱雑・乱暴できたなくなります。


欲しいものにきちんと焦点を合わせて立体視してから手を伸ばすことが大切なのです。

詳細は、アイックス小松先生まで(丸投げw)。

小松式ビジョントレーニング


安部塾では、見た後の筋肉連鎖を徹底して再学習してもらっています。

見えていないことには、お話になりませんが(笑)。


つづきます。

2017年11月15日水曜日

伸展と屈曲~安部塾身体操作技法IBUKI2017のテーマ

伸展と屈曲

11月17・18・19日(金・土・日)の東京集中講座と23日(木)の薬院校集中講座で、安部塾身体操作技法IBUKI2017の解説をします。

テーマは、「伸展と屈曲」です。

私たちの姿勢と呼吸と動きには基本原則があります。

特別なことをしようとせず、基本原則に忠実に動けば、本来の状態に戻れます。

間違った連鎖で動いていたら壊れてしまいます。

単純な話です。

連鎖

連鎖が理解できると、人は美しくなります。

機能が形状をつくるからです。


御参加、お待ちしております。

2017年11月14日火曜日

痛みは記憶である~扁桃体は感情の増幅器~頭の中で想像したことも、現実に起こったことと、脳にとっては同じ。

扁桃体

感情の源は、思い込みや信念です。

思い込みとは、強く信じて疑うことのない固定的な考え方です。

私たちは、思い込みを元に日常の行動の判断しています。


私たちの行動を制限している「~すべきだ」「~すべきではない」といった考え方を行動基準といいます。

主に親からの影響で、幼少期から形成されます。


自分自身をどうとらえているかという認識のパターンを、自己認識といいます。


私たちはそれぞれ独自の世界観を持っていて、その中で物事を判断しています。

そしてその思い込みは、過去の記憶と深く関係しています。

脳の前頭前野にある思い込みシステムと側頭葉にある記憶とによって成立しているのです。


感情には脳の大脳辺縁系にある扁桃体と海馬が関わっています。


扁桃体は脳神経細胞の集合体で1.5cmくらい、脳の中央に位置します。

感情を増幅させ、記憶を強化します。

思い込みと照合して、外界からの情報を評価します。

不安を感じるとストレスホルモンを分泌し、逃走・闘争態勢をつくります。

視覚・聴覚・味覚・触覚などの情報を元にして、快・不快を判断します。

ストレスを受けすぎると扁桃体が傷害し、うつ状態に陥ります。

慢性の痛み(腰痛や肩こりなど)は、扁桃体が障害された結果です。

海馬

海馬は記憶に関する脳細胞です。

タツノオトシゴのような形をしており、扁桃体とつながって連携をとっています。

海馬とタツノオトシゴ

短期記憶=記憶の一時保存をします。

コンピュータのメモリのイメージです。

短期記憶を長期記憶にします。

また、長期記憶を引き出すゲートの役割を果たします。

外界の情報を記憶とを照らし合わせ、自分が知っている情報かどうかを判断します。


海馬は扁桃体と隣あっていて、快・不快の感情を海馬に伝えます。

感情を揺さぶるような出来事は、心に残りやすいのです。


視覚や聴覚の情報は、海馬によって側頭葉(長期記憶の保管場所)の記憶と照合されます。

このときの情報は現実である必要はありません。

頭の中で想像したことも、現実に起こったことも、脳にとっては同じことなのです。


側頭葉の記憶と照らし合わされた情報は、肯定的または否定的なものとして処理されます。

思い込みシステムの前頭前野と連携して情報が評価され、様々な感情が生まれます。


外界の情報と思い込みシステムが乖離しているほど、扁桃体が感情を増幅させます。


慢性の痛みを訴えるとき、その人は否定的な思い込みシステムを作動させているということです。


なんて解説を、12月3日(日)の安部塾薬院校開校3周年記念講座でやります。

御参加、お待ちしております。

2017年11月13日月曜日

本日11月13日(月)、薬院校にてグループレッスンをします。来年、三ヶ所神社と安部塾の合同イベントを開催します。

本日11月13日(月)、薬院校にてグループレッスンをします。
13:30~
18:00~
19:30~
内容は、姿勢と呼吸と動きの改善です。
御参加、お待ちしております。

