2017年7月31日月曜日

他人を変えたり、なんとかする必要はありません~「なんとかしてあげたい」は、上下関係をつくってしまいます。

たまには自分の写真を(笑)。

20170730 下関集中講座

20170730 下関集中講座

昨日の下関集中講座は盛り盛りでした。

「うんこ」って、何回言ったかな。

幼稚園ですね(笑)。

アパーナ(排泄)は大切です。


Twitterより



私は、「なんとかしよう病」にかかりやすいのですが、最近は抵抗力がつきました。

さりげなく「距離を置く」ことができるようになりました。


「なんとかしてあげたい」という気持ちの裏には、「上に立とう」という意思があります。

上下関係で優位に立とうとしているのです。


「なんとかしてもらおう」という人の気持ちの裏には「下でいよう」という意思があります。

当然、「もっとなんとかしてくれ病」にかかります。

そして、なんとかしてもらえないと、逆恨みします。

自分のことは自分で何とかしないといけないのです。


人は、あらゆることを自分で解決しようとする楽しみがあります。

楽しみを、奪ってはいけないのです。


なんとかならない誰かを引き寄せ続けるのは、愚かなことです。

「相手が変わらない、成長しない」と言い続けるのは、さらに愚かなことです。


なんてことを、下関からの帰り道で、塾生と話しながら帰ってきました。

今日の塾生講座で、少しお話をします。

2017年7月30日日曜日

顔は生き様をあらわす~やさしくあろうという戦略は正しい~やさしさは訓練で身につける

舌を使ったペットボトルからの飲料摂取

昨日、薬院校で「レスリー・カミノフ ヨガアナトミー」の解説動画を撮影しました。

2台のカメラで録画し、それぞれちゃんと撮れていました。

私の講座は録画OKなのでいつもカメラはまわっていますが、今回は自分で自分を撮りました。

今回は、塾生限定公開です。


動画の中で、「変えれないことと変えれることを識別する」という解説をしています。

変えれることを変える覚悟を決めたら、「あきらめないこと」が大切です。


顔には、「その人がどんな風に生きているか?」があらわれます。

解剖学を理解して生きている人は、とてもやさしい顔をしています。









明るく楽しく元気よく生きていく戦略として「やさしくあろうとする」を選ぶ。

私も、大正解だと思います。


やさしい人のまわりに集まるのは、やさしい人だけはありません。







深い絆や友情のない人生は地獄です。

孤独は痛みや身体機能不全の原因となります。


自分がいま、どんな人生を歩いているかは、すべて表情と体型にあらわれます。

姿勢=呼吸なのです。

自分の呼吸を観察してみましょう。

やさしさがあふれるような吸気・呼気ができているでしょうか?


プラーナ=自分の中に入れること

アパーナ=自分の外に出すこと

そのバランス(平衡)の始原は呼吸です。

呼吸の改善が、人生のすべてを改善していきます。

2017年7月28日金曜日

7月30日(日)の下関集中講座は、舌と口癖を中心に解説をします~安部塾式のストローによる姿勢改善法も

7月30日(日)は、下関集中講座です。

→ 詳細


昨日の大阪集中講座でも好評だった、安部塾式ストローテクニックもやります。

歯科領域で行われているテクニックとは違う視点のやり方です。

ストローをくわえて、軸伸展を意識して身体を動かすという身体操作です。

骨盤底と口腔底の理解かとか、子音=歯音とか(笑)。


よく似てるでしょw


骨盤底と口腔底

まあ、普通に考えて、気分が下がる音は、口腔底もダダ下がりとなります。

口元の締りが悪い人は、骨盤の……


この講座で、私の口腔解説ブームが終わります。

来月は原点に帰って、呼吸と動きと姿勢の解説に明け暮れます。

しあわせになりたいならしあわせそうな人とつるめば良いし、不しあわせになりたいなら不しあわせな人とつるめば良い~「自分のことをだめだと評価することや落ち込むことが思い上がりなんですよ」

面打師 田中俊成さんの作品

Twitterより














いろんな方のTweetから、学ぶことばかりです。

私の課題として、一歩引くことと、批判の形をとらないスタイルの習得があります。


最初のTweetの、

「一番伸びないのは、僕のアラを探したり、言った事を信じない人」

は、ほんとにそうだなと思います。

これやっていると、しあわせな人たちとの縁が切れていきますし、つながりません。


しあわせになりたいときは、しあわせな人たちとつるむのが基本です。

しあわせな人たちのアラを探さないことと、現実を認めることが大切です。


ふしあわせな人たちと少し付き合ってみれば、すぐにわかります。

「反~」という批判する姿勢をとらずにはいれないことが。

高慢な人は他人を批判しますし、卑下慢な人は自分を批判します。

高慢も卑下慢も、自惚(うぬぼ)れそのものです。


自己反省をアピールするのは、自惚れの形でも最悪な部類になります。

自分の頭や腰の低さを自己顕示しても、しあわせではいられません。


その昔、ある方が、

「自分のことをだめだと評価することや落ち込むことが思い上がりなんですよ」

と、教えてくれました。

最近になって、その意味がわかってきました。


しあわせな人たちは、謙虚ではありますが卑下はしません。

傲慢な人に、しあわせな人はいません。


「慢」とはなんでしょう?

