2017年7月1日土曜日

自分しか、自分をしあわせにすることはできません。丁寧な美しい所作は、自分を大切にする気持ちからしか生まれません。

安部塾身体操作技法 首の解放


昔、こんな言葉を教わりました。


あなたが、

日々出会う人々が持つあなたに対する態度は、

あなたが、

彼らにそのような態度を取るように、

訓練してきた結果。

You get treated in life the way you train people to treat you.


あれから数年。

ほんとにそうだなって思います。


自分をないがしろにしている人がいます。

他人に支配されたり、依存したりして生きています。


自分を大切にしていない人たちを、ほんの数秒、観察すればすぐにわかります。

自分を大切にしていない人たちは、周りの人から大切にされていません。


存在を重要視されず、尊敬してもらえません。

思いやってもらえませんし、意見も尊重されません。


その人たちが自分を大切にしていない行為と同じことを、

周りの人たちは、その人にします。


「私のことを、大切に扱わなくていいですよ。ないがしろにしていいですよ」

というメッセージを、周りの人たちに贈り続けた結果です。


逆に、多くの人たちから愛され、とても大切にされている人を観察してみましょう。


いつの間にか、

「可愛すぎる」

「これは、大切にしてあげくては」

「お付き合いさせてもらいたい」

という気持ちにさせられてしまいます。


愛されている人たちにはもれなく、

「私は愛されるに値する尊い存在」

という自己認識を、当たり前に抱いています。

そして実際に、自分自身で自分のことを、心の底からから愛しています。


結果、周りの人からの愛情を、素直に受けることができます。

愛する能力がない人たち=尊重できない人とは、自然と距離を置きます。


自分を大切にできない人は、大きな問題を抱えています。

誰も自分に関心を持ってくれず、尊重してくれないと、怒りを爆発させます。

めんどくさい犠牲者意識の塊と化すのです。

こうなると、もう誰も大切にしてはくれません。


「~してくれない」とクレームを言い続けている人を、少し観察してみればわかります。

クレームばかりの人は、自分で自分を大切にしていないはずです。

そして、他人から大切にしてもらおうと足掻きます。

力づくで愛してもらうことなんて、できっこないのに。


身体操作の世界では、最初にこの言葉を教えてもらえます。

「自分しか、自分をしあわせにすることはできない!」

身体操作技法のすべては、この考えに貫かれています。

丁寧な美しい所作は、自分を大切にする気持ちからしか生まれないからです。


まとめてみましょう。


自分を大切にしていないときは、

周りの人たちも大切にすることができなくなっているはずです。

現実の状況の冷静に判断もできていないと思います。

そして、人間関係をはじめとするさまざまな問題をこじらせたているはずです。


対策法はひとつしかありません。

「徹底的に自分を大切にする!!」

というやり方だけです。


本当の意味で自分を大切にすると、世界が変わります。

周りの人たちに優しく接する余裕が生まれます。

現実の状況を冷静な判断できる知性が育ちます。

人間関係をはじめとする問題が改善し、状況が良くなっていきます。


身体操作の世界では、

「自分を大切にできない時点で人生終了です」

と、笑って言われます。


ほんとにそうですから。


自分を大切にせずに生きていけるほど、この世の中は甘くはないのです。


どうしようもないダメダメな自分を全肯定すること。

「どうしようもないダメダメな自分も、このうえなく愛しい存在」

そう感じれると、良い悪いで自分を見ることがなくなります。


「ダメを克服してから愛されよう」なんて姑息なことを考えないことです。

ダメな自分を克服することなんてできません。

私たちはひとり残らず、不完全な存在なのですから。

ダメな自分を愛せない人は、ダメな他人も愛せません。


ダメな他人を肯定でなければ、その時点で世界から愛されなくなります。

ダメな自分のことを愛せれば、ほとんどの問題が解決する理由です。

周りの人たちに勝手に期待して、勝手に裏切られたと感じ、犠牲者意識の塊と化す……

そんな、負の連鎖を断ち切ることができます。


今後の安部塾の活動は、「自分を大切にする」ということをテーマに展開していきます。