昨日、五ヶ瀬町の三ヶ所神社に正式参拝してきました。

三ヶ所神社 原宮司と

来年、三ヶ所神社と安部塾の合同イベントを開催することになりました。

内容はこれからですが、脳機能改善(海馬の成長)につながることをやりたいと思います。

キーワードは「ときめき」です。

ときめきとは、「喜びに胸が躍ること」です。


たまふり~脳の海馬を増やす

たましずめ~脳の扁桃体の興奮を鎮める

最新脳科学と鎮魂のコラボレーションです(笑)。

ときめいて、お待ちください!


それと、今年の大晦日は某所であることをやる予定です。

11月24日に報告できたらと思います。

2017年11月10日金曜日

姿勢と動きと呼吸を改善する安部塾身体操作技法IBUKI2017の東京・福岡・神戸・下関での講座の御案内

姿勢と動きと呼吸を改善する安部塾身体操作技法IBUKIの2017年版の集中講座の御案内です。

11月18・19日(土・日) 東京 → 詳細

11月23日(木・祝) 福岡 → 詳細

11月25日(土) 神戸 → 詳細

11月26日(日)下関 → 詳細


手書きの配布資料が人気です(笑)。

IBUKI2017 配布資料w

直線連鎖(前方・後方)と呼吸と脊柱の動きにこだわった内容にしました。

姿勢の改善とともに、首が楽になるのが実感できます。


御参加、お待ちしております。

2017年11月8日水曜日

覚悟を決めましょう。良い流れが生まれます。

三ヶ所神社奥宮にて 原宮司と

「目標を決めたら、それに向かって真一直線に進む」

人生を変える基本です。

準備なんてしないで、行動することです。

よく言われることですが、完全主義の人は行動しません。

準備しているうちに、一生が終わってしまいます。


行動すればわかります。

「答えは、行動しているうちに出る」ってことが。

そして、「不安なのは、行動していないから」ということもわかります。

心の迷い(マインドワンダリング)は、行動することで消えてなくなるのです。


覚悟を決めましょう

やり遂げましょう。

覚悟を決めれば、良い流れが生まれます。

覚悟を決める=自分を信じるということなのです。


覚悟を決めようとすると、引っ張り戻そうとする人が現れるかもしれません。





自分を不幸にする人=自己肯定感が極めて低い人です。

自己肯定感が極めて高い人と、好い流れを生み出しましょう。

2017年11月6日月曜日

神楽腰(神楽舞の腰のすわり)と所作~現代生体力学・機能解剖学との共通点

11月3日に、高千穂町の天岩戸夜神楽三十三番大公開まつりを観てきました。

天岩戸神社で毎年行われている、西本宮斎館にて夜神楽を公開するまつりです。

夜中に奉納される夜神楽が昼間に見学できます。

実際に地区で行われている夜神楽と同じ三十三番の神楽が短縮されて奉納されます。


安部塾身体操作技法IBUKIとの動きの共通点に、塾生たちがウケていました(笑)。

天岩戸夜神楽三十三番大公開まつり 手力雄(たぢからお)戸取(ととり)の舞

天岩戸夜神楽三十三番大公開まつり 手力雄(たぢからお)戸取(ととり)の舞

天岩戸夜神楽三十三番大公開まつり 手力雄(たぢからお)戸取(ととり)の舞

天岩戸夜神楽三十三番大公開まつり 手力雄(たぢからお)戸取(ととり)の舞

天岩戸夜神楽三十三番大公開まつり 手力雄(たぢからお)戸取(ととり)の舞