→ 参考サイト

「自分の慢の焦点を善にあわせれば慢が自分を育ててくれる」

「無常・苦・無我に納得しているならば、常に慈悲の実践、気づきがあれば慢は問題を起こさない」

引用ここまで


慢について学ぶと、いろんなことが改善します。

2017年7月27日木曜日

心のこもっていない「すみません」と謝罪の強制~「愛されたい」という渇望~ゆるし、忘れること。

「謝罪しろ!」は「愛せ!」と同じ。より

http://yubt.net/man/992.html

謝罪とは、その行為をした人が、心から間違っていたと認識し、それを言葉として表現するもの。
外から強要するものではないのです。

それはマンガにもあるように「自分を愛せ」「好きになれ!」と同じくらいおかしなことです。

人間の心だけは、どんな強制でも、変えることはできません。

引用ここまで



心がこもっていない「すみません」をすぐに口にする人は、他人に謝罪を要求します。

「謝れ!(怒)」は、「愛してください(泣)」。

そういうことなのだと、ゆうきゆうさんのマンガを読んでいて思いました。

表面的な謝罪で得られるものは、「虚しさ」だけだと思います。


引用ここから

ちなみに心理学的に、何より大切なことは「許し、忘れる」ことだとされています。

何かネガティブなことがあったときに、相手に謝らせるというのは一つの選択かもしれません。

しかしそれにこだわることは、さらにその相手にのめりこむのと同じ。

それは決してあなたの人生にとってプラスにつながるとは限らないのです。

引用ここまで



私は、なかなか許せない人間です。

こだわって、のめりこんでしまいます。

そして、あとで気づきます。

同じこだわるなら、愛してくれる人にこだわればよかったことに。


昔の自分と比べれば随分改善されましたが、まだまだです。

今後の私の課題だと思いました。


参考サイト → 相手にのめり込んでしまう…恋愛依存症

依存症とは、何かにのめり込み、手離せなくなり、日常生活に支障が出ているにもかかわらずやめることができなくなっている状態をいいます。

幼少期の親子や家族関係で、十分な愛情を感じられないで育つと、「自分は人に愛される資格がない」「魅力がないから愛されない」というように自分を過小評価してしまう傾向があります。

依存症を克服するためには、まず自分を尊重し、自信を持てるようになることが重要です。

他の人たちと過ごす時間をつくることで相手のことを考えない時間をつくります。また、相手待ちではなく自分の予定を入れて、主体的に活動するように意識していきます。

引用ここまで


私は、「問題を抱えている人たち依存症」なのだと理解できました。


「まず、自分の予定を入れる」ということが、私には困難でした。

「問題を起こしている人のことを考えない時間をつくる」ことは、いまだに困難です。

最近は、充分な愛情を感じて生きていますので、すぐに克服できそうです。

「ゆるして、忘れる」を心がけたいと思います。


今日を境に、仕事以外の時間に、問題を抱えている人たちのことを考えるのはやめます。

これまでもいい人生だったけど、いままで以上にいい人生にしたいから。

2017年7月26日水曜日

嫌なことがあっても、いい方に解釈できる人ほど人に好かれる~笑顔で接すると、相手も笑顔になっていく。

マンガで分かる心療内科「すべてのネット口論に捧げるマンガ」より


http://yakb.net/man/360.html

http://yakb.net/man/360.html

http://yakb.net/man/360.html




悪い方に解釈する人は、人に嫌われます。

人に嫌われると、ますます悪い方に解釈します。

泥沼です。

逆恨みレベルに達する頃には、誰からも構ってもらえなくなります。


口角ダダ下がりの、あごに梅干し。

怒りと悲しみに満ちた、陰鬱な表情。

人を遠ざける顔です。

そして、ますます悪い方に解釈……


体調も人生もボロボロ……

「なんで生まれてきてしまったんだろ……」な毎日……



なんてことにならないように、

基本、よい方に解釈しましょう。

これでもかというくらい、人に好かれます。

そうなると、ますますよい方に解釈できるようになります。


お腹いっぱい、モテますからね。

老若男女問わず。


口角がやさしくあがって、目尻が下がります。

喜びと楽しみに満ちた明朗な顔。

人が近づいてくる顔です。

体調も人生もキラキラ!


