2017年4月21日金曜日

余計なことをしない~何が余計なことかわからない


余計なことをせず、やりたいこと・やるべきことをやる。

基本です。

そもそも問題を起こさなければ、問題を解説する必要がありません。

問題を起こすことで得られる学びはあります。

しかしそれは、他人のふり見て我がふり直すことで充分な範囲です。

わざわざ、ダメージを受ける理由にはなりません。


某まとめサイトでの「いじめられるのは誰が悪い論議」より。

いじめの原因と理由

いじめとコミュニティ

いじめられる原因があったしても、いじめていい理由にはならない。

いじめのないコミュニティに、逃げ込めばいい。

いじめという行為は、勝者がいない世界。

全員が敗者だから、いたたまれない。


なぜ、いじめについてのまとめを紹介したかというと、

「いじめの原因としての余計なこと」

ということを書きたかったから。


余計なことをすると、周りの人たちの余計なスイッチをONにしてしまうことがある。

いらん気を利かそうとした結果、すべて裏目に出るパターンだ。

そこから、結果としてのいじめが始まる。

いじめていい理由にはならないが、いじめたくなる原因となっている。


で、課題がひとつ。

「何が余計なことなのかわからない」


育ての親が、余計なことしかしない人間だった場合、何が余計なことかを学べない。

教えてくれるところで再学習しないと、抜け出せない。


まあ、安部塾にしばらく通っていると、自然と余計なことはしなくなる。

「自分自身以外の者の、いかなる指図も指示も受けない(パールズ先生)」

を、地でいってる場所だから。

他者をコントロールしようとする人は、居心地悪くていなくなる(笑)。


他者にコントロールさせて、文句だけ言いたい被害者意識満載の者は改善しやすい。


復活したら、このあたりのお話を沢山したいと思う。