天岩戸夜神楽三十三番大公開まつり 手力雄(たぢからお)戸取(ととり)の舞

それはそうでしょう。

27年前に夜神楽を観たのが、IBUKIの原点ですから。

神楽舞いの腰のすわりは、神楽腰と呼ばれています。

神楽腰で舞えるようになるまで、5年かかるそうです。


IBUKIをつくっているときにはいつも、心の中に天岩戸夜神楽があります。

現代の生体力学でつくった動きと神楽の動きに共通するものを感じています。

現地で生で観てもらえば、その意味がすぐにわかると思います。

一般の方々とは少し違った視点で夜神楽を楽しめるはずです。


IBUKIを学んでいれば。


今週の塾生講座で、少し解説したいと思います。

お楽しみに。

2017年11月5日日曜日

「脳の海馬祓い」「脳の海馬守り」の三ヶ所神社(宮崎県五ヶ瀬町・日向二上山本宮)に行こう♡

脳の海馬を守ってくれる神社が宮崎県五ヶ瀬町にあります。

三ヶ所神社です。

原伊勢正宮司が、とても魅力的です。

ぜひ、参拝に行かれることをおすすめいたします。

三ヶ所神社奥宮 日向二上山 原伊勢正宮司

三ヶ所神社は古くから二上山天孫降臨の聖地の山岳信仰に関わる神社です。
当神社の主祭神はイザナギ、イザナミの命で夫婦和合、縁結びの神様です。 
また、合祀神はニニギノ命、サルタヒコの命、スガワラミチザネ公です。
三ヶ所神社の御神体ともいうべき山は、男嶽、女嶽からなる二つの峰で男嶽(1060メートル)の9合目に奥宮があります。

こちらを御覧ください → 海馬守りについて

キラーストレスから脳の海馬を守る 三ヶ所神社

脳機能の改善をテーマにしている身体操作指導者必須のお守りです(^^♪

送ってくれるそうですので、お申込みください。


実際に三ヶ所神社で海馬祓いとお話をしてもらうと素敵です。

ランチは、そよ風パーク レストランマアム(山彩バイキング)がおすすめです。


二上山登山 

二上山 三ヶ所神社奥宮より

宮司は、MRT宮崎放送の番組を持たれてあります。

MRT宮崎放送 PERSONS~A twillight talk on the street corner

ぜひ、お聴きください。


高千穂天岩戸神社夜神楽まつりについての記事を後で書きます。

感動の夜でした。

2017年11月2日木曜日

11月9日(木)の大阪集中講座で、頭蓋骨のセルフケアの解説をします。

頭蓋仙骨

11月9日(木)の大阪集中講座の御案内です。

詳細

【内容】

・頭蓋骨のセルフケアは、身体感覚を磨き、蓄積した緊張を解放してくれます。
・短時間で深いリラックス(弛緩)状態に入れます。
・乱暴でない、ゆっくり・やさしい・なめらかで繊細なタッチによるリラクセーションです。
・穏やかでやさしいタッチで、日常のストレスを健康的に解毒できます。
・深いリラックスを通して、再生・回復する力を取り戻すことができます。
・自律神経系が自己調整して内側からバランスをとるようになります。
・満足と落ち着きと集中力と学習能力を得ることができます。
・知覚が研ぎ澄まされます。
・呼吸が楽になります。
・フェイスブラシの正しい使い方やブラシの選び方など、明るくつや肌に仕上げる方法を学びます。
・自分の骨格に合った、やさしいメイクを提案します。
・椅子エクササイズは、床に座ったエクササイズが苦手・負担に感じる方にも無理なく健全に行えます。
・姿勢の改善によって、自然に顔が引き締まります。