「生きててよかったぜ」な毎日です。


ありがとう

ありがとうとは、自分以外の対象に対して感謝やお礼の意思を伝える言葉である。

「ありがとう」は本来は古語「有り難し」、つまり、めったに無いという意味が原義である。

「有難き幸せ(滅多にない幸せ)」⇒「有難い、有り難き、有り難し」⇒「ありがとう」

古語の意味を考えることで、この言葉の重みが感じられるだろう。

ありがたい事って実は滅多にない事なんだよ。

日頃何気なく使っている人も、なかなかうまく伝えられていない人も、

本来の意味を思い出し、心から「ありがとう」を言えたなら、それはとても素敵ではないだろうか。

引用ここまで


心から「ありがとう」と言えたなら、そこから奇跡が始まります。

2017年7月25日火曜日

福が多くしあわせを招く女性~自然な笑顔が大切です~感情と表情を一致させましょう

今月の東京集中講座のテーマは「笑顔」でした。

今回は、前日入りして浅草の鷲(おおとり)神社へ。

「なでおかめ」に会いに行ってきました。

私たちのうずめさまも、福々しさでは負けておりません。

鷲(おおとり)神社 なでおかめと、安部塾のうずめさま

【鷲神社「なでおかめ」の云われ】

おでこをなでれば賢くなり
目をなでれば先見の明が効き
鼻をなでれば金運がつく
向かって右の頬をなでれば恋愛成就
左の頬をなでれば健康に
口をなでれば災いを防ぎ
顎(あご)から時計回りになでれば物事が丸く収まると云う

さて、ここでおかめの歴史を古事記、日本書紀に準じて簡略に説明します。
おかめとは天宇津女命(アメノウズメノミコト)のことと言われております。
天の岩戸神話の中で須佐之男命(スサノウノミコト)が高天原に天照大御神(アマテラスオオミカミ)を訪ねるが謀反を疑われ悪行の限りを尽くし、天照大御神の岩戸籠りの原因になってしまい、光を失ってしまった世に光を取り戻すため高御産巣日神(タカミムスヒ)は神々を召集して方策を練り、祭祀と神遊を催しました。
その際に舞を舞い天照大御神を導き出し世に再び光を取り戻した立役者の神と言われているのが天宇津女命(アメノウズメノミコト)です。
おかめはお多福とも言われ福が多く幸せを招く女性の象徴という事から縁起が良いとされ酉の市の縁起熊手にも江戸より飾り付けられています。

引用ここまで


東京校で、福が多い笑顔になれるストローテクニックを指導しました。

舌と歯の位置の改善と、唇の使い方の改善で、福が多い笑顔になれます。

ストローテクニック

ストローテクニック
感情(腸)と表情(内臓頭蓋=顔面頭蓋)が一致すれば、自然な笑顔になります。

感情と表情が不一致だと、ひきつった笑顔になります。

「顔で笑って心で泣いて」は、身体によくありません。

「心から笑って」が大切です。


ストローテクニック


この世に光を取り戻すのは、「福が多く、しあわせを招く女性」です。

そんな女性の周りは、いつでも光に満ちています。

一緒にいると気持ちが明るくなり、気分が良くなり、体調が良好になります。

みんなが福に恵まれます。


この世に闇をもたらすのは、「禍(災い)が多く、ふしあわせを招く人」です。

そんな人の周りは、いつでも闇に包まれています。

一緒にいると気持ちが暗くなり、気分が悪くなり、体調不良に陥ってしまいます。

みんなが禍(災い)に巻き込まれます。


この世には、光と闇が混在しています。

どちらを選ぶかは、自分次第です。


岩戸ひらき 

安部塾開校以来、「うずめさまが、この世に光を取り戻したお話」をテーマに活動してきました。

「岩戸開き」のお話です。

生体力学的には、低位舌からの舌根の挙上→下がった口角が上がるということ。

噛み締められた奥歯が離れて、岩戸がひらくのです。


古事記を生体力学的に読むと楽しいです。

2017年7月20日木曜日

舌を本来の位置に戻す~姿勢ごと、人生そのものの質が改善されます。

昨日の記事のつづきです。

口腔機能改善の指導を受けると、必ず出てくるのが上あごのスポットです。

切歯乳頭

切歯乳頭とは、上顎中切歯間の口蓋面にある乳頭状の膨らみです。
切歯乳頭は結合組織で構成されており、鼻口蓋神経・動静脈の開口部を覆っています。

引用ここまで

切歯乳頭

よく知られている舌の正しい位置のチェック方法です。

舌背が口蓋の形に沿っています。

舌尖は切歯乳頭に軽く触れます。

上下の臼歯はごくわずか離れます。


※安部塾では、上下の臼歯をごくわずかに接触させます。理由は秘密です(笑)。


強く歯を接触させてしまう歯牙接触癖がある人はどうでしょう。

「低位舌=舌の位置が下方に下がった状態」になっていると思います。

舌背と口蓋との隙間が大きくあいています。

舌先も切歯乳頭に接触していません。


口蓋と舌背との隙間を補正しようとすると、どうなるでしょうか?

無意識に下あごをあげようとするのです。

結果、上下の臼歯の歯列が強く接触しがちです。

結果、幸薄そうな怖い顔になってしまいます。

視機能と舌機能が低下した表情20140720


舌を、本来の位置へ誘導して低位舌状態が改善すると、どうなるでしょう?

上下のあごの臼歯が離れやすくなります。

あごの周りの筋肉の過剰な緊張が減少します。

僧帽筋や胸鎖乳突筋の不要な筋活動がなくなるので、首や肩が楽になります。


何度でも書きますが、姿勢づくりは舌づくりなのです。


で、発声でよく知られているポイントが切歯窩(せっしか)です。

切歯窩
切歯窩

切歯窩は、正中口蓋縫合の前端近のほぼマッチ頭大の凹みで、ここに切歯管が切歯孔をもって開く。

引用ここまで


よく知られているテクニックですが、切歯窩を意識すると、声がよく通ります。

母音も子音も、遠くまで届く美しい音で発声できるようになります。


■遠くまでよく通る声の出し方の練習

1)舌先を切歯乳頭につけたまま、舌の前面を盛り上げる。

2)その状態で、「え」と「い」の発声をする。

3)口腔と鼻腔に声を響かせる

※上下の臼歯は離しておきます。


有名なテクニックですので、解説の必要はないでしょう。


知性的で凛々しい聡明な顔と、よく通る綺麗な声は、人生の質を向上させてくれます。

舌について学ぶことが大切だと思います。


毎度おなじみの、この写真。

アナトミートレイン第三版 206P

この写真の深い意味を理解できれば、舌の機能改善の大切さがわかると思います。


7月22日(土)・23日(日)の東京集中講座と、7月27日(木)の大阪集中講座で、詳しく解説いたします。

2017年7月19日水曜日

とにかく「舌」を上の歯のウラにつけてみましょう~姿勢づくりは舌づくりから

ゆうきゆう先生のマンガより。



骨単のこの図が、奥深いです。

骨単 3P

骨単 35P
肉単のこの図も。

肉単 9P

これらの図が頭に入っていたら、舌根を引き上げることができます。

舌根の引き上げができないと、姿勢の改善ができません。

顔が老けて見えますし、脳機能も低下します。

視機能改善訓練と舌機能改善訓練は、姿勢改善の基本なのです。


某歯科医師さんと打ち合わせしていたら、

「舌が使えていない人ほど、舌の使い方の指導を受けてくれないんだよね」

なんて、ボヤいておられました。

眼の問題もそうですが、できているつもりの人たちの闇は深いです。


ゆうきゆう先生のマンガを見てみましょう。

http://yakb.net/man/101.html

この図では、舌先だけがついています。

これはこれでいいのですが、私たちは舌根までぴったりつけるように奨めています。

数日で顔が引き締まって若返って知性的に見えるようになります。

何より、とても美しくなります。


7月22・23日(土・日)の、安部塾東京集中講座で、詳しく解説いたします。

御参加、お待ちしております。

お祭りを楽しもうとする人は、食べ物や遊びにケチらずお金を使って楽しむと思う。まずは友だち作ってお祭りに行くところから始めてみろ。

http://www.hakatayamakasa.com/75640.html
Twitterより












私、昔はケチでした(主に、母親の影響です)。

ケチだったときは、お祭りを楽しむことができませんでした。

ケチでなくなってからのお祭りは、楽しくなりました。

ケチではないともだちをつくってお祭りに行くことから始めるのは、正解だと思います。


祭りより

 多くの祭りにおいては工夫を凝らした美しい衣装や化粧、厚化粧を施して稚児、巫女、手古舞、踊り子、祭囃子、行列等により氏子が祭礼に参加することも多い。今日では世俗化も進んでいるが、今なお祭の時は都市化によって人間関係の疎遠になった地域住民の心を一体化する作用がある。変わりない日常の中に非日常の空間を演出することによって、人々は意味を実感する営みを続けてきたのである。

 基本的に神事としての祭りは厳粛な場面と賑やかな場面の二面性を持ち、厳粛な場面では人々は日常よりも厳しく、伝統や秩序を守ることを要求される。

 しかし一方で、日常では許されないような秩序や常識を超えた行為(ふんどし一丁、男性の女装等)も、「この祭礼の期間にだけは」伝統的に許されると認識する地方が多く、そのため賑やかな場面を指して「お祭り騒ぎ」などの言葉が派生している。