こんな感じです。


深いリラックスは、生きるエネルギーの回復に不可欠です。

顔に指で触れ、顔をフェイスブラシでブラッシングすることにより、心地よく心身がゆるみます。

今回の大阪では、リラックスの効果についても解説をします。

御参加、お待ちしております。

12月3日(日)薬院校開校3周年記念講座を開催します。11月14日(火)のメイクレッスンの受付を開始します。

12月3日(日)安部塾開校3周年記念講座を開催します。

→ 詳細

開校時の原点に還って、「感情と筋肉・関節」について解説・ワークします。


2014年9月14日KANONでの姿勢と動きのワークショップから3年が経ちました。

20140914 姿勢と動きのワークショップ KANON

3年の間に世の中では、

「認知の歪みを修正して感情を安定させて身体反応を鎮める」

という考え方が、一気に普及しました。

慢性的な筋肉や関節の痛みが人間関係に起因することも、よく知られるようになりました。


どうしようもなかった頭蓋骨の位置異常の問題も、アイックスとの出会いで解消。

視機能改善の力を得て、安部塾は一気に進化しました。

20121223 視機能改善訓練講座 薬院校 小松先生

てか、2012年頃は、山に登ってばかりだったんですよね(笑)。

20120119 小文字山山頂

あの頃はいつもひとりで過ごしていました。

変われば変わるものです(笑)。


話を戻して、講座内容です。

・感情と筋肉・関節(孤独感と怒り・憎しみ・怨み・恨みが筋肉・関節に封印される)
・エクササイズだけで筋肉の状態を改善することはできない
・ナルシシズムが筋肉の機能を崩壊させる
・ダイエットやアンチエイジングという考え方自体がナルシシズム
・心が満たされると筋肉が本来の機能を取り戻す
・内臓は臓器同士で会話をしている
・呼吸と感情
など、感情と筋肉・関節のつながりを中心に解説とワークを予定しています。

という感じで、この3年間の安部塾の学びを濃縮した内容にまとめたいと思います。

御参加、お待ちしています。


あ、安部塾としての活動で、舞もやってきました(来年本格化?)。

20140502 龍宮城まつり 安部塾舞部


本日より、11月14日(火)のメイクレッスンの受付を開始します。

→ 詳細

ストレス・コーピングとしてのブラッシングテクニックを学びに来てください。

本当の意味での綺麗な肌を取り戻せますよ(^^♪

2017年11月1日水曜日

11月14日(火)大手門(KANON)で「肌磨きメイクレッスン」やります。

熊野筆 竹宝堂Zシリーズ

大手門のピラティススタジオKANONで、メイクレッスンを開催します。

11月14日(火)12:10~13:20(12:00開場)

内容 「パウダーブラシとフェイスパウダーで肌磨き」

参加費 一般2.500円/塾生1.500円(会場費含む)

定員20名

明日より、申し込み受けつけ開始いたします。

2017年10月31日火曜日

足ゆび(趾)・足首・膝・股関節と手指・手首・ひじ・肩関節を整える

安部塾身体操作技法IBUKI2017の基本である直線連鎖。

腕の直線連鎖と息吹山とNBドロスタ

脚の直線連鎖


贅肉を削ぎ落した簡素な動きゆえに、機能が最適化されます。

11月23日(木)の薬院校集中講座で、詳しく解説いたします。

→ 詳細

御参加、お待ちしております。

2017年10月30日月曜日

上善は水の如し~あらがうことなく、やわらかく生きる~世界を支えるのは女性の谷の力

小国の鍋ケ滝に行ってきました。

鍋ケ滝

鍋ケ滝

鍋ケ滝

美しい滝です。

小国で合宿もいいかもしれませんね。


上善は水の如し

「最高の善は水のようなものでなければならない。 水は万物を助け、育てて自己を主張せず、だれもが嫌うような低い方へと流れて、そこにおさまる」

老子が書いた「上善は水の若し」の真意

最上の善なるあり方は水のようなものだ。水は、あらゆる物に恵みを与えながら、争うことがなく、誰もがみな厭(いや)だと思う低いところに落ち着く。だから道に近いのだ。

世の中でもっとも柔らかいものが、世の中でもっとも堅いものを突き動かす。形の無いものが、すき間のないところに入っていく。

引用ここまで


老子は、「神は低い谷に宿る」とのたまいました。


谷神は死なず、是を玄牝と謂う。

玄牝の門、是を天地の根と謂う。

綿々として存するがごときも

之を用うれど、勤れず。


谷神は死ぬことなく活動を続ける。

これを女性の神秘的はたらきという。

神秘的な女性のはたらきを生み出す門が、天と地の根源である。

ほそぼそとした流れにもかかわらず、どれだけ汲み出しても尽きることはない。


まあ、女性は神だということです。


滝の流れを見ながら、老子の解説も面白いかもと思いました。