引用ここまで


祭りの企画に参加することがよくあります。

「非日常空間の演出」に成功すると、お祭りが楽しくなります。

ケチって、「日常」なんですよね。

祝儀モードでお金を使う「非日常」が、大切なのだと思います。


私たち身体操作指導者が開講する講座も、「お祭り」です。

なので、ケチらずに参加してください。

元をとろうとかいう日常は、忘れてください。

ケチらなければ、楽しめます。

2017年7月18日火曜日

自然な笑顔=可愛い/不自然な笑顔=気持ちが悪い~自然に口角があがるメンタルワーク

表情筋と感情(肉単 語源から覚える解剖学英単語集より)

肉単 7P

肉単 6P

面白いですよね。

今日の塾生講座で、口角挙筋のお話をしました。

口角挙筋(こうかくきょきん)は人間の頭部の浅頭筋のうち、口唇周囲にかけての口筋のなかで口角を上方にあげる筋肉である。筋肉の一方が皮膚で終わっている皮筋である。
引用ココマデ

大頬骨筋小頬骨筋

大頬骨筋(だいきょうこつきん)は人間の頭部の浅頭筋のうち、口唇周囲にかけての口筋のなかで口角を上外側に引き上げる働きをする筋肉である。筋肉の一方が皮膚で終わっている皮筋である。


大頬骨筋

小頬骨筋(しょうきょうこつきん)は人間の頭部の浅頭筋のうち、口唇周囲にかけての口筋のなかで上唇を後上方に引き上げる働きをする筋肉である。筋肉の一方が皮膚で終わっている皮筋である。

小頬骨筋
引用ココマデ


塾生講座でお話した通り、腸から笑えていたら、目が笑います。


つくり笑いでは、「怒る」「泣く」「嫌悪」の筋肉が同時に反応します。

結果、目が笑いませんし、気持ちが悪い笑顔になってしまいます。


目を使って口角を上げると、気持ち悪い笑顔になる理由です。

アナトミートレイン第3版 100P

自然な笑顔では、ふわっと目尻が下がるような感覚になります。


安部塾では、表情筋を感情と一致させます。

表情筋を意図的には使いません。

普通に考えて、口角下制筋(怒りの筋)がONの状態で笑う筋を使ってたら破綻します。

下唇下制筋(悲しみの筋)がONの状態で笑う筋を使ったら崩壊します。


怒りと悲しみを抱えたまま無理やり笑うと、顔面ムキムキの不自然な笑顔になってしまいます。

顔がこわばっているので、可愛くありません(むしろ、気持ちが悪いです)。

怒りと悲しみを手放してからでないと、自然な笑顔にはならないのです。

腸(感情の脳)を信頼している人の笑顔は、とても可愛いものです。


で、無理やり口角をあげている人の腸は冷えています。

舌の色をチェックしたら、白~青紫あたりの冷え色になっているはずです。

ほんとは笑いたくないのに、無理に笑った弊害だとされています。

腸をあたたかくして、口角下制筋・下唇下制筋の過剰緊張を解除するのが基本です。


なので、口角をあげる基礎として、メンタルワークが効果的です。

メンタルワークと舌の訓練が、すっきりした可愛い顔をつくります。


7月27日(木)の、安部塾大阪集中講座で解説します。

2017年7月17日月曜日

口角は無理に上げないでください。舌の位置を直して、しあわせな気持ちで生きていれば、口角の下げ方がわからなくなります。

脳と顔面神経


私たちの感情は、顔に表れます。

顔と感情の状態は、連動しています。


いつも楽しいことを考えている人は、しあわせそうな顔に、

いつも不平不満ばかり言っている人は、ふしあわせそうな顔になります。


顔にはその人の心のありようが刻まれています。

口角は、意図的な顔の力を抜いた状態でチェックします。


口角が上がっている顔は、喜びや笑いなどの肯定的感情を表現しています。

口角が下がっている顔は、不平不満や怒りなどの否定的感情を表現しています。


自然に口角が上がっている人は、明るくて前向きで、気さくです。

なので、自然に人が自然に集まってくる顔=福相です。


口角が力なく下がっている人は、近づくだけでも他人を憂鬱な気分にさせ、無愛想です。

暗さだけが前面に出て、喜怒哀楽の表現力に乏しく、人が集まりません。


卑屈で、いつも愚痴ばかり言っている人には、友達がいません。


かといって、表情筋を操作して口角を上げてはいけません。

ふしあわせな気持ちのままで、不平不満まみれで口角を上げている顔は不自然です。


舌の位置を直し、口腔底を引き上げて、しあわせな気持ちでいましょう。

自然と唇が自然に閉じて、口角が上がります。

というか、口角の下げ方を忘れてしまいます。

口輪筋が自然にはたらくので、顔全体が引きあがって知性的になります。


口角下制筋って何?」状態をデフォルトにしましょう。

口角下制筋


人相学では、口角が強く下がる相は、怒りと悲しみを意味する凶相とされます。

運気が低迷する相として、よく知られています。

他人に厳しい気持ちのときにあらわれ、他人を悪者にする方向で解釈します。

いただいた縁に感謝するどころか、不平不満を言うようになります。


まわりにいる、強く口角が下がっている人たちを2.5秒観察すれば、わかると思います。


口角が下がっている最大原因は、「怒り」だと考えています。

怒りの表情とは、「眉間にしわが寄る」「目がつり上がる」「口角が下がる」。

なので、怒りをコントロールできれば、それで問題解決です。

間違っても、怒りを抱えたまま、つくり笑いをしてはいけないと思います。


そんなわけで、安部塾では、「表情をつくらない」ことを奨めています。

怒りをコントロールして、しあわせな気持ちでいることが大切だからです。

仮面をつけ続けて生きていたら、脳が壊れてしまいます。

自然な表情で生きていくことが、しあわせの増大の基本だと思います。


7月27日(木)の、大阪集中講座で、詳しく解説いたします。

2017年7月16日日曜日

しあわせな人は感情的にならない~やりたいことを選択するときに、安さで選ばない~付き合いたくない人と付き合うのはストレス

https://www.youtube.com/user/bold3174

少し長いですが、車屋さんのOSHO BOLDさんの動画を御覧ください。



Facebookのページはこちら → BOLD


いつも、楽しく視聴しております。

この動画の視聴中、反省することしきりでした。

思考訓練の大切さを、実感できると思います。

ぜひ、じっくりと観てください。

疲れとストレスと人間関係~自分の気持ちを外化して他人を見ない

http://stories.barkpost.com/21-dog-bffs/

怒涛のTwitter
























































きりがないので、このへんで。

「自分の気持ちを外化して他人を見る。つまり実際の他人を見ないで幻の他人を見る。したがって人間関係のトラブルが絶えない。だから人生で躓きやすい」

これ、人間関係がうまくいかないんですよね。


外化とは自分が自分の中で感じていることを、他人を通して感じることです。

外化をするときには相手と心が触れていないから、孤立してしまいます。


外化をしながら生きている人は、幻想の中に生きているのです。


自分が自分に対して思うことを、自分が感じていると知ることです。

他人がそう思っていると感じるのは、幻想に過ぎません。

除霊のための言葉=「申し訳ないが、あなたに興味が持てない」

Traci Lords 「BLADE」

エナジー・ヴァンパイア(他人の生気を吸う人)対策Tweet







大切なことなので、もう一回。

「ストレスを与える人は、誰かの健康を害するばかりか、自分が誰かの寿命を縮めるレベルで社会的に問題な存在だと自覚出来ていない。自己中心的で見返りを求める図々しい人種が一般的です。期待せず切り捨てなさい。死にますよ」

ほんとに大切なことなので、もう一回。

「ストレスを与える人は、誰かの健康を害するばかりか、自分が誰かの寿命を縮めるレベルで社会的に問題な存在だと自覚出来ていない。自己中心的で見返りを求める図々しい人種が一般的です。期待せず切り捨てなさい。死にますよ」


「大変申し訳ないのですが、あなたにまったく興味をもつことができません」

効果的な除霊のための言葉ですね。

そして、悪意には反応しないこと。

これも、返(かや)りの風となります。


人を呪うのなら、墓穴は二つ用意する必要があります。

呪った相手だけではなく、自分もそれ相応の目にあうからです。


他人のことは、祝うのが基本だと思います。

祝いには、祝いが返ってきますから。


エナジー・ヴァンパイアは、相手に強いストレスを与えます。

期待せずに手放しましょう。

2017年7月15日土曜日

先生というお仕事~「確認をするという訓練」が、自分への教育の一歩となる。

この記事、必読だと思います。
 ↓
医療知識ゼロのその辺にいる元ガン患者が、日本全国に伝えたい大切な3つこと

同じことをしても、人によって結果は様々なのです。

私もよく、「~っていいんですか?」って質問されます。

「人によります」としか答えることができません。

弱っているときは、おかしな情報に心を奪われがちなので、要注意だと思います。


私も、「確認をする」という習慣が大切だと考えています。

ぬことひよこ

昨日、こんな記事を目にしました。










































素敵なツイートだと思います。

ぬことひよこ


数年後に効果が出ることを教えても、なかなかそのときは評価されません。

数年間、学び続けた人たちは、わかってくれることがあります。

教育効果には、時間差があるのです。

ほんとに結果を出せる先生は、なかなか評価されないものです。


先生というお仕事は、めんどくさいものです。

助かり方を教えても、「でも」「だって」を返されることがあります。

教えるのが当然という傲慢な態度をとられることもあります。

「どうせ自分なんて」とかいう展開もあります。


学習能力が低いと、素直に学ぶことより、反抗や落ち込むということを選択しますから。


不健康な人が、学習して健康な人たちのグループにはいったとき、

自分が苦労して学んだことは、健康な人たちにとっては当たり前のことだったことを、

これでもかというくらい、思い知らされます。

不健康な時は、健康な人が何を言っているのか、まるで理解できないのです。


例えば、「痛みの原因は、脳ですよ」と習っても、

「いや、私の痛みはどうのこうの」と反論します。

エビデンスのある知識を受けつけません。

簡単な話、痛みがない人の意見の方が説得力があるのですが、そこが通じません。


情報の確認をするという能力に欠けている人は、自分に都合のいい情報だけを見つけます。

結果、ボロボロになります。

ボロボロになるほど、論理的整合性のない情報ばかりを収集するようになります。

救われない負の連鎖です。


人生の早い時期に、よい先生に出会えるということの大切さを、いつも実感します。



まあ、よい親に恵まれれば、先生はいらないんだけど(笑)。

2017年7月14日金曜日

薬院校お盆集中講座(8月11~15日)「姿勢改善を目的とした実践ガイド」の参加申し込み開始いたします。

8月11~15日に予定している薬院校お盆集中講座の申し込みを開始いたします。


今回は内容が濃いので、講座の時間が長くなっています。

教本は、こちらです。
ティーチング・ピラティス

楽天ブックスは、すでに売り切れの模様です。

※教本がなくても参加できます。

ピラティスの教本を使いますが、純粋なピラティスの解説をするわけではありません。

安部塾の解釈で進めていきますので、純粋なピラティスを学びたい方は正規の指導者の元で学ばれてください。


これまで教えてきた内容のまとめ的な進行になるかと思います。

御参加、お待ちしております。

2017年7月13日木曜日

舌は重心の要=姿勢の要~7月15日(土)神戸集中講座「舌と姿勢と発声法」の御案内

7月15日(土)に、神戸で、「舌と姿勢と発声法」の講座を開催します。

→ 詳細

あまり知られていませんが、舌は重心の要=姿勢の要です。

ついでに言うと、美しい顔の土台でもあります。


有名どころのイラスト。

舌挙上(鼻呼吸)と舌下制(口呼吸)の顔の違い

舌が挙上して唇が閉じると、目に力が宿ります。

理由はこれ~乳首を舌でしごく=姿勢の基本だからです。

http://www.rdhmag.com/articles/print/volume-35/issue-12/content/lingual-and-labial-frenums.html

発声と発音が悪くても、姿勢が崩れます。

サ行・タ行・ハ行・ラ行の音を聴けば、舌の能力がわかります。

出ない音と姿勢にも、関係があります。

舌に対する理解無くして、姿勢改善はあり得ません。


福岡での集中講座での、参加者の改善ぶりが素敵でした。

神戸でも、著しい効果をあげたいと思います。


御参加、お待ちしております。

2017年7月12日水曜日

人は、自分をしあわせにした後の余力でしか、本当に他者をしあわせにすることはできない。

自分をしあわせにする

以前、ネット上で、こんな言葉が流行りました。

「人は、自分をしあわせにした後の余力でしか、本当に他者をしあわせにすることはできない」

自分を粗末にしていてはいけないという意味です。


また、こんな言葉も流行りました。

「本物の自信は、傲慢さと共存できない」

自己顕示や自慢をしているということは、自信がないということになります。


自分を、実際の自分よりよく見せようとすることは、自分を粗末に扱うということです。

自分を粗末に扱うと、傲慢になってしまいます。


小池先生のTweet。



ほんの少し前まで、私は「死ぬまでの暇つぶし」だと考えて生きていました。

いまは、「人生を賭けるに相応しい世界」に生きています。

自分で自分をしあわせにできたので、その余力を余すとこなく発揮しています。

ほんの一握りの人たちですが、ちゃんとしあわせにできている気がします(笑)。


余力の範囲内で、今後も活動していきたいと思います。

大好きな人と触れ合っていると、痛みが和らぐ。安定した人間関係を築きましょう。

ぬこ

好きな人と手をつなぐと、呼吸や心拍がシンクロして「痛み」も和らぐ:研究結果 より

無意識のうちに一緒に行動し、同じリズムで歩き、仕草までもがそっくりになる──。愛し合っているカップルには、よくあることだ。

研究によると、人と人の間でこうした「シンクロ」が起きる鍵は、パートナー同士の接触だという。生理的機能をカップリングさせるこの現象は、2人の心臓や呼吸のリズムを合わせ、さらに痛みを減少させることがわかった。

愛し合っているカップルの間で起きる行動のシンクロは、自然界では一般的に見られることだ。ホタルなどの虫や、肉食動物の群れの息の合った動きを可能にするものと、根本的には似た現象である。

それだけではなく、人と人の間で起こるシンクロもまた、実証されている現象だ。たとえば人間は、合唱などで人と一緒に歌うときに、心拍や呼吸が同調する。同じ映画(とくに感動的なもの)を観ているときにも同じことが起こる。

引用ここまで


これ、逆もあります。

嫌いな人と関わると、痛みがひどくなるのです。

脳の扁桃体が大暴走し、背外側前頭前野の機能が崩壊するからです。

暗くて陰鬱な人と一緒に過ごした後で、具合が悪くなることはよく体験されているかと思います。


この理由で、大好きな人とは一緒にいたいと願うし、嫌な人とは同じ空気すら吸いたくないと感じるのだと考えられます。


小池先生の、人を好きになることについてのTweet。


勝手に期待されて、失望されることがあります。

極端な例は、理想化とこきおろしですね。

参考 → 理想化とこきおろしの二極化で対人関係が不安定な自己愛性人格障害


痛みの問題を考えるとき、人間関係の不安定さ問題を避けることはできません。

安部塾では、対人関係を改善することが、痛みを和らげるという立場をとっています。

人間関係が安定していると、痛みを含めた様々な問題が悪化しません。

人間という有機生命体には多面性があることを理解できれば、関係が安定します。


ここをクリアした上で、大好きな人たちとじゃれていると痛みが和らぎます。

肌がきれいになり、お腹の調子も良好になります。

ただ一緒に、普通に運動して、普通に食事をしただけで。

それくらい、安定した人間関係には創造力があるのです。


最悪なのは、対人関係が不安定な状態での運動や食事です。

肌は荒れ、お腹の調子が悪くなります。

やることなすことすべてが裏目に出ます。

それくらい、不安定な人間関係には破壊力があります。


そして、自分の人間関係の起点は自分自身です。

人間関係を安定化させる全責任は、自分自身にあります。


学びを深めて、人間関係の安定化に注力しましょう。

2017年7月11日火曜日

一定の職業や財産を持たなければ、しっかりとした道義心や良識を持つことはできない。

恒産無くして恒心無し


貧乏になると諦める癖がつくで知った、田中太郎さんのTweetを読み込んでみました。























これ、身体の動かし方を変えない人や、痛みの仕組みを学ばない人も同じです。

諦めている人は、現状維持の方が楽なのです。


これは、視機能も同じです。

視機能と脳機能
網膜上にきちんとした像を結ぶことができない=見えないと、脳は処理を拒むようになります。

アイックスのパーソナルグラス装着による変化を拒む人は、現状維持を選ぶ脳の持ち主なのだと、私は考えております。

自発的に状況を変えれる人は、アイックスのパーソナルグラスの価値を、瞬時に理解できます。

視えていない人が頑固なのは、脳が現状維持を選択するからだと思います。

視えている人は、より良い選択をして、仕合せになっていけます。


同じパーソナルグラスを装着しても、その後の展開は人それぞれということになります。


また、これは「人気」にも言えます。

疎まれ、嫌われることに慣れて疲れてしまった脳は、好かれることを諦めてしまいます。

疎まれ、嫌われる人たちは、暗くて陰鬱なオーラをまとっています。

嫌われ過ぎて疲弊しきって低下した脳機能の結果なのだと思います。


お金なら、このテが使えるけど、

人気がない場合は、少し難しいかもしれません。

人は見た方向に進んでしまいます。明るい未来を見て、知的に生きていきましょう。


パイロン
0:48~ の解説を観てみてください。 




実際に8の字走行をしてみるとよくわかりますが、

人は、見た方向に進む性質があります。


これは、普段の生活でも同じです。

明るい方を見て生きていれば、明るい人生になります。

暗い方を見て生きていれば、暗い人生になります。

自分が見ている方向に、人生が進んでいくのです。


一般的に、

明るい人は好かれると思います。

暗い人は嫌われると思います。

明朗な人は可愛がられ、陰鬱な人は忌避されると思います。

それが、この世の理(ことわり)だと思います。


うまくいっていない人を観察してみると、暗くて陰気なのがわかると思います。

うまくいかないから、暗くて陰気になってしまったのでしょうか?

時系列的には、暗くて陰気だからうまくいかなくなってしまったと考えられます。

暗くて陰気な人は、明るくて陽気な人はとの縁が結べないのです。


「エナジー・ヴァンパイア」と呼ばれる人たちがいます。

「他人の生気を吸って(奪って)生きている人」という意味です。

エナジー・ヴァンパイアと一緒にいると、疲れますし、体調が悪化します。

活力や運気を奪われるので、大変なことになります。


「エナジー・ヴァンパイア」で、ネット検索してみると、いろいろ学べます。


対策は、きっちり境界線を引いて、関わり合いにならないことです。

関わっていいことなんて、ただのひとつもありませんから。


もし、自分がエナジー・ヴァンパイアだったら、即刻やめることです。

エナジー・ヴァンパイアでいる限り、良縁は結べませんから。


小池先生のTweet。



そういうわけで、「知的」な方向を向いて生きていきましょう。